ドラマ『神様のカルテ』のネタバレ登場人物相関図
スポンサーリンク
[quads id=1]

小説を原作とする『神様のカルテ』は、漫画・映画にもなった大人気シリーズです。

2021215日からテレビ東京で、4週にわたってドラマスペシャルとして放送されます。

この記事では、『神様のカルテ』の

  • ネタバレ相関図
  • 登場人物の経歴・キャスト

を原作小説を元に、まとめています。

ネタバレも含みますので、ご注意ください。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【神様のカルテ】ネタバレ登場人物相関図

2021215日から、テレビ東京で放送されるドラマスペシャル『神様のカルテ』。

長野県松本市にある本庄病院を舞台に、ストーリー展開します。

本庄病院は「24時間、365日対応」を看板としている地域の中核病院のため、医師も看護師も激務です。

こちらがネタバレ相関図。

ドラマ『神様のカルテ』のネタバレ登場人物相関図

カードのグループ色分けは、以下の通りです。

  • 青:本庄病院の医師
  • 水色:本庄病院の看護師
  • 緑:本庄病院の事務長
  • 灰色:本庄病院の患者と家族
  • ピンク:御嶽荘の住民
  • 茶色:行きつけの居酒屋

[quads id=1]
スポンサーリンク

【神様のカルテ・一夜】登場人物の経歴・キャスト

この章では、2月15日放送の第一夜の登場人物を解説します。

栗原一止(福士蒼汰)

栗原一止のwikiプロフィール
  • 本庄病院の内科医
  • 勤務5年目の29
  • 高知県出身
  • 信濃大学医学部卒業
  • 医学部時代は将棋部
  • 夏目漱石を尊敬している
  • 『草枕』を愛読しており、全文暗誦できる
  • 古風で独特な話し方をする
  • 低血圧で頭痛が持病

はじめの頃は、患者に対して事務的な対応だったため、看護師からの評判は良くなかった。

夜間当直の時に患者が多いため、看護師からは「引きの栗原」と呼ばれている。

本庄病院での仕事は激務で、3日寝ないことも多い。

専門でない範囲の診療も行う。

御嶽荘でのあだ名は「ドクトル」

栗原榛名(清野菜名)

https://twitter.com/kamisama_karte/status/1335328467672436736
栗原榛名のwikiプロフィール
  • 栗原一止の妻
  • 山岳写真家

昔は御嶽荘の松の間に住んでいたが、一止と結婚してからは桜の間に住むようになった。

山岳写真を撮るため、世界中を飛び回っている。

一方で、激務の一止を陰ひなたに支える内助の功を発揮。

一止は、榛名のいれるコーヒーを「世界で一番うまい」と気に入っている。

砂山次郎(上杉柊平)

https://twitter.com/kamisama_karte/status/1359424780542251011
砂山次郎のwikiプロフィール
  • 本庄病院の外科医
  • 信濃大学医学部卒業
  • 29歳
  • 北海道出身
  • 実家は牧場農家

栗原一止は、医学部時代の学友

4年間同じ寮の隣の部屋だった。

大学卒業後は、大学病院に3年勤務していたが、本庄病院に派遣される。

砂山のいれるコーヒーは、舌がしびれるほどマズイと不評。

看護師の水無陽子を気に入っている。

外村勝子(新山千春)

本庄病院の救急部看護師長

喫煙者で、病院近くの河原でよくフィリップモリスを吸っている。

水無陽子(伊東六花)

https://twitter.com/kamisama_karte/status/1358010966038835201

本庄病院の新人看護師南4病棟を担当している。

気が利く優しい性格。

患者に冷淡な栗山一止に、怒っている。

外科医の砂山次郎とは、いずれ付き合うことに。

御影深雪(上原実矩)

本庄病院の新人看護師

原作では気弱な性格が垣間見られるが、ドラマでは明るいしっかり者である。

東西直美(大島優子)

本庄病院の南3病棟主任看護師

冷静で優秀な看護師。

一止は、東西のいれるコーヒーを「世界で二番目にうまい」と気に入っている。

自若(村杉蝉之介)

本名は小山田英秋

泰然自若とした性格のため、「自若」とあだ名されている。

口癖は「問題ない」で、「人は機械ではない」というのが持論。

大狸先生(板垣源蔵)

本名は、板垣源蔵

本庄病院の消化器内科部長で、栗原一止の師

原作では、腹をゆすりながら豪快に笑うため、一止は「大狸先生」とあだ名をつけた。

ドラマでは、何を考えているか真意が分かりにくいことから、「大狸先生」とつけたことになっている。

医師としての初心を大切にしている医師。

古狐先生(イッセー尾形)

本庄病院の消化器内科副部長

本名は内藤鴨一。常に顔色が悪い。

内視鏡の腕が良く、キツネにつままれたような気になることから、一止は「古狐先生」と呼んでいる。

大狸先生とは、学生時代からの友人

ガンを患っている。

金山弁治(渡辺いっけい)

本庄病院の事務長で、現実主義者。

院長に次ぐ、本庄病院のナンバー2の権力者。

男爵(大倉孝二)

御嶽荘の桔梗の間の住人。売れない画家

学士殿(岡山天音)

本名は橘仙介。御嶽荘の野菊の間の住人

島根県出身。

信濃大学院文学部でニーチェを研究する学生。

古今東西の書物に精通している。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【神様のカルテ・二夜】登場人物の経歴・キャスト

この章では、2月22日の第二夜から登場する人物を解説します。

進藤辰也(中村蒼)

進藤辰也のwikiプロフィール
  • 信濃大学医学部卒業
  • 栗原一止や砂山次郎とは、大学の同期
  • 実家は松本市内の蕎麦屋
  • 医学部時代は「医学部の良心」と呼ばれていた
  • 大学卒業後は、東京の大学病院に勤務
  • 血液内科のエキスパート

東京から本庄病院に赴任してきた血液内科医

24時間365日対応の激務の本庄病院で、定時に帰宅することが多いため、評判は良くない。

一止が片思いしていた如月千夏を射止めた男。

大学時代は「医学部の良心」と呼ばれていた。

しかし、本庄病院に赴任してきた時には、緊急の呼び出しに応じず、インフォームドコンセントをおろそかにする医師になっていた。

内藤千代(高橋ひとみ)

本庄病院の古狐先生こと内藤鴨一の妻

古狐先生とは学生結婚した。

和装の似合う上品な女性で、栗原一止は「弥勒様」と呼んでいる。

四賀藍子(藤井美菜)

進藤辰也が担当する患者。

再生不良性貧血を患う25歳。

会田彦一(アキラ100)

糖尿病だが甘いものが大好きなため、教育入院している40歳の患者。

妻を亡くしている。

留川孫七(品川徹)

妻のトヨが肺炎で入院している。

歌が好きな妻のために、よく木曽節を歌う。

マスター(坪倉由幸)

栗原一止の行きつけの居酒屋のマスター

スポンサーリンク

【神様のカルテ・三夜】登場人物の経歴・キャスト

この章では、3月1日放送の第三夜から登場する人物を解説します。

小幡奈美(水野美紀)

https://twitter.com/miki_rei0406/status/1360425858087886849

本庄病院に赴任してきた、優秀な消化器内科医

医師歴12年のベテラン。

大狸先生の元教え子

赴任当初は「美人で気さくで優秀」と評判だったが、次第に周囲とぶつかるようになっていく。

特にアルコール依存症の患者には冷淡。

栗原一止を偽善者と思っている。

島内耕三(伊東四朗)

本庄病院に救急搬送される、元ヤクザの患者

島内賢二(松倉海斗)

島内耕三の孫で、付き添いで病院を訪れる。

榊原信一(竹財輝之助)

本庄病院の患者。マロリーワイス症候群を患っている。

東西直美の高校時代の音楽教師

東西が看護師を目指すきっかけとなった人物。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【神様のカルテ】相関図と登場人物の経歴・キャストまとめ

20212月に、『神様のカルテ』が、テレビ東京でドラマ化されました。

4週連続のドラマスペシャルです。

原作小説は、小学館文庫小説賞を受賞し、本屋大賞でも2位にランキングした大人気シリーズ。

映画では、櫻井翔さんが演じた主人公の栗原一止を、ドラマでは福士蒼汰さんが演じています。

どんなドラマになるか、楽しみですね!

[quads id=2]
[quads id=3]

スポンサーリンク
スポンサーリンク