バイデン副大統領と妻のジル
スポンサーリンク


2020年はアメリカ大統領選の年。

トランプ大統領とバイデン副大統領が出馬しています。

バイデン氏が大統領になった場合、妻のジルがファーストレディとなりますが、一体どんな人なのでしょう。

この記事では、

  • 妻ジルのプロフィールや経歴

  • バイデン氏と妻ジルのなれそめ

についてまとめています。

スポンサーリンク

バイデン氏の妻ジルのプロフィール

アメリカ副大統領のバイデンの妻ジル

ジル・バイデンのプロフィール
  • 氏名:ジル・トレイシー・ジェイコブス・バイデン

  • 生年月日:1951年6月3日(2020年現在69歳)

  • 出生地:ニュージャージー州

  • 出身校
    デラウェア大学
    ウェストチェスター大学
    ヴィラノヴァ大学

  • 宗教:カトリック
  • 職業:英語教師、教育学者

ジル・バイデンは、1951年にニュージャージー州で生まれました。

その後転居し、幼少期のほとんどをペンシルバニア州で過ごしています。

父親は銀行員で、後に組合の頭取まで勤めているので、裕福な家庭に育ったと言えるでしょう。

しかし「自分のお金やアイデンティティ、キャリアが欲しい」という理由で、15歳の時にアルバイトを始めています。

5人姉妹の長女ということもあるのでしょうが、自立心や向上心の強い女性のようです。

スポンサーリンク

バイデン氏と妻ジルのなれそめは?

バイデン副大統領と妻のジル

ジル・バイデンは19歳の時に、一度学生結婚をしています。

当時の夫スティーブンソンは、デラウェア大学の近くにバーを経営しますが、これが大成功。

ジルは地元でモデルなどのアルバイトもしており、ふたりは次第にすれ違い生活に。

そんな折、上院議員のジョー・バイデンは、バスの待合所でジルがモデルを務める広告を見て、彼女にひとめぼれ

1975年のことでした。

同年にジルは大学を卒業。

ジルは高校の英語教師となり、裁判で争った末、1976年に離婚が成立。

一方、ジルに猛烈アタックするバイデン氏は、1972年に事故で妻と娘を亡くしており、2人の幼い息子がいました。

当時はジルも24歳と若く、継母になることや政治家の妻になることに、ためらいがあったようです。

バイデン氏が5回求婚して、ようやく承諾。

1977年に、ジルはバイデン氏と結婚

新婚旅行には息子たちも一緒に行っています。

結婚すると覚悟を決めてからは、義理の息子たちをしっかり受け入れていったようです。

スポンサーリンク

バイデン氏の妻ジルの経歴は?

バイデン副大統領の妻ジルの仕事や経歴

子どもの頃から英語が得意だったジルは、大学を卒業すると高校の英語教師になっています。

1981年に、ジルは女の子を出産。

バイデン氏の前妻の息子たちと娘を育てるために、一度高校教師の仕事を辞めています。

十数年後、子育てがひと段落つくと、再び教師の仕事を始めます。

学生時代も含めると、ジルの職歴や活動は以下です。

  • ロックフォード精神病院のプログラムで英語教師(5年間)

  • 公立学校での英語教師と、読書指導(合計13年間)

  • デラウェアテクニカル&コミュニティカレッジで英語教師(1993年~2008年)

  • ノーザンバージニアコミュニティカレッジで英語教師(2009年~現在)

コミュニティカレッジでは、移民など英語をネイティブとしない人たちへ、英語を教えているようです。

「自分のキャリアのため」に15歳でアルバイトを始めたジルなので、キャリアのための勉強は熱心にやっています。

学ぶということ自体が、好きなのでしょうね。

  • デラウェア大学:学士号(英文学)と博士号(教育学)

  • ウェストチェスター大学:修士号(読解分野の教育学)

  • ヴィラノーバ大学:修士号(英語)

教師の仕事が合っているようで、セカンドレディ(副大統領の妻)である現在も、教師の仕事は続けています。

もしファーストレディになっても、コミュニティカレッジの仕事を辞めるつもりはないそうです。

また、様々な団体も創設しています。

  • 【バイデン乳房健康イニシアチブ】
    デラウェア州の女子高生に乳がんの早期発見を啓発する団体

  • 【ブック・バディ・プログラム】
    低所得層の子どもが本を購入するためのプログラム

  • 【バイデン基】子どもの虐待防止の団体

「世のため人のため」に尽力しているんですね。

ファーストレディにふさわしい女性だと思います。

スポンサーリンク

バイデン氏の妻ジルの経歴や教師の仕事まとめ

2020年のアメリカ大統領選に出馬しているバイデン副大統領。

この記事では、バイデン氏の妻ジルについてまとめました。

  • 1977年にバイデン氏と再婚

  • 3つの大学で修士号や博士号などを取得

  • 英語教師を長く務めている

  • 子どもに関する団体を複数創設

子どもの頃から自身のキャリアにしっかりと向き合い、取り組んできたジル。

ファーストレディになっても教育の仕事を続けるとのことですが、今後も子どもに関する分野での幅広い活動が展開されそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク