流星

202082日の午後830分頃に、国際宇宙センター「きぼう」が日本上空を通過します。

梅雨も明けたので、「きぼう」が見られる地域も多そうです。

国際宇宙ステーション「きぼう」はどのような施設なのか、どんな実験をしているのか、今日の日本上空を通過する動画などをまとめました。

スポンサーリンク

国際宇宙ステーション「きぼう」とは?どんな実験をしてるの?

「きぼう」とはどんな施設で、どんな実験をしているのでしょう。

国際宇宙ステーション「きぼう」とは?

「きぼう」は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した、宇宙実験棟。

最先端技術を結集してつくられた、日本初の友人宇宙施設(宇宙ステーション)です。

このような施設を持っているのは、日本の他にアメリカとロシアだけ。

国際宇宙ステーション(ISS)は、15か国が協力して建設しており、日本だけでなく欧米の実験棟もあります。

数ある実験棟の中で、「きぼう」は日本が自国のためだけに自由に実験できる施設

これまではスペースシャトルで12週間ほどしか実験ができませんでしたが、この「きぼう」ができたことで、長期間の実験ができるようになりました

国際宇宙ステーションに関する数字をピックアップしました。

宇宙ステーションきぼうとは?
  • 地上約400km上空に建設
  • 大きさは108.5m×72.8mでサッカー場と同じくらい
  • 重さは約420トン
  • 約90分で地球を1周
  • 実験スペースは、船内と船外の2つ
  • 船内実験室は、長さ11.2m、直径4.4m
  • 条件が良い時は、木星(-2等星)くらいの明るさで見ることができる

国際宇宙ステーション「きぼう」でどんな実験をしてるの?

「細胞」や「流体」の実験をしているそうです。

たとえば、地球では植物の種をまくと、根が下にのびて茎は上へと伸びます。

これは重力が関係しているんですね。

植物のどの細胞が重力をうける仕組みになっているか、地上でたてた仮説を、宇宙で実験したりしているそうです。

植物の成長のしくみを解明できれば、今後の農業生産に活かすことができます。

また、人間の遺伝子と8割以上が同じであるメダカの実験を行い、発病のメカニズムを解明に取り組むそうです。

このほかにも、超新星などの現象を監視したり、成層圏の化学成分の観測をおこなったりと、様々な調査が行われています。

スポンサーリンク

【動画】国際宇宙ステーション「きぼう」が日本上空を通過

2020年8月2日、予定の時間より数分遅れて、「きぼう」が日本上空を通過しました。

東日本も雲間が切れていたところが割と多かったようです。

意外とゆっくりな感じでしたね(もちろん実際には大変な速度ですが)。

下の動画は、画面中央の少し左上から、ゆっくりと上方に「きぼう」が移動していきます。

https://twitter.com/Lhcm6N1m4hRjAJF/status/1289887475305836550

下の「きぼう」は割とはっきり、大きめに映っていますね!

夜空が暗いので見やすいです。

下は大阪上空の「きぼう」。

画面中央辺りあたりを移動しています。

手を振った人も結構多かったようです。

下の「きぼう」も画面中央から上方へと移動しています。

また明日の夜、「きぼう」が日本上空を通過するようなので、見るチャンスがあります。

今日は雲で見られなかった人も、明日は見られるといいですね!

https://twitter.com/kenewyork/status/1289888760839061505

8月3日は何時ごろに見える?

明日、「きぼう」が見られる予定時間は、各地で以下の通りです。

方角は、北西の空に見え始め、北東を通過して東南東の空に抜けていきます。

  • 北海道、東北:19時43分ごろ
  • 関東、中部:19時44分ごろ
  • 近畿:19時44分ごろ
  • 中国、四国:19時44分ごろ(角度が低く見えにくい)
  • 九州:21時20分ごろ(19時44分も見えますが、21時台の方が見やすい)
  • 沖縄は8月6日の20時34分ごろ



スポンサーリンク

まとめ

国際宇宙ステーション「きぼう」が日本上空を通過しました。

ワクワクしましたね!明日も見るチャンスがあります。

今日見られなかった人は、明日見られますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク