shelf1

読書が趣味という人にとって、引っ越しの荷造りは本当に悩ましいですよね。

わたしも引っ越し荷物の5分の2が本だったことがあります。

その時、引っ越し業者さんに「本が運びやすくて助かります」と褒められた、本の荷造りの仕方をご紹介します!

スポンサーリンク

引っ越しで本を仕分ける時のポイント

引っ越しが決まると、大量の本を前に気が重くなる人は多いのではないでしょうか。

なるべく素早く本を荷造りするコツをご紹介します。

早めに荷造りに取りかかる

引っ越し前日まで使う食器などと違い、本は早めに荷造りしても生活に支障がでません。

引っ越しの1週間前の休日などに一気にまとめて片付けると後が楽です。

本を読んではいけない

読書好きが、ついうっかりやってしまうのが「これはどんな本だったかな?ちょっと読んでから、持っていくか処分するか決めよう」という行動ですね。

引っ越し作業の大変さから現実逃避もあいまって、気づけば読みふけってしまっていたりします。

これは著しく荷造りを遅らせますので、本の仕分けに入る前に「絶対に本は読まない!」と決めてください

本が多い人ほど、最初の気合が大切です。

本を3つに分類する

本棚の本を、「新居に持っていく本」「処分する本」「どうするか後で考える本」の3つに分類します。

仕分ける時は、「この本をもう一度読みたいか?」を自問して、あまり考えずに直感で分けてしまって問題ないと思います。

わたしは直感で分けて、引っ越し後に「やっぱり捨てなければ良かった」と後悔したことはありません。

直感で決められず「新居に持っていくか、処分するか、どうしようかな」と悩んだら、とりあえず「どうするか後で考える本」に分類してください。

本を仕分けていると、思い出の本とか、久しく読んでいない大好きな本とか、感情を刺激されるものがいろいろ出てきます。

しかし、引っ越し作業は時間との闘いです。

考えている時間がもったいないので、なるべくオートマチックに仕分けていくのがコツです。

スポンサーリンク

引っ越し先に持っていくか、処分するか迷ったら?

わたしの場合、持っていくか処分するか迷った本が写真集や雑誌ならば、新居に持っていきます

なぜかというと、再入手が困難だからです。

写真集は、日本だと基本的に初版で絶版です。

雑誌も古いものだと、なかなか手に入らないことが多いです。

単行本や文庫本も、絶版になっているならとりあえず新居に持っていきます

再入手ができる本、図書館で借りられる本は、処分してもあまり不都合はありません。

スポンサーリンク

引っ越しで本を上手に段ボールに詰めるコツ

「新居に持っていく本」が決まったら、さらに「単行本」「文庫本」「その他(写真集など)」に仕分け、段ボールに詰めていきましょう

本の荷造りのポイント

本を荷造りする時のポイントは2つです。

  • 重くならないようにする(運びやすくする)
  • トラックに積みやすいようにする

本はとにかく重いです。

下手すると、トラックに運ぶ途中で段ボールの底が抜けたりします。

引っ越しはスピード感が大切ですので、「運びやすく、積みやすく」を考えて荷造りしましょう。

ペットボトルの段ボールを2種類用意

コンビニやスーパーなどで、ペットボトルの段ボールを「2L用」と「500mL用」の2種類もらってきましょう

引っ越し業者から本用の段ボールが用意されている場合は、そちらを使ってもいいと思いますが、結構大きいです。

わたしが頼んだ引っ越し業者は「大・中・小」の段ボールがありましたが、小サイズのものでも本を入れるとかなり重くなりそうだったので、ペットボトルの段ボールに本を入れました。

特に500Lペットボトルの段ボールは、取っ手用の穴が開いているので、持ち運びが非常に楽です。

2L用は横型、500mLは縦型の造りになっています。

ペットボトルは液体ですので、本数があると重いですよね。

なので、段ボールの造りが小さめで、やはり重さのある本にも向いている大きさなのです。

段ボールもサイズを揃えると、トラックにきれいに積み込めます

500L2L段ボールのどちらか一方にサイズを揃えたい場合は、500mLの方に統一することをお勧めします。

この、重くなりすぎず、運びやすくて、きれいにトラックに積み込めるペットボトルの段ボールに本を入れたことで、引っ越し業者の方に「運ぶのが楽で、とても助かる」と言われました

この業者さんによると「大きな段ボールに本をぎゅうぎゅうに詰め込んだ人がいて、重すぎてさすがに運べなかった。その場で詰めなおした」こともあるそうです。

ペットボトルの段ボールだと、引っ越し後「ひと段落してから片付けたい」と思った時でも、そのまま押し入れにコンパクトに収納できるので、とても便利です。

なお、コンビニやスーパーは、段ボールをこまめに処分しているところが多いので、必要なだけの段ボールを一度でもらえないことがあります。

数回に分けてもらいに行けるよう、引っ越しが決まったら早めにもらいに行くことをお勧めします。

単行本は2Lの段ボールに詰める

2Lペットボトルの段ボールには単行本を詰めます

本屋さんの平積みのように、寝かせた状態で本を積み上げるように入れると、本が傷つきにくいです。

隙間には文庫本や、丸めた新聞紙・緩衝材などを詰めてください。

文庫本は500mLの段ボールに詰める

500mLペットボトルの段ボールには文庫本を詰めます

文庫本だけで、あまり隙間もなくキレイに詰められます。

わたしは、写真集や雑誌なども縦型の500Lペットボトルの段ボールに入れますが、本がつぶれないか気になる人は2Lの横型の段ボールの方に入れた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

引っ越しでいらない本を処分する方法は?

新居に持っていかない本をどう処分するかも、悩ましい問題ですよね。

ここでは4つの方法を挙げてみました。

友人や同僚にあげる

読書が趣味の友人や同僚などがいるなら、欲しい本がないか聞いてみるのといいと思います。

うちの職場では、「欲しい本があったらご自由にどうぞ。1週間後に処分します」と棚に置いていた人がいました。

図書館に寄贈する

図書館で本を借りると「寄贈本」と裏表紙にスタンプが押してあることがあります。

最近はコスト削減で、図書費が削られている自治体も多いようなので、図書館に寄贈したい旨を申し出てみるのもいいかもしれません。

ただ、図書館も収蔵スペースに限りがあるので、断られる可能性もあります。

また、「持ってきてくれるなら受け付けます」という条件があるかもしれません。

必ず事前に図書館に連絡し確認しましょう。

買い取り業者に引き取ってもらう

わたしは毎回、処分する本は買い取り業者にまとめて引き取ってもらっています。

最近は、荷造り後に「段ボール3箱分です」と連絡すると、専用の着払い伝票を箱数分送ってくれるので、簡単に処分できます。

ただ、業者とのやりとりなども考えて、早目に本を仕分ける必要があります。

資源ごみに出す

紐でまとめて縛って、決められた資源ごみの日に出すか、清掃工場まで持っていくようにしましょう。

3月などの引っ越しシーズンには、本だけでなく全てのゴミを一緒くたに、ごみの日以外に出してあることがありますが、地域の人やごみ収集の人に迷惑がかかります。

引っ越しゴミは計画的に出しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

読書好きだと、誰しも引っ越しの時に本で苦労した経験があるのではないでしょうか?

引っ越す本人も荷造りが大変ですが、それを運ぶ業者さんも大変です。

引っ越しがスムーズに終わるよう、本は「運びやすく、積みやすく」荷造りするといいですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク