TV
スポンサーリンク

語学が堪能なマルチタレントとして活躍しているハリー杉山さん。

イギリス人と日本人のダブルですが、10代の頃に、日本の投資銀行で働いていました。

また、イギリスの超有名伝統校に通っていたり、先祖にイングランド国王がいたりと、かなり華やかなバックグラウンドをお持ちです。

この記事では、ハリー杉山さんのプロフィールや、働いていた投資銀行はどこなのか、学歴や家柄についてまとめました。

スポンサーリンク

ハリー杉山のwikiプロフィール

ハリー杉山のプロフィール
  • フルネーム:ヘンリー・スギヤマ・アドリアン・フォリオット・スコットストークス

  • 生年月日:1985年1月20日

  • 出身地:東京都

  • 身長:184cm

  • 血液型:O型

  • 日課:家計簿をつけること

  • 好きなスポーツ:サッカー

ハリー杉山さんの父親はイギリス人で、母親が日本人。

日本で生まれ育ったハリー杉山さんは、11歳のときにイギリスへ移住します。

18歳から20歳までは再び日本、その後はイギリスで進学し、中国へも留学しています。

ハリー杉山さんは、2007年から日本でモデルをはじめ、その後オーディションを受けて、音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」のMCの仕事を獲得。

その後は、NHKの語学講座や、ラジオ番組のナビゲーターの仕事の他に、ドラマにも出演するなど、幅広く活動しています。

スポンサーリンク

ハリー杉山が働いていた投資銀行はどこ?

モデルの仕事を皮切りに、テレビやラジオで活躍しているハリー杉山さん。

語学が堪能なイケメンタレントというイメージですが、実は投資銀行で働いていたことがあります。

18歳でイギリスのカレッジを卒業した後、2003年に日本に帰国。

ロンドン大学東洋アフリカ学院に合格していましたが、「ギャップイヤー」という制度を利用したそうです。

「ギャップイヤー」というのは、大学入学資格を得た学生は、12年ほど休学できるというイギリスの制度。

学費を稼ぐためのアルバイトをしたり、ボランティア活動や旅行、留学など見聞を広めるために使うことが多いそう。

イギリスでは、多くの学生が利用している制度です。

ハリー杉山さんもギャップイヤーを利用して、投資銀行「ビジネス・ディベロップメント・アジア合同会社(BDA)」のインターンとして働きます。

BDAは、2020年現在、東京都港区愛宕にある、愛宕グリーンヒルズ森タワーに入っている会社ですね。

インターン先にBDAを選んだのは、父の紹介だったとのこと。

「父の姿に憧れ、ジャーナリストを夢みていたんですけど、マスメディアで働くのは簡単ではありませんでした。

それで、父がBDAの創業者と知り合いだった縁で働かせてもらったんです。世界がどういうふうに回っているか知りたかったので、金融にも興味がありましたから」

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/259843/3

日本で働くことにした理由は、いくつかあるそうです。

  • 日本語を磨きたかったから

  • 父の働く姿をそばで見たかったから

  • お金を稼いで家族をサポートしたかったか

ハリー杉山さんの父のヘンリー・スコット・ストークスさんは、かつて「フィナンシャル・タイムズ」の記者をしたり、「ニューヨーク・タイムズ」の東京支局長だった、優秀なジャーナリストでした。

しかし、ハリー杉山さんが生まれた頃にはフリー・ジャーナリストに転向していたため、とくに裕福というわけではなかったそう。

BDAは、ハリー杉山さんがインターンになる1年前の2002年に設立されたばかりの会社でした。

そのため社員は、創業者のイギリス人と、定年退職後に再就職した日本人、女性秘書の3人だけ。

ハリー杉山さんだけ、ダントツに若いメンバー構成ですよね。

会社の主な事業は、MAのコンサルティング。

ハリー杉山さんは、語学力を生かして翻訳や通訳、ビジネスレターの作成や、パワーポイントの資料作成などの仕事をしたそうです。

インターンでしたが、午後10時ごろまで残業することもあったとのこと。

ミスや失敗があっても取り返す努力をし、素直で謙虚に働いたハリー杉山さんは、その仕事ぶりが認められて、半年で社員に昇格

当時、ハリー杉山さんの母親はイギリスにいたため、東京では父親と同居していたそうです。

投資銀行での仕事などについても、父親は相談相手になってくれたそう。

仕事に遅刻して上司にガッツリ怒られた時、父親は15分遅刻して、取材相手の三島由紀夫にひどく怒られた」というエピソードを話し、時間で信頼を失わないよう教えてくれたとか。

三島由紀夫は、自決直前の最後の手紙を、ハリー杉山さんの父に宛てて書いています。

三島由紀夫とも、深い親交があったんですね。

「父は、僕にとって大親友のような存在です。何でも話を聞いてくれて、『わからないことがあったら、納得するまで聞くように』と。

プライベートで『彼女とうまくいかないんだ』と話したときは、『いろんな方を見て、どういう人が自分に合うか見極めなさい』とアドバイスされました」

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/259909/3

 

日本だと、思春期辺りから父親とは会話をしなくなる男性が多いので、こんなに仲の良い父と息子も珍しいですよね。

投資会社の月給は15万円ほどだったそうですが、ハリー杉山さんには大金。

家族を食事に連れていったり、自分へのご褒美に「HUGO BOSS」のセーターを買ったりしたそうです。

ハリー杉山さんは、家族とのつながりが強くて、家族思いなんですね。

ちなみに、ハリー杉山さんは投資銀行で働く傍ら、モデル事務所に登録してオーディションを受けたり、六本木のブランドショップ「DIESEL」で週末アルバイトをするなどしています。

睡眠時間は34時間くらいしかなかったそうですが、平気だったそうです。

体力もかなりありそうです。

スポンサーリンク

ハリー杉山の学歴は?6カ国語話せる語学力がすごい!

この投稿をInstagramで見る

イギリス一人旅2日目。 母校 ウィンチェスター・カレッジへ。 1382年創立、そして祖父も、父も、自分も人としての基礎を学んだFlint Court. あの青春の日々は僕にとって一生の宝であり、いつか僕に息子が生まれたら絶対いってほしいです。 ちなみに1枚目の後ろに見える時計、65年前に父が深夜に登り卑猥な物を針に貼り付けたとか、、学校のヒーローになっても こっ酷く怒られたそうです 笑 沢山の涙が流れたグラウンド、大戦でこの世を去った生徒たちを思うWar Cloisters, 日々祈りを捧げたチャペル、罰された時 早朝から訪れた Porter's Lodge…懐かしい笑いとドラマが絶えない日々にタイムスリップしてきました。国語の先生だった Quinault先生にもばったり!そして在学中の日本人、まさかのハリポリスナーでもある 晴輝くんとも会えました^_^ 晴輝くん写真いっぱい撮ってくれてありがとね😂 一度ウィカミストになれば一生 Wykehamist. @kingsmanmovie でも おなじみの モットー "Manners makyth man" " 紳士はマナーによって作られる" はウィンチェスターで生まれた言葉。今でも我々の心に流れます。 Trip down memory lane to @winchestercollege . All those magical moments revisited. #イギリス #一人旅 #母校 #ウィンチェスターカレッジ #winchestercollege #mannersmakethman #wykehamist #キングスマン #ハリー杉山 #harrysugiyama

ハリー杉山(@harrysugiyama)がシェアした投稿 –

ハリー杉山さんは、1999年にイギリスあるウィンチェスター・カレッジに入学します。

イギリスでは「ザ・ナイン」と呼ばれる伝統校のひとつ

ウィンチェスター・カレッジは、640年の歴史を誇る、イギリスで最も古い男子全寮制のパブリックスクールです。

イメージとしては、「ハリー・ポッター」の男子校版という感じでしょうか。

学校のモットーは「Manners makyth man(行儀作法が紳士をつくる)」なので、校則が厳しそうですね。 

ハリー杉山さんは、ウィンチェスター・カレッジ入学試験で、120人中7番だったという、かなりの秀才です。

卒業後は、ギャップイヤーを利用して、2年間日本の投資銀行で働いていました。

2005年の20歳のときに、再びイギリスへ戻って大学進学。

ロンドン大学の東洋アフリカ学院で中国語を学びます。

東洋アフリカ学院は開発学では、世界有数の大学として知られています。

学生の40%が留学生という、非常にグローバルな校風です。

卒業生としては、ミャンマーのアウンサンスーチーさんが有名ですね。 

翌年の2006年には北京師範大学へ1年間留学します。

留学を終えた後は、ロンドン大学に戻って韓国語を学ぶ予定でした。

しかし、ハリー杉山さんは中退する道を選びます。

 

「大学には、酒を飲んだくれて遊んでいる人が多くて。僕は遊んでばかりはいられません。『早く仕事をしたい』と思ったのです。両親、祖母を支えたいと思ったし、芸能界に進もうと心が固まっていました。それで、スタートするなら、若いうちに本格的に始めた方がいいと決心したのです」

引用元:https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/260071/2

 

ハリー杉山さんには、「親のすねをかじる」という発想は、まったくない感じですね。

自立心旺盛で働きたい気持ちの強いハリーさんには、大学のモラトリアム感は合わなかったのでしょう。

大学を中退したハリー杉山さんですが、英語や日本語はもちろん、中国語やフランス語、ラテン語、韓国語も話せるそうです。

Eテレでも『テレビでハングル講座』に出演してましたね。

スポンサーリンク

ハリー杉山の祖先はイギリスの王様!

ハリー杉山さんの父親は、イギリス人。

先祖にはなんと、第5代イングランド王のエドワード1世がいるそうです。

13世紀のプランタジネット朝の王様ですね。

ハリー杉山の先祖のエドワード1世

エドワード1世は、イギリス式トランプの「ハートのキング」のモデルになったと言われています。

身長が190cmの長身だったため、「ロングシャンクス(長い脚)」とあだ名されていたそう。

メル・ギブソン主演の映画『ブレイブ・ハート』では、敵の王様として登場しますね。

主人公がスコットランド独立のために奮闘する物語なので、映画では結構冷酷な人物として描かれています。

先祖が王様という家柄のため、親戚には元駐日英国大使のオスカー・チャールズ・モーランド卿がいます。

「Sir」の称号を持っているって、さすがですよね。

ちなみに、ハリー杉山さんのイギリスの実家の裏には、グラストンベリー・トアがあるそう。

ハリー杉山の実家の裏のグラストンベリー

12世紀にアーサー王のお墓が発見された場所とのこと。

アーサー王と言えば、伝説の王ですよね。

家の裏にアーサー王のお墓があるとか、話のレベルが王侯貴族で、すごいですね。

スポンサーリンク

まとめ

マルチタレントのイメージが強いハリー杉山さん。

10代のときに、日本の投資銀行で働いていたというのは意外でした。

それ以上に、先祖にイギリスの王様がいるというのは驚きですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク