NHK朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』
スポンサーリンク

朝の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では、

ひなたがカムカム英語のテキストを見つけるところで第20週が終わりました!

第21週は、トミーとジョーが再会します

この記事では、『カムカムエヴリバディ』の第21週「1994-2001」のあらすじを、ネタバレでまとめています。

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ次週予告】21週「1994-2001」ネタバレあらすじ(3/21~3/25)

21週のタイトルは「1994-2001」です。

ということで、木曜か金曜日には、時代が一気に7年下るとになるでしょう。

2001年は、平成13年ですから、平成のだいたい半分くらい。

ヒロインの年齢を確認しましょう。

安子は、1925年生まれなので76歳

るいは、1944年生まれなので57歳

ひなたは、1965年生まれなので36歳です。

ひなたが、ついにアラフォーの仲間入り

結婚はどうなるのか気になります。

21週の予告動画を観ると、

21週
  • るいとジョーが、大きなトランクを持って出かける
  • ひなたが「アメリカは広いからなあ」と言う
  • トミーが再登場
  • 錠一郎が「また音楽活動再開するよ」と言う

という場面がありました!

予告動画はこちらです。

最終回のネタバレと伏線回収の予想まとめはこちらをどうぞ!

【ネタバレ】最終回どうなる?伏線をどう回収するか予想!

【第98回あらすじ】ひなたが安子の話を聞く(3/21)

母と向き合うことを決心したるいが雉真家に帰って来ると、懐かしい歌が聞こえてきます。

見ると、カムカム英語のテキストを手にしたひなたの姿がありました。

表紙に書かれた「Yasuko」という名について尋ねられたるいは、母・安子との思い出を初めてひなたに話します。

次の日、一人で「Dippermouth Blues」に向かった錠一郎は、ある人物と待ち合わせをしたのでした。

ここが気になる!

ジョーが待ち合わせをした人物というのは、おそらくトミーではないでしょうか。

翌日の放送回で、ジョーがトミーを京都の大月家に連れてくるからです。

あるいは、ディッパーマウスブルースのマスター定一と親しかった、大阪の「ナイト&デイ」のマスターの可能性もあるかもしれません。

いずれにしても、着々と錠一郎の音楽復帰への布石がうたれているようです。

きぬちゃんの孫は小夜子?夫が京都出身で21週に再登場する?

【第99回あらすじ】ジョーがトミーを家に連れてくる(3/22)

ひなたは、ラジオ英語講座を聞くために早起きします。

番組が始まるまでの時間に、るいから昔話をきかせてもらうことに。

二人はこれから一緒に小豆を炊き、ラジオ英語講座を聞く約束をします。

数日後、錠一郎がトミー北沢を家に連れてきて大月家は大騒ぎに。

久々の再会を喜ぶるいは、錠一郎の言葉を聞いて涙を流すのでした。

ここが気になる!

ひなたがるいから聞く昔話とは、安子の話でしょうね。

また、錠一郎が家に連れてきた人物というのは、トミー北沢のようです。

トミーは京都編になってから、一度も登場していないので、嬉しいですね!

また、るいから教わる「小豆のおまじない」は、安子との再会への伏線になっています。

詳しくは、「最終回のネタバレと予想」の記事をご覧ください。

【ネタバレ】最終回どうなる?伏線をどう回収するか予想!

【第100回あらすじ】ノストラダムスの予言の年が到来(3/23)

衰退する一方の時代劇を救うため、ひなたは英語の勉強を続けます。

時が経ち、ついにノストラダムスが地球滅亡を予言した年が到来。

回転焼きにライバルが出現しても、上司の榊原から時代劇を揺るがすビッグニュースを聞いても、

ひなたはこれが恐怖の大王なのかと疑います。

そんなある日、親友の一恵が浮かない表情で大月家を訪れたのでした。

ここが気になる!

ノストラダムスが予言した地球滅亡の日は、1999年ですね。

ということで、火曜日の1994年から5年時が経ったことになります。

しかし21週のタイトルは「1994-2001」なので、あさってまでにさらにあと2年の時間がたつことに。

明日は一恵がひなたと話をするでしょうから、金曜日に2001年になるのではないでしょうか。

なかなか忙しないですね。

【第101回あらすじ】すみれの離婚で一恵が動揺(3/24)

すみれの離婚を知ったひなたは、胸騒ぎを覚えます。

その頃、そば店「うちいり」を訪れた一恵は、酔ったすみれを優しく介抱する榊原を目撃し、激しく動揺してしまいます。

そして一恵は、涙ながらに「大月」へ駆け込んだのでした。

後を追ってやってきた榊原が必死に事の経緯を説明します。

しかし一恵は耳を貸そうとしないのでした。

ここが気になる!

19週あたりから気になっていましたが、やはり一恵は榊原が好きなのでしょうね。

榊原はずっとすみれを想って、仕事を工面していました。

一恵は榊原を好きでいつも見ていたので、榊原がすみれを好きなことにも気づいていましたね。

しかし、すみれが離婚して榊原が急接近したので、ショックを受けたのではないでしょうか。

しかし、すみれが結婚してから7年経っています。

一恵も榊原も、どちらも7年間恋人もつくらなかったのでしょうか。

それぞれ思いを募らせていたのかなと思うと、じれったいですね。

【第102回あらすじ】ハリウッド映画チームを英語で案内(3/25)

ハリウッドの映画製作チームが視察のため来日します。

ひなたは、英語で映画村を案内する大役を任されたのでした。

その役目を無事に果たしたひなたは、オーディションが行われることを知ります。

そして、俳優を辞めて去った五十嵐のことを思い出したのでした。

ここが気になる!

安子とるいの再会は、ひなたの映画村がからむ可能性があります。

というのも、「映画が100年の物語をつなぐ」と関係者がネタバレしているからです。

ロバートと安子が映画村に旅行でやってきたり、映画撮影の関係で安子とつながったりするのかなと。

また、22週には城田優さんがナレーションではなく、登場人物として出演します。

大人になったビリー役か、ハリウッド映画のスタッフ役などの可能性があります。

最終回のネタバレなどについては、別の記事をご参照ください。

【ネタバレ】最終回どうなる?伏線をどう回収するか予想!

【考察】るいと安子が再会して和解する?再登場の可能性は?

城田優が大人のビリー役orラジオ英語担当者で22週に出演?

<第22週あらすじ第20週あらすじ>

当ブログでは、朝ドラ『カムカムエヴリバディ』の解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

カムカムエヴリバディのカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【カムカムエヴリバディ】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む(ひなた・京都編)

【ひなた】

【雉真稔】

【算太】

【トミー】

【桃太郎】

【吉右衛門】

【勇・雪衣】

【映画村】

    【その他】

    スポンサーリンク

    【カムカムエヴリバディ次週予告】21週ネタバレあらすじ(3/21~3/25)まとめ

    まとめ
    • るいが、ひなたに安子について話す
    • 大月家に、トミー北沢がやって来る
    • すみれの離婚話で、一恵が動揺
    • ハリウッドの映画チームが映画村にやってくる
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク