東京オリンピック2020

シンクロナイズドスイミングの銅メダリストの小谷実可子さんは、英語がペラペラだそうです。

この記事では、小谷実可子さん

  • 英語をペラペラ話せるのはなぜ?
  • オリンピック組織委員会の会長候補にあがってるのはなぜ?
  • 小谷実可子さんのwikiプロフィール

について、まとめました。

スポンサーリンク

小谷実可子が英語ペラペラな理由はなぜ?

20212月、オリンピック組織委員会の森会長の辞任にともない、後任候補として小谷実可子さんの名前があがっています。

理由のひとつは、小谷実可子さんが英語がペラペラだからというもの。

小谷実可子さんは、どれくらい英語を話せるのでしょう。

小谷実可子さんは、2013年にIOCの総会で東京オリンピック誘致のプレゼンをしています。

航空機のキャビンアテンダントみたいな発音ですね!

プレゼンなので、もちろん原稿を暗誦しているのでしょうが、聞きやすい英語です。

小谷実可子さんは、なぜ英語がペラペラなのでしょう。

実はシンクロナイズドスイミングで、高校時代にアメリカへ留学しているからなのです。

ノースゲート・ハイスクールへ留学し、当時アメリカのナショナルチームを率いていたゲル・エメリー氏からシンクロの指導を受けています。

通りで英語がペラペラなはずですね。

スポンサーリンク

小谷実可子が会長候補になった理由はなぜ?

20212月に森会長が辞任し、後任候補だった川淵三郎氏にほぼ決まりかけました。

しかし、辞任する会長が後任を指名するのは不適切として、白紙に戻ることに。

再び後任を選ぶ段階で、小谷実可子さんの名前があがったのはなぜでしょう?

理由としては、以下が考えられます。

  • オリンピックメダリストで知名度抜群
  • 英語が話せる国際派
  • 女性リーダーとしてのイメージが良い
  • 54歳と若い
  • 男女平等や多様性に対して意識が高い
  • オリンピック組織委員会のスポーツディレクター職
  • 日本オリンピック委員会(JOC)の理事
  • 政治色がない

小谷実可子さんは、すでに組織委員会のスポーツディレクター

IOCや国際競技連盟などの調整窓口の仕事をしています。

つまり、海外とのパイプももっているということ。

いわば、オリンピック組織委員会の関係者であるため、「何も分からない状態」ではないというのは、大きいですよね。

小谷実可子さんが会長になると、日本のオリンピック組織委員会のイメージはガラリと変わるでしょう。

小谷実可子のwikiプロフィール

小谷実可子のwikiプロフィール
  • 氏名:小谷実可子(こたに・みかこ)※旧姓を使用
  • 本名:杉浦実可子(すぎうら・みかこ)
  • 生年月日:1966830
  • 出身地:東京都
  • 出身校:日本大学文理学部
  • 所属事務所:スポーツビズ

小学生のころから、シンクロナイズドスイミングを始めた小谷実可子さん。

1978年には日本代表として、カナダ年齢別選手権大会に出場。

ソロとデュエットでともに3位入賞します。

高校生となった1982年には、アメリカのノースゲート・ハイスクールへ留学

1985年にはパンパシフィック水泳選手権で、ソロ2位、デュエット優勝の快挙を成し遂げます。

1988年のソウルオリンピックの開会式では、日本選手団の旗手を務めました。

競技でも、ソロ。デュエットともに銅メダルを獲得。

1991年に休養宣言したものの、1992バルセロナオリンピック前に復帰しました。

日本代表には選出されたものの、予定が変更され、出番がなく出場できないままオリンピックが終了。

バルセロナオリンピックが終わると、現役引退しました。

その後は、スポーツコメンテーターや、オリンピックの各組織の委員を経験。

現役時代も引退後も、小谷実可子さんはオリンピックに深く関わってきました。

オリンピック組織委員会会長に選任されると、旧体制の日本のオリンピック業界に、新しい風が吹き込みそうですね。

スポンサーリンク

小谷実可子が英語ペラペラな理由まとめ

20212月のオリンピック組織委員会の会長交代劇で、会長候補として名前のあがった小谷実可子さん。

  • 英語がペラペラなのは、高校時代にアメリカ留学していたから
  • 会長候補にあがったのは、知名度の高い国際派で、若い女性リーダーで、海外にパイプをもつオリンピック組織委員会のスポーツディレクター職だから

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク