東京オリンピック2020
スポンサーリンク

2021725日に、東京オリンピックのスケートボード(ストリート)競技が開催されました。

日本代表の堀米雄斗さんは、世界ランキング2位で優勝候補。

この記事では、堀米雄斗さんの

  • ストリートの予選・決勝の動画
  • スケートボードの簡単ルール解説

について、まとめています。

スポンサーリンク

スケートボードのルールは?

https://twitter.com/yutohorigome/status/1418182363419267075

スケートボードは、東京オリンピックから採用された新競技です。

日本ではそれほどメジャーではないので、ルールを知らない人も多いでしょう。

簡単に説明しますね。

オリンピックでは、パークはなくてストリートだけです。

スケートボードの簡単ルール
  • 競技は「ストリート」と「パーク」の2種類
  • ルールは、ストリートもパークも共通
  • 持ち時間45
  • 技の順番は自由
  • 途中で転倒しても時間内なら競技続行OK
  • 順位は採点方式で決める
  • 採点ポイントは、難易度、技の成功率、技の組み合わせ、スピード、オリジナリティ
  • ストリートの見どころは、手すりや縁石を使ったトリック技
  • パークの見どころは、斜面を利用した空中での大技
スポンサーリンク

【予選動画】堀米雄斗のスケートボード

東京オリンピックの金メダル候補・堀米雄斗さん。

世界ランキング2位なので、優勝争いすると思われます。

ストリートは、RUN2回TRICK5回の得点の合計で競います。

まずは予選動画を観てみましょう。

堀米選手のアメリカの自宅画像や年収については、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

【予選動画】堀米雄斗のRUN1本目

オリガミセクションを攻めて、8.41という高得点を叩き出しました。

バランスが安定していて、危なげないですね!

さすがのパフォーマンスでした。

【予選動画】堀米雄斗のRUN2本目

難易度が一番高い将軍レーンを攻めて、得点は7.58

将軍レーンは今大会が初めてという堀米選手でしたが、さすがですね。

堀米選手は、総合33.75点の6位で予選を通過しました!

スポンサーリンク

【決勝動画】堀米雄斗のスケートボードRUN2本

予選6位で通過した堀米雄斗選手は、決勝で転倒する場面も見られましたが、大きく持ち返します。

TRACK4本は、すべて9点台という高得点をマーク。

地元の東京オリンピックで、新競技スケートボードの堀米雄斗選手が、日本3つ目の金メダルを獲得しました。

【決勝動画】堀米雄斗のRUN1本目

予選よりも技の難易度を上げた堀米選手。

バランス崩したものの、最後のレールスライドは成功

1回転しているので、レールが見えなくなる技ですが、しっかり決めました。

8.02と高得点で、1本目は3位につけました。

【決勝動画】堀米雄斗のRUN2本目

レールスライドで2回転倒し、タイムアウト。

かなりの大技だったので、決まればかなりの高得点でしたが、残念でしたね。

2本目の得点は6.77で、4位に順位を落とします。

スポンサーリンク

【決勝動画】堀米雄斗がTRICKで巻き返し金メダル!

RUNで4位に順位を落とした堀米雄斗選手は、TRICK3本目から巻き返します。

果敢に攻める姿勢とタフな精神力が素晴らしかったですね!

【決勝動画】堀米雄斗のTRICK1本目

ノーリー270リップスライドをしっかり決めました。

レールが背後になるのですが、レールの真ん中にボードが着地しています。

9.03の高得点で、TRICKは幸先のよいスタートを切りました。

【決勝動画】堀米雄斗のTRICK2本目

ノ―リー270ボードスライドに失敗し大きく転倒したため、得点はゼロ

堀米選手は1年間で4回骨折したことがあるそう。

スケートボードは怪我が多いのは、分かる気がします。

【決勝動画】堀米雄斗のTRICK3本目

2本目で失敗したノ―リー270ボードスライドに成功!

後ろ向きに飛ぶのに、ちゃんとレールの真ん中にボードを乗せる正確性がすごいですね。

9.03の高得点でした。

解説で首位になったと言っていたのですが、その後の人が高得点をマークしたようです。

選手全員が3本目を終えた時点で、2位となります。

【決勝動画】堀米雄斗のTRICK4本目

4本目は、レールではなくメインセクションを選択。

ボードのエッジをかけてスライドしました。

RUNでは失敗した技を、TRACKでしっかり決めています。

9.50の高得点で、とうとう首位に立ちます。

【決勝動画】堀米雄斗のTRICK5本目

5本目は、堀米選手の得意技を決めました。

ノ―リーハーフキャブのフェイキーブラインドの180アート

得点9.30をマークします。

TRACK1本転倒してゼロ点だったものの、他の4本は全て9点台

合計37.18で優勝し、金メダルを獲得しました。

東京オリンピックという地元の大会で、新競技のスケートボードで日本人が金メダルを獲ったのは、嬉しい限りですね!

東京オリンピックの金メダル報奨金は、500万円

2021年の堀米雄斗さんは、世界選手権で優勝し、デューツアーで2位になっています。

2021年の年収予想やアメリカの自宅画像は、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。







スポンサーリンク

【東京オリンピック】堀米雄斗のスケートボード動画まとめ

  • 堀米雄斗選手は、33.75点の6位で予選を通過
  • 決勝はRUN2本目、TRACK2本目で失敗
  • 決勝のTRACKは2本目以外は成功し、すべて9点台の高得点
  • 決勝は37.18点で優勝し、日本3つ目の金メダルを獲得

スポンサーリンク
スポンサーリンク