新聞とメガネ
スポンサーリンク
[quads id=1]

昔から失言・暴言などの問題発言が多い森喜朗氏

20212月には、女性蔑視発言で五輪大会組織委員会の会長を辞任する騒動となりました。

しかし、1ヶ月ちょっとしかたたないうちに、再び女性蔑視発言が批判されることに。

この記事では、

過去の森喜朗氏の失言・暴言などの問題発言集

を、「首相就任前」「就任中」「退陣後」の3つの時期に分けて、まとめています。


[quads id=4]
スポンサーリンク

【就任前】森喜朗の失言・問題発言集

昔から、失言・問題発言の多い森喜朗氏。

20年くらい前のものから、古い順にどのような発言があったか紹介します。

【森喜朗発言集】大阪はたんつぼ

19984月 京都市内での懇談会で、大阪人の人間性について次のように発言しています。

「言葉は悪いが、大阪はたんつぼだ。金もうけだけを考えて公共心のない汚い街」

言葉が悪いと分かっていて、発言を止められないんですね。

ここまでくると、侮辱罪で訴えられそうです。

スポンサーリンク

【就任中】森喜朗の失言・発言集

森喜朗氏は、2000年4月~2001年4月まで約1年間、内閣総理大臣を務めました。

辞めることになったのも、やはり自身の失言が原因だったのです。

【森喜朗発言集】IT改革を「イット改革」

20004月の首相に就任して間もない頃ですね。

IT戦略会議に出席し、IT革命という言葉を知らず、「イット革命」と読み間違えました。

時事にうとい首相ということで、国民は「大丈夫なのか」と不安に。

【森喜朗発言集】みんな淋病にかかった

20004月、首相就任後に、学生時代の思い出について

「みんな淋病にかかった」

と発言。

なぜ性病にかかったという恥ずかしい話を、わざわざするのか謎ですね。

【森喜朗発言集】日本は神の国

20005月、神道政治連盟国会議員懇談会での発言。

「日本の国、まさに天皇を中心としている神の国であるぞということを、国民の皆さんにしっかりと承知していただく。そのために我々が頑張ってきた」

「政教分離に反する」「戦前の軍国主義のようだ」と大きな批判を浴びました。

また、内容が内容なだけに、韓国や中国なども強く反発。

森氏は「誤解を受けたということにおわび申し上げるが、発言を取り消すということではありません」と謝罪しながらも、撤回はしませんでした。

そのため、長くマスコミで報道されることになった問題発言です。

【森喜朗発言集】(無党派層は)寝てしまってくれればいい

20006月、衆院選前に新潟市内での講演を行い、失言。

「(無党派層が選挙に)関心がないといって寝てしまってくれれば、それでいいんですけれど……」

本音だということは分かりますが、首相の発言としてはかなり問題視されました。

有権者が投票を棄権するのを願うのは、民主主義国家の政治家としていかがなものかと思いますよね。

【森喜朗発言集】私が行かないことで、何が遅れたのか

20012月、ハワイで「えひめ丸沈没事故」が起きました。

宇和島水産高校のえひめ丸が、アメリカの原子力潜水艦と衝突。

9名が亡くなり、12名が負傷する大事故でした。

しかし、当時首相だった森氏は、事故の報せを聞いてもゴルフをやめず続行。

そのことをマスコミに指摘されて逆ギレし、

「私が(官邸に)行かないことで、何が遅れたのか」

と発言。

危機管理能力のない首相と、国民から判断されることに。

支持率が急落し、最終的に退陣することとなったのです。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【退陣後】森喜朗の失言・発言集

森喜朗氏の舌禍は、首相退陣後もコンスタントに続きます。

とくに女性蔑視の発言は多いですね。

【森喜朗発言集】子供を一人もつくらない女性

20036月の鹿児島市の公開討論会での暴言。

「子どもを一人もつくらない女性が、好き勝手とは言っちゃいかんけど、まさに自由を謳歌して楽しんで、年取って税金で面倒見なさいちゅうのは、本当はおかしい」

森氏は当時、自民党少子化問題調査会長でした。

2007年に、当時の柳沢厚労相が「女性は産む機械」と発言したことと、リンクしているような印象があります。

女性蔑視や時代錯誤というよりも、もっと根本的な人権意識が欠けているように思えますね。

【森喜朗発言集】女の人だなあ。やっぱり(視野が)狭い

20077月の、富山市内での講演での失言。

当時滋賀県知事だった嘉田由紀子氏が、新幹線の新駅建設を「もったいない」とコメントしたことに対する発言。

森氏は

「女の人だなあ。やっぱり(視野が)狭いなあ」

と女性を蔑視する発言をしました。

嘉田知事は、

「言葉尻をとらえて女性蔑視とすることは控えたい」

としながらも、

「公共事業の決定に、男だから女だからは無縁

ともコメントしています。

【森喜朗発言集】大事なときには必ず転ぶ

20142月、浅田真央さんソチオリンピックのショートプログラムで転倒。

16位からのスタートとなりました。

これに対し森氏は、

  • 「あの子、大事なときには必ず転ぶんですよね」
  • 「見事にひっくり返っちゃったね。
    転んだことが心の傷に残って、今度は転んじゃいかんという気持ちが強く出たのだと思います」
  • 「日本は団体戦にでなきゃ良かった。
    負けると分かっていた。
    浅田さんを出して恥をかかせることはなかった」

などと発言。大いに世間の反感を買いました。

森氏の暴言に対し、浅田真央さんは外国特派員協会での記者会見で

「人間なので失敗することもありますし、やはり自分も失敗したくて失敗しているわけではないので、(森氏の発言は)ちょっと違うのかなと思ったんですけど。」

森さんは今少し後悔しているのではないかなと思っています」

と穏やかに、笑いを交えながら大人の対応をしていました。

【森喜朗発言集】女性がたくさん入ってる理事会は時間がかかる

20212月、JOC臨時評議員会での失言。

  • 「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。
    これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかかる」

  • 「女性っていうのは優れているところですが、競争意識が強い。
    誰か一人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね。
    それでみんな発言されるんです」

この女性蔑視発言が、国内外から厳しく批判され、大会組織委員会の会長を退くことに。

ロンドンブーツの田村淳さんが聖火リレーを辞退

東京オリンピックのボランティアも、大量に辞退者が出るなど、大きな波紋を呼びました。

【森喜朗発言集】女性と言うにはあまりにもお年

20213月、川村建夫元官房長官のパーティで、またもや森氏が暴言。

川村氏のベテラン女性秘書について

「河村さんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性と言うには、あまりにもお年だ」

と発言。

女性蔑視発言でオリンピック・パラリンピック大会組織委員会の会長を辞めて、1ヶ月ほどしかたっていません。

「懲りていない」感に、報道されてすぐSNSでは多くの批判コメントがあがりました。

スポンサーリンク

森喜朗の発言に対するネットの反応

失言が多く、反省している様子もあまりない森喜朗氏。

自分を棚にあげた発言が多いこともあり、ネットでは毎回批判のコメントが多数あがります。

2021年の「女性と言うにはあまりにもお年」という失言に対する、SNSでの反応を見てみましょう。

[quads id=1]

【発言集】森喜朗の11の失言まとめ

20212月に女性蔑視の失言をして、五輪大会組織委員会の会長を辞任した森喜朗氏。

1カ月ちょっとで再び女性蔑視発言をし、世間から猛反発を受けています。

  • 政治家人生を通して、失言・暴言を繰り返し、国民の反感を買っている
  • 自身の失言により、首相退陣に追い込まれている
  • 自身の失言により、オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の会長を辞任した
  • 女性蔑視の失言が多い
  • 「これは言葉が悪いが」など、自身の発言のまずさを自覚した上で、失言・暴言していることもある
  • 失言をマスコミに指摘されると、逆ギレすることが多い

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク