book2

読書好きなら、一度は参加してみたい読書会。

大きな都市には複数ありますが、お住まいの地域で開催していないという人もいるかもしれません。

そういう場合は、「自分で読書会を主宰する」といいかもしれませんね。

今日は、「読書会を主宰してみたいけれど、やり方が分からない」という人のために、読書会主催歴4年のマッキーが、人が集まる読書会のやり方や、効果的な集客方法をご紹介します。

スポンサーリンク

人が集まる読書会とは?

ここでは「人が集まりやすい」=「常連も初参加者もどちらも多い」と定義しておきますね。

そういう意味で人が集まりやすい読書会は、次の項目を満たしています。

  • 会の雰囲気がよく分かるホームページがある
  • フレンドリーでオープンな雰囲気

  • 課題本が難しすぎない
  • 開催場所のアクセスが良い
  • 参加しやすい曜日や時間帯に開催している
スポンサーリンク

主催者の人柄が、そのまま読書会の雰囲気になる

読書会に来てくれる人(特に初参加者)が一番気になるのは、読書会の雰囲気です。

基本的にみなさん一人で参加されます(友達連れではない)。

なので、人見知りしやすい方は「常連さんばかりだったら入っていきにくいな」と心配しますし、社交的な人でも「どんな人たちが集まる、どんな感じの会なんだろう」と気にします。

そして、主催者の人となりが、そのまま読書会の雰囲気になっていきます。

マッキーは、自分で読書会を主宰する前に、やり方の勉強がてら、いくつかの読書会に参加しました。

学校の先生が主催している読書会は、年配の常連さんが多く、堅めの雰囲気で、課題本もどちらかというと難解な本でしたが、進行や説明が非常に手際よく明快でした(何しろ国語の先生だから)。

ちょっと授業っぽい感じはありましたが、課題本をとても深く理解することができました。

一方、20代のサラリーマン男性が主催している読書会は、参加者のほとんどが20代~30代。

サークル的感覚が強く、読書会以外でも、ホームパーティや飲み会がひんぱんにあり、参加者同士の交流を深めていました。

このように、読書会にはそれぞれ個性があります。

そしてそれは主催者に負うところが大きいです。

つまりは「類は友を呼ぶ」という感じで、参加者の傾向がつくられ、会の雰囲気が出来上がっていくんですね。

読書会を半年以上やると、常連さんも出てきます。

「常連さんばかりの読書会」になるか、「初参加の人も毎回いる読書会」になるかは、主催者によります。

どちらが良い、悪いというわけではありません。

主催者のあなたはどちらがいいか、ということです。

読書会を始めたら、なるべく早いうちにどちらを目指すのか、会の方向性を考えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

人が集まる読書会のやり方

このブログでは、「常連も初参加の人もいる読書会」をつくることを前提として、やり方をご紹介します。

主催者が心掛けたいこと

人が集まる読書会にするために、主催者が忘れてはいけないこと、やらなくてはいけないことがあります。

一言で言うと、「参加者が安心して楽しめる場をつくる努力をする」ということです。

具体的に言うと、次のようなことです。

●トラブルの予防策を考えておく

 読書会にはいろんな人が来ます。中には販売や勧誘目的の人が来る場合もあります。

 「販売や勧誘目的の方の参加はお断りしています」というルールは最初に作っておきましょう。

 そういう人の参加を予防できますし、他の参加者も安心できます。

なお、このルールを明記しておいたにも関わらず、マッキー主催の読書会では、自分の電子書籍を売り込みに来た人がいました。

そういう場合にどうするかというのも事前に考えておくと、自分も慌てずに済みますよ。

●参加者に気分良く話してもらう

個人が主催する読書会の場合、主催者=ファシリテーターです。

リピーターになってもらうために、一番大切なことは、参加者に「気分よく話せた。言いたいことを、しっかり聞いてもらえた」という実感をもってもらうことです。

そのためにファシリテーターがまずやらなくてはいけないことは、「ファシリテーターが参加者の話の腰を折ったり、一人でしゃべり過ぎない」ことです。

また、「ずっとしゃべり続ける人」と「ほとんど何も話さない人」の偏りをなくすことも大切です。

人の話を遮らないよう気をつけながら、適宜、あまり話していない参加者に話を振りましょう

このように、「安心して楽しめる読書会」に、「トラブルがない」「参加者が気分よく話せる」環境は最低限必要です。

どんな読書会にしたいか考える

どんな読書会にしたいか、だいたいの内容を考えておきましょう。

形式

スタンダードな形式は、「オススメの本を1冊持ち寄って紹介し合う」タイプと、「事前に課題本を読んで、感想を言い合う」タイプです。

参加しやすいのは、「オススメ本を持ち寄る」方法です。

「“春”をテーマにした本」「恋愛小説」など、テーマやジャンルを決める方法もあります。

ちなみにマッキーは、最初の1年くらいは「オススメ本」形式でやり。常連さんが増えてから、3か月に1回は「課題図書」も取り入れました。

条件

読書会の中には、「30代限定」や「ビジネス読書会」など、年代やジャンルを限定しているところもあります。

読書会を始めると、途中で条件を変えることは難しいです。

条件をつけるかどうかは、最初に考えておきましょう。

読書会の規模

読書会の規模をどのくらいまで大きくしたいか、考えておきましょう。

これによって、開催場所も絞られてきます。

読書会を最もやりやすい人数は、1グループ6人~8人です。(最小3人、最大10人程度)

参加者が気分よく話すためにも、これ以上人数が増える場合は、複数グループに分けた方が無難です。

2グループ以上に分ける場合は、その分ファシリテーターも増やす必要があります。

「できる限り読書会を大きくしたい」という考えも良いと思います。

その場合は、途中で開催場所を変更しなければならなくなるかもしれません。そのデメリットは考えておきましょう。

定期的に開催できる場所の選び方

 読書会は、カフェや会議室で行われるのが一般的です。

場所メリットデメリット

カフェ

・場所が分かりやすい

・オープンな空間なので、初参加の人も安心できる

曜日や時間帯によっては、場所取りが難しい
会議室

静かなので気が散らない

事前予約が必要で、費用もかかる

読書会を開催する場所は、いつも同じところがベストです。

参加者が増えても変えなくていいように、なるべく広い場所を探しておきしょう。

なお、10人程度の読書会を開く場合、以下の条件を満たすカフェ(チェーン店がベター)が良いと思います。

・駅が近くアクセス良好

60席以上

読書会は90分~2時間くらい行うのが一般的です。

お店の迷惑にならないようにしましょう。

最初に店長さんに相談しておくと、トラブルも予防できます。

小さなカフェを一部貸し切りたい場合は、必ずお店の人の許可をとりましょう。

読書会のベストな曜日と時間帯は?

読書会は、90分~2時間くらいが疲れずに楽しめます。

平日の夜か、土日の午前or午後早めの時間帯にやるところが多いです。

ただ、平日夜だと、残業で当日参加できなくなる人もいます。

より多くの人を集めたいなら、日曜日の午前中が一番おすすめです。

友達に手伝ってもらおう

自分で読書会を立ち上げようとする時、友達や家族に手伝ってくれそうな人がいたら、声をかけてみましょう。

読書会は、複数の人がいないとできません。

ホームページを作って参加者を募集しても、最初の数か月は人が集まりにくいです。

読書会に来てくれた人も、「申し込んでみたら、主催者と自分しかいなかった」となると、ちょっとやりにくいですよね。

人が安定的に来てくれるようになるまでの数か月間だけでも、サポートしてくれる人がいると大助かりです。

マッキーは、読書会当日に電車が止まってしまい、開催時間ギリギリに着いたことがあります。

その時は一緒に運営してくれる友達が、マッキーが着くまで参加者の対応をしてくれたので、とても助かりました。

スポンサーリンク

効果的な集客方法:ホームページを作ろう

初めて読書会に参加する人は、「雰囲気はどんな感じかな」とか「どんな人が来るんだろう」とか、いろいろと不安を抱えています。

気軽に安心して参加申し込みができるように、読書会をホームページを作りましょう。

Jimdowixなら無料で簡単に作れます。

サイト立ち上げの知識がある人はwordpressだと充実したホームページが作れると思います。

ホームページのタイトル

タイトルには必ず「読書会」と「〇〇市(開催する市町村名)」を入れましょう。

これが入っていないと、インターネットで検索しても上位表示は難しいです。

読書会に興味がある人は、「町の名前+読書会」で検索します。

あなたのホームページがすぐ見つけられるようにしておきましょう。

ホームページに書くべきこと

ホームページには、次のメニュー項目を作りましょう。

主催者プロフィール

参加者からすると、主催者がどんな人かは、とても気になるところです。

年代や性別、職業、読書以外の趣味など書いておくといいと思います。

必須ではありませんが、顔写真を載せると、参加者は安心できます。

開催告知

開催日時や場所をお知らせするページです。

条件やルールがあれば、ここに明記しておきましょう。

ただし、ルールが多いと窮屈な印象を与えるので、2~3つくらいにしましょう。

開催レポート

読書会の雰囲気が分かるような写真があるとベストです。

また読書会でどんな本が紹介されたか記載しておくと、参考にしやすいです。

会がどのように進行していくのか、状況も書いておくと、初参加の人に親切でしょう。

申し込み・お問い合わせ

ホームページから申し込めるように、フォームを作っておきましょう。

フォームを作ったら、ちゃんと申し込みができるかテストすることも忘れずに。

ホームページを作ったら、必ずやるべきこと

ホームページを作ったら、googleのアカウントを取って、google search console にサイト登録しましょう。

作ったばかりのホームページは、検索してもネット上にすぐには表示されません。

作ったホームページや記事が、早目に表示されるようにしましょう。 

マッキーはこの方法を知らなかったために、3か月ほど集客できませんでした。

早く人を集められるよう、必ずサイト登録しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今日は、「自分で読書会を主宰したいけれど、やり方が分からない」人のために、「人が集まる読書会のやり方」をご紹介しました。

地方には、「参加したいけど、読書会がない」というところもありますよね。

そういうときは、気の合う友達と一緒に、自分で読書会を主宰するのも一つの方法です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク