箱根駅伝2021の注目選手は?
スポンサーリンク

2021年は、2年ぶりに優勝を狙いたい東海大学。

この記事では、東海大の注目選手の

  • 塩澤稀夕・名取燎太・西田壮志のWikiプロフィールや記録
  • 東海大の勝利のシナリオは?
  • 優勝の可能性はどれくらい?

についてまとめました。

スーパールーキーの石原翔太郎については、別記事をご参照ください。


スポンサーリンク

【箱根駅伝2021】東海大の注目選手は?4年の3人!

東海大の「3本柱」と呼ばれている4年生の3人。

高校3年生の時の全国高校駅伝(都大路)で、3人とも1区を走り、1位~3位になっています。

高校時代はライバルだった3人が、東海大でチームメイトとなって、「3本柱」として支えています。

切磋琢磨してきた3人が、どのような走りを見せ、チームを引っ張っていくかが見どころです!

今シーズン絶好調の1年生の石原翔太郎も、スーパールーキーとして注目されています。

塩澤稀夕(4年・主将)

塩澤稀夕のwikiプロフィール
  • 氏名:塩澤稀夕(しおざわ・きせき)
  • 生年月日:1998年12月17日
  • 出身地:三重県桑名市
  • 出身高校:伊賀白鳳高校
  • 学部:東海大体育学部
  • 身長:180cm
  • 体重:60kg
  • 自己ベスト
    10000m:28分0883(20)
    ハーフ:1時間1439(19)

<高校時代>

 1年:国体3000m 7位
 2年:高校総体1500m 5位(自己ベスト)
    全国高校駅伝1区8位
 3年:高校総体5000m 7位
             国体5000m 4位
             全国高校駅伝1区2位
            都道府県対抗1区MVP 

<箱根駅伝>
・2020年:2区7位
2021年の抱負「総合優勝と区間新記録」

2020年11月の全日本大学駅伝では、17位まで落ちた順位を、猛烈に巻き返してくれた、頼れる主将。

その後順位は1位まで挽回し、最終的には2位でした。

17位になったときは、誰もがもう挽回できないだろうと思ったのではないでしょうか。

非常に精神力のある選手ですね。

また、自分の自信にもなったのではないでしょうか。

2020年12月の日本選手権では、10000mで自己ベストを出しました。

箱根駅伝に向けて、よい感じで仕上がってきているようです。

2021年の箱根駅伝は、本人はとくに区間の希望はないそうです。

名取燎太(4年)

名取燎太のwikiプロフィール
  • 氏名:名取燎太(なとり・りょうた)
  • 生年月日:1998年7月21日
  • 出身地:長野県富士見町
  • 出身高校:佐久長聖
  • 学部:東海大体育学部
  • 身長:169cm
  • 体重:56kg
  • 自己ベスト
    10000m:28分105120年)
    ハーフ:1時間0244(19)

<中学時代>

   3年:全国中学体育大会3000m6位    
       ジュニアオリンピック3000m6位
       (自己ベスト)

<高校時代>

   1年:全国高校駅伝2区4位
   2年:全国高校駅伝4区6位
   3年:全国高校駅伝1区1位(区間賞)
            全国都道府県駅伝5区(区間賞) 

<駅伝>
 2020年4区2位
 2021年の抱負「優勝目指して頑張ります」

1年生のときから、怪我に悩まされることが多かった名取燎太さん。

焦らず腐らず、コツコツと努力を積み重ねてエースになった苦労人です。

2019年の全日本大学駅伝では、アンカーで首位に立ち、笑顔でゴールを切りました。

2020年の全日本大学駅伝でもアンカーを務め、駒澤大の田澤廉の前を走っていましたが、ラスト1.2キロで田澤が前に出て、挽回できず2位でゴール。

精神的にだいぶ追い込まれたと、本人も語っています。

今シーズンは怪我もなく、「特に可もなく不可もない」という状態で、最終調整しているようです。

本人が希望している区間は、2区か4区とのこと。

最後なので、2区を走ってほしいですね。

西田壮志(4年)

西田壮志のwikiプロフィール
  • 氏名:西田壮志(にしだ・たけし)
  • 生年月日:1998年4月10日
  • 出身地:熊本県八代市
  • 出身高校:九州学院
  • 学部:東海大体育学部
  • 身長:162cm
  • 体重:45kg
  • 自己ベスト
    10000m28分373720年)
    ハーフ:1時間0327(19)

<中学時代> サッカー部

<高校時代>
 2年:全国高校駅伝1区9位

 3年:全国高校駅伝1区3位

<箱根駅伝>
 2019年:5区2位
 2020年:5区7位
 2021年の目標「王座奪還」

2年生の時から山の5区を任されてきた西田壮志さん。

「4年間、箱根の山だけを考えてきて、箱根の山に強くしてもらったので、感謝の気持ちを込めて挑みたいです」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

と語っているので、2021年もやはり5区を走ると思われます。

仲間からも「5区はお前しかいない」と信頼されているそうです。

5区は勾配のきつい登り坂が延々と続く、タフなコース。

身長162cm、体重45kgと、輪をかけてスレンダーな体型ですが、かなりスタミナがあるのでしょうね。

今シーズンは、箱根に向けて右肩上がりに調子が上がっているそうで、最終調整も上々の仕上がりのようです。

「69分台の記録に挑戦し、誰にも抜かれないような新記録を出して卒業していきたい」

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/

という意気込みで、5区を制してほしいですね!

スポンサーリンク

【箱根駅伝2021東海大の勝利のシナリオは?

2年ぶりの優勝を狙う東海大は、どのようなシナリオを描いているのでしょうか?

2020年は、コロナ禍で授業も通常通り行われず、帰省した選手もいたそう。

練習再開は6月で、全員が戻ったのは9月らしく、全体の足並みをそろえるのが難しかったそう。

そのため、選手一人ひとりのパフォーマンスの個人差が、大きくなっているようです。

東海大の2021年箱根駅伝では

  • 塩澤稀夕、名取燎太、西田壮志の4年生を往路にする
  • スーパールーキーの石原翔太郎を復路に置く
  • 往路で上位にはいり、復路で逃げ切る

ことを、戦略とするようです。

【箱根駅伝2021優勝の可能性はどれくらい?

東海大の特徴は、

  • 4年生中心の経験豊富なチーム
  • スーパールーキーがいる
  • 主要選手の最終調整が上手くいっている

というところです。

気になるところは、

  • コロナ禍で、メンバーの練習の足並みをそろえるのに時間がかかった
  • 2位だった2019年の方が、選手層は厚い
  • 202011月の全日本大学駅伝では、一時17位まで落ち込んだ

というところでしょうか。

しかし、2020年はトラックよりもロードを重視し、ハーフマラソンを練習に取り入れてきた成果か、全日本駅伝では17位から2位まで盛り返すことができました。

粘り強い走りができるようになったと言えるでしょう。

往路で上位に入れば、優勝は十分狙えると思います。






スポンサーリンク

【箱根駅伝2021】東海大の注目選手まとめ

2021年は、4年生の「3本柱」を中心として、粘り強い走りを見せてくれそうな東海大学。

東海大の注目選手と予想区間は

  • 塩澤稀夕さん(4年・4区)
  • 名取燎太さん(4年・2区)
  • 西田壮志さん(4年・5区)
  • 石原翔太郎(1年・6区)

です。

往路で上位に入れば、優勝する可能性は十分あるでしょう。

個人的には、青山学院大、駒澤大、東海大の順に優勝の可能性が高いと予測しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク