流星
スポンサーリンク

夏の夜という気候の良さもあって、観測しやすいと人気のふたご座流星群。

2020年のふたご座流星群がみられる日時や方角、夜空の明るい都内でも流星が見られる穴場スポット8カ所や、普段は有名な星空観測スポットですが、2020年はおすすめできない場所をまとめました。

スポンサーリンク

【2020年】ふたご座流星群が見られる日時と方角は?

天体望遠鏡をのぞく人

三大流星群のひとつであるふたご座流星群。

お盆の時期に見られるため、観察しやすく人気の流星群です。

ふたご座流星群が見られる日時

ふたご座流星群は、1213日の夜から14日の明け方にかけてよく見られます(国立天文台発表)。

流星群の活動が極大になるのは、12月14日の午前10時頃

日本では日中なんですね。

日本では、12月13日の24時(14日の0時)頃だと、1時間で55個くらいの流星が出現すると予想されます。

15日が新月のため、流星群の観測にはとても良い条件です。

ふたご座流星群が見られる方角

ふたご座流星群の放射点(流星が出現する場所)は、ほぼ真上(天頂)です。

2020年ふたご座流星群の放射点と方角

流星群は空全体に現れますので、なるべく空の広い範囲を見渡すと良いでしょう。

真上を見上げていると首が疲れるので、寝転がって見られる場所がベストです。

また、風邪をひかないよう、しっかり防寒しましょう。

スポンサーリンク

【23区内】2020年ふたご座流星群のおすすめ観測スポット

東京は夜空が明るく、流星群を見るには条件的に少し不利なところもありますが、23区内の穴場スポットをご紹介します。

砧公園(世田谷区)

砧公園は緑豊かな公園で、都心にありながら流星群が見やすい場所として有名です。

地下鉄だと多少歩きますが、バスだと砧公園のバス停があるのでアクセスしやすいです。

駐車場も24時間営業なので、車でも利用しやすいスポットです。

砧公園情報
  • 所在地:世田谷区砧公園・大蔵一丁目
  • 問合先:03-3700-0414
  • 開園日:常時開園
  • 入園料:無料
  • アクセス
    ※東急田園都市線「用賀」から徒歩20分
    ※小田急線「千歳船橋」から東急バス(田園調布行き)「砧公園緑地入口」下車
    ※小田急線「成城学園前」から東急バス(都立大学駅北口行)「岡本一丁目」下車
  • 駐車場:24時間営業
    ※普通車は1時間まで300円(以後20分毎に100円)
    ※高額紙幣は使用不可

石神井公園(練馬区)

西武池袋線沿線にお住まいの方は、アクセスしやすい石神井公園。

三宝寺池という大きな池もあって、都民の憩いの場。

三大流星群を石神井公園で見る人が結構います。

石神井公園駅には、「ラーメン春樹」や「麺処 井の庄」、「台湾ラーメン味世」など、人気のラーメン店があるので、夜食にいいかもしれませんね。(新型コロナの影響で、営業時間が変わっているかもしれませんので、ご注意ください)

石神井公園情報
  • 所在地:練馬区石神井台一・二丁目、石神井町五丁目
  • 問合先:03-3996-3950
  • 開園日:常時開園
  • 入園料:無料
  • アクセス
    ※西武池袋線「石神井公園」から徒歩7分
  • 駐車場:24時間営業/有料

水元公園(葛飾区)

水元公園は、23区内で最も面積の広い水郷公園。

野鳥も多く、桜の名所で、自然豊かな公園です。

埼玉県三郷市にも接しているので、都民だけでなく埼玉の人も利用しやすいですね。

かなり広い芝地があるので、寝転がって見るにはうってつけのスポット。

ただ、地下鉄の駅からは離れているので、近隣にお住まいか、車で行ける人に向いていそうです。

水元公園情報
  • 葛飾区水元公園・水元猿町・東金町五、八丁目・埼玉県三郷市高洲三丁目
  • 問合先:03-3607-8321
  • 開園日:常時開園
  • 入園料:無料
  • アクセス
    ※JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町」から京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車 徒歩7分

荒川の土手・河川敷

荒川の土手や河川敷も、実は流星群を見るには穴場スポット。

住宅地が近く若干明るいですが、視界を遮るものがほとんどありません。

橋は明るいので、視界に入らない場所がおすすめ。

また、それほど混まないのもGOOD。

荒川流域にお住いの方は、近いので行き帰りが楽です。

スポンサーリンク

【郊外】2020年ふたご座流星群のおすすめ観測スポット

郊外だと、東京都は思えないほど流星群が見られる場所もあります。

多摩川の土手・河川敷

荒川と同様、あまり知られていない流星群観測スポット。

多摩川沿いは10階建て以上のマンションも多く、割と明るいようですが、流域にお住いの方にはオススメです。

https://twitter.com/shinspotch/status/1205867377058910209

武蔵野の森公園(三鷹市・府中市・調布市)

武蔵野の森公園は、三鷹市・府中市・調布市にまたがる広大な公園。

ここも芝地が広いので、寝転んで見ると空全体が見渡せて、流星群を観察しやすいでしょう。

京王線や西武多摩川線沿線の方が利用しやすい公園です。

武蔵野の森公園情報
  • 所在地:府中市朝日町三丁目、調布市西町、三鷹市大沢五・六丁目
  • 問合先:042-365-8435
  • 開園日:常時開園
  • 入園料:無料
  • アクセス
    <北地区>
    ※西武多摩川線「多磨」から徒歩5分
    ※R中央線「三鷹」南口から小田急バス 朝日町または車返団地行き「野水一丁目」下車徒歩2分
    <南地区>
    ※京王線「西調布」から徒歩15分
    ※JR中央線中央線「武蔵境」南口・京王線「調布」北口から小田急バス「大沢コミュニティーセンター」下車徒歩5分
  • 駐車場:24時間営業/有料

奥多摩湖ダムサイトパーキング(西多摩郡)

都内では屈指の天体観測場所。

やはり夜空がしっかり暗いので、星を見るのに最適です。

そのため流星群の時には、結構混みます。

場所取りには気を付けてください。

車をお持ちの方は、足を延ばしてみるといいかもしれません。

奥多摩湖ダムサイトパーキング情報
  • 利用時間:24時間
  • 料金:無料
  • 駐車台数:70台

スポンサーリンク

【夢の島公園】2020年はおすすめできないNGスポット?

夢の島公園は、普段は都内でも人気の星空観察スポット。

しかし、2019年からオリンピック・パラリンピックに向けて工事中

2020年8月のペルセウス座流星群のときは、公園事務所に問い合わせたところ、工事中のため流星群をゆっくり観測できる場所はないとのことでした。

ちなみに、工事終了時期のめどは立っていないとのこと。

ふたご座流星群の日が近くなりましたら、再度確認してみます。

2019年にふたご座流星群を見に行って、悲しい思いをした人もいるようですので、ご注意ください。


スポンサーリンク

【2020年】ふたご座流星群の東京のおすすめ観測スポットまとめ

東京都内でふたご座流星群を観察できるおすすめスポットをご紹介しました。

  • 都内は、広い公園がオススメ
  • 多摩川も意外と穴場
  • 奥多摩は都内でもっとも星空観測に好条件
  • 夢の島公園は、工事中で入れない可能性あり

天気に恵まれるといいですね!

しっかり防寒して、天体ショーを楽しみましょう。