郷ひろみのジャニーズ時代のデビュー曲
スポンサーリンク

20201018日で65歳となる郷ひろみさん。

これまでに105枚のシングルを出し、数々のヒットを飛ばして、NHK紅白歌合戦にも32回出場しています。

広い世代で知られている郷ひろみさんですが、元ジャニーズであることはあまり知られていません。

この記事では、郷ひろみさんのジャニーズ時代の曲についてまとめています。

スポンサーリンク

郷ひろみは元ジャニーズだった!

今でこそ、「大御所」感のある郷ひろみさんですが、芸能界デビューしたきっかけは、結構驚きです。

それは1971年のこと。

近所のおばさんが本人に無断で、東宝映画『潮騒』のオーディションに応募したそうなのです。

オーディションには落ちたものの、会場にいたジャニー喜多川さんに「2週間後に遊びに来て」と声を掛けられます。

郷ひろみさんが、渋谷の合宿所へ遊びに行くと、そのままNHKへ連れていかれ、「おめでとう。来年の大河ドラマ決まったから」という成り行きに。

すごいですよね。令和時代ではちょっと考えられない展開です。

そして1972年の大河ドラマ「新・平家物語」に平清盛の弟・経盛の役で出演しています。

郷ひろみさんは、まずフォーリーブスのバックダンサーを務めます。

フォーリーブスが「弟分のひろみです」と紹介したところ、ファンが「レッツゴーひろみ」と掛け声をかけたので、「郷ひろみ」という芸名になったそうです。

そもそも、郷ひろみさんは「ひろみ」という芸名になることも知らされていなかったため、だいぶとまどったとのこと。

いろんなことが、その場の成り行きで決まっていったんですね。

郷ひろみさんは「フィーリーブスの弟」というキャッチフレーズで売り出し、「新御三家」の一人(他は野口五郎・西城秀樹)となります。

スポンサーリンク

郷ひろみのジャニーズ時代で一番有名な曲は?

郷ひろみのジャニーズ時代のデビュー曲

郷ひろみさんがジャニーズ事務所に所属してい野は、1971年から19753月まで。

曲はシングルで11枚出しています。

11972年8月男の子女の子
21972年11月小さな体験
31972年12月天使の詩
41973年3月愛への出発
51973年6月裸のビーナス
61973年9月魅力のマーチ
71973年12月モナリザの秘密
81974年3月花とみつばち
91974年6月君は特別
101974年9月よろしく哀愁
111974年12月わるい誘惑

一覧で見ると分かりますが、年に4回、3カ月おきに新曲をリリースしています。

すごいスピード感ですね。

郷ひろみさんのジャニーズ時代の曲で、一番有名なのはデビュー曲の「男の子女の子」ではないでしょうか。

レコード大賞では新人賞を受賞しています。

また、翌年のNHK紅白歌合戦もこのデビュー曲で初出場しました。

驚くほど華奢で、まだあどけないですが、のびやかな声はさすがです。

下の動画は、日本歌謡大賞で「放送音楽賞」を受賞した「裸のビーナス」

17歳の郷ひろみさん、肌がツヤッツヤですね。

下の動画はオリコン1位を獲った「よろしく哀愁」。この曲も、郷ひろみさんの初期の曲の中では、よく知られている1曲です。

衣装に昭和や70年代を感じます。

スポンサーリンク

郷ひろみのジャニーズ時代で一番有名な曲のまとめ

2020年に65歳となった郷ひろみさん。

ジャニーズ事務所からデビューしていたことは、あまり知られていません。

この記事のまとめは

  • ジャニーズ時代に出したシングルは11曲
  • ジャニーズ時代で一番有名な曲は、デビュー曲の「男の子女の子」

  • オリコン1位を獲ったのは、「よろしく哀愁」

です。

2020年は新曲もリリースした郷ひろみさんですが、今後も60代とは思えないあのスタイルで頑張ってほしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク