TV
スポンサーリンク

2020626日に、東京地裁が「NHKが映らないテレビは、受信契約の義務はない」との判決を下しました。

このことで、「NHKが映らないテレビを買いたい」と思った人は多いかもしれませんね。

NHKが映らないテレビはどこで買えるのか、また注意点についてまとめました。

スポンサーリンク

NHKが映らないチューナーレステレビ

チューナーレステレビとは、テレビチューナーを搭載していないテレビのことです。

動画配信サイトの番組を大画面で見たり、ゲームやノートパソコン、DVDやブルーレイのプレイヤーを接続したりする時に使います。

一般にイメージする「テレビ」というより、「大型モニター」といった方が適切かもしれません。

チューナーレステレビ自体は、SONYやI-O DATA、JAPANNEXTなど、いろいろあります。

家電量販店や通販で買えるので、購入するのは簡単です。

しかし、チューナーレスなので、NHKだけでなく民放も映らなくなってしまいます。

チューナーテレビの特徴

NHKが映らない
・民放の地デジ、BSCSも映らなくなる

チューナーレステレビで民放を見る方法

チューナーレステレビで民放番組を見たい場合、主に2つの方法があります。

チューナーレスTVで民放を見るには?

1)チューナーレステレビに、地デジのチューナーを付ける

2Amazonの「Fire TV(第2世代)」や「Fire TV Stick(第3世代)」を付ける

1)だと当然NHKも映ります。これだと意味ないですね。

2)はちょっと複雑です。

チューナーレステレビにAmazonの「Fire TV」や「Fire TV Stick」を接続しただけでは、NHK今のところ映りません。

ただし、Tverのアプリをいれてしまうと、NHKが映ってしまいます

AmazonFire TVだと、NHK受信料はどうなる?

チューナーレステレビ+AmazonのFireTVの場合、NHKの受信料は発生するのでしょうか?

疑問は2つです。

(疑問1)チューナーレステレビ+AmazonのFire TV=NHKは映らない
→受信料は払わなくていい?

(疑問2)チューナーレステレビ+TVerのアプリ=NHKが映る
→受信料は発生する?

この2点について確認しようと、NHKの問い合わせ番号に電話をしました。

しかし、オペレーターがAmazonのFire TVを知らず、話がかみ合いませんでした。

  • テレビのチューナーを内蔵しておらず、インターネット経由
  • Amazonプライムで映画を見たり、Gyaoなどでドラマコンテンツを見る
  • その場合、NHKは映らないが受信料は支払わなくてよいか

何度も言い方を変えて伝えましたが、話が伝わらず。

「テレビチューナー内蔵のパソコンやスマートフォンは、受信料がかかります」と言われるので、

「チューナーを内蔵していないテレビだと、どうですか?」と尋ねる。

この繰り返しで、ここから話が進みませんでした。

お客様の個別の状況については、各都道府県のNHK営業窓口に問い合わせてください」と言われました。

チューナーレステレビで受信料がかかるか、条件は全国統一されていないのか尋ねましたが、「個別に営業部で対応します」とのこと。

NHKの受信料問い合わせ窓口では回答をもらえませんでした。

普通に考えれば、チューナーレスで、アンテナにも接続しないので、Amazon Fire TVに接続しただけでは受信料は発生しないと思うのですが、明確な回答は個別対応だそうです。

アプリの登録状態など、「個別の状況」によるかもしれませんので、詳細はお住まいのNHK営業部にお尋ねください。

テレビにNHKが映らなくなるフィルター「イラネッチケー」

「民放が普通に映って、NHKだけ映らないテレビが欲しい」と思う人は多いと思います。

NHKの電波だけを受信しないようにする「イラネッチケー」というフィルターがあります。

筑波大学の研究室が開発したそうです。

イラネッチケーはAmazonなどで販売しています

わたしが確認した時は、価格5378円でした。

これをテレビに取り付ければ、確かにNHKは映らなくなりそうですね。

ただし、この方法には注意点があります。

NHKが映らなくなっても、受信料の支払い義務が生じるかもしれないのです。

「NHKが映らないテレビ」の注意点

20206月の裁判で「NHKが映らないテレビは、受信料を支払う義務はない」と勝訴した原告の女性も、このイラネッチケーが付いたテレビでした。

しかし、イラネッチケーで気になるのは、裁判の争点。

イラネッチケーの裁判
  • イラネッチケーを付けたテレビで、NHKの受信料裁判は5件起きている
  • 5件の裁判のうち、3件はNHK勝訴。(1つ取り下げ)
  • 5件の裁判のうち、原告が勝ったのは今回(20206月地裁判決)だけ。

NHK3回勝訴したのは、「フィルターだから取り外せる」という理屈でした。

「NHKから国民を守る党」の立花氏は、敗訴しましたね。

今回、原告が勝訴したのは、裁判所が次の判断をしたからです。

今回の裁判の勝訴理由
  • 原告の女性はフィルターの付いたテレビを買った
  • 専門知識のない女性にはフィルターの取り外しは困難と判断

    個人的には、NHKが控訴した場合、この勝訴判決はくつがえるかもしれないと思っています。

    というのも、NHKは以前「イラネッチケーを溶接したテレビ」でも裁判に勝ってるんですね。

    溶接したフィルターって、簡単には外せないですよね。

    「専門知識がなければ、取り外しは困難」と似たような状況で、裁判所の判断が分かれてしまっているのが気になります。

    この原告勝訴もまだ地裁判決の段階です。

    NHKが控訴して高裁・最高裁まで裁判が進んだ時に、判決がくつがえる可能性もあります。

    そういう意味では、イラネッチケーでNHKが映らなくなっても、受信料を払わなくていいかというと、ビミョーかもしれません

    まとめ

    NHKが映らないテレビは、受信料を支払う義務はないという判決。

    NHKを見ない人からすると当然のようにも思えますよね。

    これだけ時代が変わってくると、NHKの在り方も変わるのが自然のようにも思います。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク