NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、映画村での美咲すみれの撮影シーンで第16週が終わりました。

この記事では、『カムカムエヴリバディ』の第17週「1983-1984」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】17週ネタバレあらすじ(2/21~2/25)

17週も舞台の中心は、映画村です。

一番盛り上がりそうなのは、「算太が再登場」する場面でしょう。

2月22日にモモケンのCM話が持ち上がり、2月24日にひなたと算太が初対面

なぜ算太が再登場するかというと、モモケンのCMの振付師が算太なのです。

そのほか、『妖術七変化 隠れ里の決闘』がリバイバル上映することになります。

ひなたと文四郎も小競り合いしながら、親しくなっていくようです。

17週の予告動画は、下をどうぞ!

【第78回あらすじ】ひなたと文四郎がスタジオを追い出される(2/21)

スタジオから追い出されてしまったひなたと文四郎。

美咲すみれは、二人の時代劇愛に心を動かされ、新たな気持ちで次の仕事に向かうのでした。

【第79回あらすじ】モモケンがCM出演(2/22)

ひなたは、アルバイトで美咲すみれの世話をしたり、撮影見学のお客さんの対応をしたりと忙しい毎日。

大部屋俳優の五十嵐文四郎は、扮装アルバイトをしながら、虚無蔵に稽古をつけてもらっています。

そんな時、テレビ時代劇で活躍する桃山剣之介が条映映画村のCMに出演する話が持ち上がります。

ブログ主の視点

何と、モモケンのCMの振付師が算太です!

2月22日にちらりと登場するかもしれません。

2月24日には、ひなたと話すシーンがあるので確実に再登場します。

算太が失踪してから33年たっています。

いったい、どういう人生を送ってきたんでしょうね。

算太が再登場すると、安子も再登場するのではないかと気になります。

考察をまとめてみました。

算太再登場!なぜ振付師に?これまで何をしてたか考察!

【第80回あらすじ】モモケンと虚無蔵の因縁話(2/23)

シリーズで最も駄作と言われた「妖術七変化!隠れ里の決闘」が再映画化されることに。

敵役をオーディションで選ぶという話が発表され、ひなたや五十嵐文四郎は驚きます。

ひなたは、女優の役がないと不機嫌なすみれの愚痴を聞かされます。

そして、時代劇スター・モモケンと、大部屋俳優・伴虚無蔵の因縁話を聞かされたのでした。

【第81回あらすじ】ひなたが算太に因縁話の真相を聞く(2/24)

モモケンと虚無蔵の因縁話を聞いたひなたは、CM撮影の時に会った謎の振付師(濱田岳)に真相を聞こうとします。

しかし、初代モモケンのリバイバル上映のチケットをもらってはぐらかされます。

チケットをほしがる五十嵐の熱意におされたひなたは、ふたりで一緒に映画を観に行くことになります。

【第82回あらすじ】文四郎がオーディションを受ける(2/25)

五十嵐文四郎が、オーディションを受けることになりました。

ひなたと文四郎は、虚無蔵に稽古をつけてくれるよう頼みますが、断られます。

しかし文四郎は懸命に努力し、なんとか予選を通過します。

オーディションの前日、ひなたは緊張する文四郎を元気づけようと、るいにあることを頼みます

ブログ主の視点

このころには、ひなたと文四郎は打ち解けて、親しくなっているようですね。

るいに頼むこととは、おそらく差し入れのための回転焼きではないでしょうか。

文四郎は、るいの焼く回転焼きが大好きですからね。

文四郎も時代劇撮影のために、奮闘するようです。

18週以降が楽しみですね。

<18週あらすじ16週あらすじ>

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】17週ネタバレあらすじ(2/21~2/25)まとめ

まとめ
  • ひなたが、美咲すみれの演技に口を出して機嫌を損ねる
  • ひなたを止めようとした五十嵐文四郎と大もめ

朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、映画村での美咲すみれの撮影シーンで第16週が終わりました。

この記事では、『カムカムエヴリバディ』の第17週「1983-1984」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】17週ネタバレあらすじ(2/21~2/25)

【第78回あらすじ】ひなたと文四郎がスタジオを追い出される(2/21)

スタジオから追い出されてしまったひなたと文四郎。

美咲すみれは、二人の時代劇愛に心を動かされ、新たな気持ちで次の仕事に向かうのでした。

【第79回あらすじ】モモケンがCM出演(2/22)

ひなたは、アルバイトで美咲すみれの世話をしたり、撮影見学のお客さんの対応をしたりと忙しい毎日。

大部屋俳優の五十嵐文四郎は、扮装アルバイトをしながら、虚無蔵に稽古をつけてもらっています。

そんな時、テレビ時代劇で活躍する桃山剣之介が条映映画村のCMに出演する話が持ち上がります。

ブログ主の視点

何と、モモケンのCMの振付師が算太です!

2月22日にちらりと登場するかもしれません。

2月24日には、ひなたと話すシーンがあるので確実に再登場します。

算太が失踪してから33年たっています。

いったい、どういう人生を送ってきたんでしょうね。

算太が再登場すると、安子も再登場するのではないかと気になります。

考察をまとめてみました。

算太再登場!なぜ振付師に?これまで何をしてたか考察!

【第80回あらすじ】モモケンと虚無蔵の因縁話(2/23)

シリーズで最も駄作と言われた「妖術七変化!隠れ里の決闘」が再映画化されることに。

敵役をオーディションで選ぶという話が発表され、ひなたや五十嵐文四郎は驚きます。

ひなたは、女優の役がないと不機嫌なすみれの愚痴を聞かされます。

そして、時代劇スター・モモケンと、大部屋俳優・伴虚無蔵の因縁話を聞かされたのでした。

【第81回あらすじ】ひなたが算太に因縁話の真相を聞く(2/24)

モモケンと虚無蔵の因縁話を聞いたひなたは、CM撮影の時に会った謎の振付師(濱田岳)に真相を聞こうとします。

しかし、映画『妖術七変化!隠れ里の決闘』のリバイバル上映のチケットをもらってはぐらかされます。

チケットをほしがる五十嵐の熱意におされたひなたは、ふたりで一緒に映画を観に行くことになります。

【第82回あらすじ】文四郎がオーディションを受ける(2/25)

五十嵐文四郎が、オーディションを受けることになりました。

ひなたと文四郎は、虚無蔵に稽古をつけてくれるよう頼みますが、断られます。

しかし文四郎は懸命に努力し、なんとか予選を通過します。

オーディションの前日、ひなたは緊張する文四郎を元気づけようと、るいにあることを頼みます

ブログ主の視点

このころには、ひなたと文四郎は打ち解けて、親しくなっているようですね。

るいに頼むこととは、おそらく差し入れのための回転焼きではないでしょうか。

文四郎は、るいの焼く回転焼きが大好きですからね。

文四郎も時代劇撮影のために、奮闘するようです。

18週以降が楽しみですね。

<18週あらすじ|16週あらすじ>

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】17週ネタバレあらすじ(2/21~2/25)まとめ

まとめ
  • ひなたを止めようとした五十嵐文四郎と大もめ
  • モモケンのCM出演が決まる
  • ひなたが、モモケンと虚無蔵の因縁話を聞く
  • 『妖術七変化』がリバイバル上映される
  • ひなたと文四郎が、『妖術七変化』の映画を観に行く
  • 文四郎がオーディションを受ける
スポンサーリンク
スポンサーリンク