NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、るいがカムカム英語を思い出すところで第14週が終わりました。

第15週は、途中からいよいよ「ひなた編」が始まります

この記事では、『カムカムエヴリバディ』の第15週のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】15週ネタバレあらすじ(2/7~2/11)

15週のあらすじを、ネタバレでまとめました

15週の見どころは

15週の見どころ
  • 飽きっぽく、すぐ挫折するひなた
  • 週の途中から、ひなた編がスタート

ではないでしょうか。

15週では、飽きっぽく、すぐ挫折するひなたの性格を、前面に押し出したストーリーになっています。

あまり器用でもないため、本人は「人生がうまくいかない」と悩み続けるようですね。

傍からみると、「ラジオ英語講座は、初月で挫折」なんて「あるある話」ですよね。

実際、ラジオ講座のテキストは、4月号と10月号が一番売れるそうです。

「1回できなかっただけで、そんなに落ち込まなくても…」とも思います。

17歳のひなたが、ここからどう成長していくのか楽しみですね!

【15週あらすじ】大阪編は弟・桃太郎の誕生で完結

るいはひなたに、毎朝ラジオで放送される英語講座で、英語を勉強するよう言います。

ひなたは「朝から勉強なんて」と気が進みませんが、ラジオを聞き始めます。

しかし、1週間で挫折してしまったのでした。

5月になると、映画村で出会った外国人の少年ビリーが、店にやって来ます。

るいと錠一郎の留守中に、ビリーが回転焼きを買いに来たのです。

しかし、ひなたにはビリーの英語が分かりません

諦めて帰っていくビリーを、ひなたは呆然と見送るのでした。

ひなたは、ビリーと話したくて英語を勉強したのでした。

るいや錠一郎も、テキストを買ったりして応援してくれたのに、全部無駄にしてしまったと、ひなたは落ち込みます

「お母ちゃん、なんであたしはこうなんかな。何で何やっても続かへんのかな」

とひなたが泣きじゃくり、るいが抱きしめます。

「今は、真っ暗闇に思えるかもしれんけど、いつかきっと光がさしてくる。ひなたの人生が輝く時がくる」

と、るいは、励ますのでした。

8月になると、モモケンが大月の回転焼きを買いに来ました。

サイン会で、ひなたが渡した回転焼きを気に入ってくれたのです。

注文を受けて、100個の回転焼きを焼いている途中で、るいに陣痛がきます。

その日、ひなたの弟・桃太郎が生まれたのでした。

【15週あらすじ】ひなた京都編がスタート!

時はうつり、1978(昭和53)年4月

ひなたは成長して、高校三年生になります。

ひなたは、相変わらずテレビやドラマや漫画雑誌に夢中の毎日。

親友の一恵や小夜子は将来の夢を思い描き、進学準備を始めています。

夢も目標もないひなたは、漠然と焦りを感じ始めます。

ある日、ひなたがひとりで店番していると、ひどく不愛想な若い男がやって来ます。

「回転焼き。新しいの焼いて」

しかし、ひなたは回転焼きを焼いたことがありません。

固まっているひなたを見て、事情を察した若い客は

「娘なんだよね?この家の」と軽蔑した目でひなたを一瞥。

そして、焼いてあった回転焼きをひとつ買って去って行ったのでした。

弟の桃太郎が小学校に入学し、ひなたの高校生活も始まりました。

一恵や小夜子は、ひなたに家業を手伝うよう勧めます。

ひなたは、るいから回転焼きの焼き方を教わることに。

しかし、ひなたが初めて作った回転焼きは、ひどい出来栄えでした。

「こんなんで、これからどないして生きていこう」

ひなたは泣いて家を飛び出し、映画村へ行きます。

悲しいときや落ちこんだ時に、映画村へ行くと心が落ち着くからです。

ひなたは、映画村で「ミス条映コンテスト」のポスターを見ます。

ポスターには

「条映城のお姫様を探せ」

「優勝賞金五十万円」

「優勝者は黍之丞シリーズに出演」

と書かれていたのでした。

<16週あらすじ14週あらすじ>

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】15週ネタバレあらすじ(2/7~2/11)まとめ

まとめ
  • ひなたは、ラジオ英語講座を始めるが1週間で挫折
  • 映画村で出会ったビリーが回転焼きを買いに来て、ひなたは英語がわからず落ち込む
  • るいが、桃太郎を出産
  • ひなたが高校3年生になり、「ひなた編」がスタート
  • ひなたは映画村で「ミスコンテスト」のポスターを見る
スポンサーリンク
スポンサーリンク