TV
スポンサーリンク

2020年6月からドラマ「探偵・由利麟太郎」が始まりました。

主人公を演じる吉川晃司さんがカッコイイと評判です。                             

全体的にクラシカルな雰囲気のドラマですが、由利麟太郎が劇中で乗っている車や、第1話のロケ地、原作について解説します。

スポンサーリンク

探偵・由利麟太郎が乗っている車の車種は?

https://www.instagram.com/p/CA1eAsKjhs3/?utm_source=ig_web_copy_link

由利麟太郎が乗っているのは、1949年型のフォード・カスタム、4ドアセダンですね。

黒に見えますが、濃い青らしいです。

1949年型フォードは、発売当時のアメリカでは売上No1の車で、11万台売れました。

ボディバリエーションとして、2ドア・クーペはネット上でも割と見かけるように思います。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の12では、クーペが出てましたね。

1955年のヒル・バレーの中央広場の路上に停まってます。

当時はそれくらい、フォードは人気だったんですね!

由利麟太郎を演じる吉川晃司さんは182センチと長身なので、ビートルやフィアットなどの「かわいい」タイプのものより、やはりアメリカ車のセダンの方が「かっこいい」雰囲気に合っているように思います。

それにしても劇中のフォードは、1949年型にしては非常に保存状態が良かったですね。

スポンサーリンク

第1話のロケ地はどこ?

ロケは京都メインで、神戸や大阪でも行ったようです。

由利麟太郎が弓道をしていた神社

https://www.instagram.com/p/CAyuY4HDDJq/?utm_source=ig_web_copy_link

吉川晃司さんがロングコートを着て、弓道をしていたシーン。

背筋がピンと伸びて、とてもカッコよく印象的でしたね!

ロケ地は、京都府向日市の向日(むこう)神社

奈良時代の718年建立の重要文化財です。

向日神社

所在地:京都府向日市向日町北山65
電話:075-921-0217
アクセス:阪急京都線・西向日駅(徒歩10分)

助手・三津木くんがいた出版社

https://www.instagram.com/p/CA4d6k6jExH/?utm_source=ig_web_copy_link

ドラマ冒頭で、助手の三津木くんがパソコンに向かっているオフィスは、京都市の出版社Leafだったそうです。

自分の職場がロケ地になったら、すごいですね。

三津木くんがバイクで走っていた場所

https://www.instagram.com/p/CArd2CAgr-y/?utm_source=ig_web_copy_link

第1話では、三津木くんがバイクで京都市内を走るシーンが結構出てきます。

ただバイクで走るだけでも風情がありますね!

  • 妙心寺(右京区花園)
  • 興正寺(下京区 七条上ル花園町)
  • 和菓子屋の亀屋陸奥(下京区西中筋町)
  • 万寿寺橋(下京区西橋詰町)

この辺りを走っていたようです。

バイクで小さな橋を渡ってましたが、万寿寺橋ですね。

鴨川と並行して流れている高瀬川にかかっています。

地下鉄だと清水五条駅が最寄り駅です。

スポンサーリンク

由利麟太郎の住む骨董品屋

菅大臣天満宮の北側鳥居の脇にある、京町家がロケ地です。

屋根に風神・雷神と猫の置物が乗っています!

ランプフードに「風雷房」と書いてあるのが目印です。

菅大臣天満宮

所在地:京都府京都市下京区菅大臣町187
電話:075-343-2968
アクセス:地下鉄 四条烏丸駅(徒歩約5分)

日下博士のお屋敷

https://www.instagram.com/p/CBf2b2hJpJJ/?utm_source=ig_web_copy_link

日下博士のお屋敷は、和洋折衷のクラシックな洋館でしたね!

こちらは、神戸市の旧乾邸

建物すべてと庭の一部が、神戸市指定有形文化財になっているそうです。

旧乾邸

所在地:兵庫県神戸市東灘区住吉山手5-1-30
アクセス:阪急御影駅(徒歩約10分)

※常時公開していません

日下博士の研究室

隠し部屋があり、髑髏とか色々恐ろしげな物が置いてあった、日下博士の研究室は、大阪の瓶井学園がロケ地。

日本メディカル福祉専門学校の臨床工学科で撮影したそうです。

撮影には実習機材が役立ったそうですよ。

由利麟太郎が行ったお蕎麦屋

由利麟太郎が京都名物・にしん蕎麦を食べていたお店は、中央区の「生蕎麦やっこ」

昭和5年創業の老舗お蕎麦屋さんで、名物は「キーシマ」と呼ばれるかけそば。

キーシマは、「黄色いかけそば」という意味だそうで、中華麺だそうです。

生蕎麦やっこ
所在地:京都府京都市中京区 室町東入冷泉町76
電話:075-231-1522
アクセス:地下鉄烏丸線「丸太町」駅(徒歩5分)
定休日:日曜・祝日・年末年始

ラストの逮捕現場

ラストの真犯人が逮捕された場所は、嵯峨野にある愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)

秋は紅葉の穴場スポット。奥嵯峨野のひっそりとした場所にあるため、あまり混まないそうです。

本堂と千手観音像が国の重要文化財に指定。

敷地内に所狭しと並ぶ1200体の阿羅漢(石仏)も見どころです。ゆるキャラ風の阿羅漢さまもいらっしゃるそうですよ。

愛宕念仏寺

所在地:京都府京都市右京区嵯峨鳥居本深谷町2-5
電話:075-865-1231
アクセス:嵐山バス停から乗り、「愛宕寺前」下車。(62、64、72、74系統乗車約9分)


探偵・由利麟太郎の第1話の原作は?

横溝正史の『花髑髏』ですね!

昭和11年頃に書かれた推理小説です。

横溝正史というと、やはり金田一耕助シリーズが一番よく知られているのではないでしょうか。

「八つ墓村」「犬神家の一族」は映画化もされてますが、かなり怖くてドキドキしながら観た覚えがあります。

それと比較すると、由利麟太郎のドラマは都会感とクラシックな雰囲気のあいまった、おしゃれでカッコイイ印象が強いです。

原作とドラマの世界観の違いなど、興味ある人は読んでみてください!

スポンサーリンク

まとめ

ロケ地は、重要文化財に指定されていたり、老舗のお店だったりと、やはり伝統のある場所が多かったですね。

このクラシックなテイストは、第2話以降も続くと思われます。

由利先生と三津木くんの活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク