海とヨット
スポンサーリンク

ヨット(セーリング)の競技を見ていると、向かい風でも前に進んでますよね。

エンジンやモーターがないのに、なぜ向かい風に逆らって前に進めるんでしょう?

模型のヨットを使った動画で、分かりやすく解説します!

スポンサーリンク

向かい風でヨットが前に進むのは何故?

ヨットの模型を使った実験の動画を、まずご覧ください。

すごく分かりやすい実験でしたね!

ジグザグに進むって、意外でした。

なぜヨットは向かい風でも前に進めるのか、というと揚力を使うからです。

揚力で一番よく知られているのは、飛行機。

飛行機も滑走路を走って、向かい風を起こして離陸します。

飛行機の翼に揚力がかかると、機体が浮き上がるんですね。

スプーンと水道を使って揚力の実験をした動画があります。

画像が右90度に傾いていますが、水を風、スプーンを飛行機の翼と思ってください。

水道から水が出ると、スプーンは丸くなっている方に引っ張られます。

これが揚力です。

湾曲している方と、へこんでいる方では、水の流れ方が違います。

水の流れ方が違うと、気圧も変わります。

この気圧差で揚力が発生するんですね。

湾曲している方向に、引っ張られ、浮きます。

これが揚力です。

ヨットもこの揚力を使い、ヨットを45度に傾けることで推進力を得て、風上に走ります。

向かい風で前に進むって、おもしろいですね!

スポンサーリンク

まとめ

向かい風に逆らって、ヨットはどうやって前に進むのか、その仕組みを解説しました。

知らないと不思議ですが、理屈は飛行機と同じなんですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク