自民党の野田聖子の若い頃
スポンサーリンク

2020年現在、自民党には40人の女性議員が所属しています。

その中でも野田聖子さんは、大臣経験などが豊富で、過去に総裁選にも出馬するなどしています。

この記事では、野田聖子さんのプロフィールや経歴、若い頃の画像をまとめています。

スポンサーリンク

野田聖子のwikiプロフィール

野田聖子のプロフィール
  • 氏名:野田聖子(のだ せいこ)

  • 生年月日:1960年9月3日
    (2020年9月末現在60歳)

  • 出身地:福岡県北九州市

  • 現住所:岐阜県岐阜市

  • 出身大学:上智大学外国語学部

  • 前職:帝国ホテル

  • 趣味:読書、音楽鑑賞、カラオケ、パソコン 

野田聖子さんは、子どもの頃から男勝りな性格だったそうです。

愛読書は『巨人の星』だったそうなので、スポ根ものが好きなんですね。

QUEENの大ファンで、学生時代はロックバンドもやっていたそうです。

田園調布雙葉高等学校を中退して、渡米し、ミシガン州のジョーンズヴィル・ハイスクールを卒業。

上智大学の外国語学部比較文化学科に入学しています。

大学卒業後は、帝国ホテルに入社

フロント業務や国際セールス部員として勤めていました。

当時の帝国ホテルの伝統で、トイレ掃除は素手でやっていたそうです。

1984年に祖母が亡くなった折、野田聖子さんは祖父の養子となっています。

野田聖子さんの祖父は、建設大臣などを務めた野田卯一氏。

祖父の地盤を引き継いだ形ですね。

そして1987年に、史上最年少の26歳で岐阜県議員に当選。

1990年の衆院選では落選しましたが、1993年の衆院選に当選します。

その後は、1998年に郵政大臣、2008年に内閣府特命担当大臣、2017年に総務大臣、2018年に予算院長などを務めています。

日本初の内閣総理大臣が生まれるとしたら、野田聖子さんが筆頭候補者ではないでしょうか。

スポンサーリンク

【写真】野田聖子の若い頃がかわいい!

1987年に26歳という若さで、岐阜県の県議員となった野田聖子さん。

当時の選挙ポスターの画像があります。

自民党の野田聖子の若い頃

肌がツヤツヤで、目力がハンパないですね!

顔つきからして、26歳とは思えない落ち着きが感じられますが、やっぱり初々しくて、かわいらしさもありますね。

自民党の野田聖子の若い頃

上の写真は、野田聖子さんが郵政大臣に就任した時の、記念のテレフォンカード。

下の2つの写真も、郵政大臣に就任したころのもの。

いかにもキャリアウーマンという印象です。

この頃は、今と比べてだいぶ痩せていますね。

自民党の野田聖子の若い頃

自民党の野田聖子の若い頃

下の写真は、個人的に一番好きな写真です。

キャビンアテンダントみたいで、おきれいですよね。

この頃は、ご自身の不妊治療体験から、少子化対策・男女共同参画や、夫婦別姓など、女性視点の政策を展開していた頃ですね。

自民党の野田聖子の若い頃

下の写真は、40代半ばですね。

少し顔がふっくらした印象です。

前髪のカール具合は、20代の頃と同じですね。

このスタイリングがお好きなんでしょうね。

自民党の野田聖子の若い頃

2018年から2019年にかけては、衆議院予算委員長。

2019年9月からは、自民党の政治制度改革実行本部長を務めている野田聖子さん。

2020年9月には、新政権が誕生しますが、また大臣に就任されるかもしれませんね。

今後も日本のために、特に女性のための政策をどんどん推進していってほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

野田聖子さんのプロフィールや、若い頃の画像を紹介しました。

2020年には還暦となる野田聖子さん。

政治家人生を振り返りつつ、今後も日本が良くなるよう尽力していただきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク