【サタプラ】トイレDIYでタンクレスにする手順や材料は?やり方を解説!
スポンサーリンク

DIYで自宅をリフォームするのが、いま大ブームになっています。

2020年7月26日に『サタデープラス』で、DIYカリスマ主婦の榎並千明さんがレクチャーしていた、トイレのタンクレスDIYをご紹介します。

スポンサーリンク

【サタプラ】初心者でも失敗しないDIYはトイレ

あまりお金をかけずに、自分で部屋をリフォームできたら楽しいですよね!

でも、DIYでリフォームするのはハードルが高く感じます。

初心者でも失敗しにくいのは、実はトイレ!

何故かというと、リビングや寝室に比べてスペースが狭く、手軽にできるからです。

これからDIYをやってみたいというビギナーさんは、ぜひトイレから挑戦してみてください。

トイレDIYの材料は?費用はどれくらい?

『サタデープラス』では、「ホテルライクなシャビーシック」というテーマで、トイレのDIYを紹介していました。

「シャビーシック」とは、「上品なアンティーク」という意味だそう。

トイレDIY_ビフォーアフター

番組では、DIYは初めてという久本雅美さんがチャレンジしていました。

所要時間は5時間で、かかった費用は35,365円。

このお値段で1日で済むのはすごいですね!

トイレDIY費用一覧

材料や費用は以下の通りです。(料金は税込み)

フォトフレーム¥110
耐震マット¥110
スライド棚¥440
突っ張り棒¥220
英字新聞¥110
大理石シート(2枚)¥3,444
壁に貼れる木(10枚入×2)¥15,840
木材カット料金¥396
クッションレンガシート¥1,978
ビス¥428
観葉植物¥2,970
カラーボード¥4,884
木材¥4,435
スポンサーリンク

【トイレDIY・工程1】タンクレスにしよう

今回のトイレDIYの工程は、3つです。

トイレDIY工程

最近は、トレイのタンクを見えないようにカバーするのが流行っています。

トレイの採寸をする

まず、採寸をしましょう。

トイレDIYの採寸
  • トイレの空間の幅・奥行き
  • トイレのタンクの幅・高さ・奥行き

木材でタンクカバーの骨組みを作る

トイレDIYカバーづくり

木材をホームセンターで購入し、カットしてもらいます。

木材を組み立てる時は、電動ドライバーを使うと簡単です。

タンクカバーに壁紙を貼る

トイレDIY壁紙

組み立てたタンクカバーの骨組みに、壁紙を貼ります。

壁紙はそのままだと柔らかいので、壁紙のレンガシートをまずカラーボードに貼ります。

その後、カラーボードを骨組みに貼り付けます。

カラーボードを木に貼る時は、まず両面テープで貼り、その後タッカーで留めると、しっかり付きます。

タンクカバーをきれいに作るコツは、タンクレバーの部分をくりぬいたら、フォトフレームの枠を取り付けること。

枠がないと、カットしたシートの切れ端が見えてしまいます。

手作り感が強くでて、チープに見えてしまうんですね。

フォトフレームは100均で買えるので、手間を惜しまず作るようにしましょう。



スポンサーリンク

【トイレDIY・工程2】棚板を作ろう

トイレDIY棚

突っ張り棒用の棚に、大理石リメイクシートを貼ります。

この大理石リメイクシートは、本物そっくりに見えるので、とっても高級感がでますよ!

シートを貼り付けたら、突っ張り棒をつけて、トイレの壁に取り付けます。

壁に穴をあけたりしないので、賃貸住宅でも簡単・安全です。


スポンサーリンク

【トイレDIY・工程3】壁紙を作ろう

トイレDIY壁

最後に、トイレの壁を装飾します。

使うのは「壁に貼れる木ハッティー」

これは本物の天然木に、さらに木目がプリントされているんですね。

しかもカッターで切れるという優れもの!

裏は粘着テープになっていますが、粘着が強いです。

賃貸なので跡が残ると困るという方は、マスキングテープを使いましょう。

壁に板を貼る時は、シート貼りローラーを使うと、ぴったりくっつきます。


スポンサーリンク

まとめ

DIYビギナーさんが、最初に挑戦するのに最適なトイレ。

1日でできるのがいいですね!

是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク