『岸辺露伴は動かない』のタイトル画像
スポンサーリンク

漫画・アニメ・ドラマで人気の『岸辺露伴は動かない』の「ザ・ラン」には、モデルの橋本陽馬が登場します。

橋本陽馬と露伴が、ランニングマシンでトライアルゲームをしましたね。

露伴は、ヘブンズドアーを使って、勝負には負けたものの窓から落ちずに済みました。

「橋本陽馬は、最後は死んだの?」

「橋本陽馬は、なぜ窓を割ったの?」

と、少し分かりにくかったですね。

この記事では

  • 橋本陽馬は死亡した?
  • 橋本陽馬が窓を割った理由は?

について、解説と考察をまとめました。

なお、この記事は原作漫画を元に考察・解説しています。

実写ドラマは、脚本が変わっている場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク

【岸辺露伴は動かない・解説】橋本陽馬は最後に死亡した?

橋本陽馬は死んでない

結論から言うと、橋本陽馬は死んでいません

ヒントは岸辺露伴のセリフですね。

間違いなく「陽馬」は下にすでにいない

もしくはどこか壁にしがみついている(中略)

もし上から見下すように窓からのぞいたら僕はたぶん「彼」に殺されるだろう

引用:『岸辺露伴は動かない』2巻

露伴のセリフから、陽馬が死んでいないことが分かります。

「ここから逃げなくては」と焦っていたので、また8階のジムに上がってくる可能性があったのでしょう。

橋本陽馬はなぜ死亡しなかった?

ビルの8階から落ちても、橋本陽馬が死ななかったのは、「神の化身」だからです。

橋本陽馬自身は、普通の人間です。

しかしヘルメス神に憑りつかれている間は、死なないと考えられます。

露伴は「下にすでにない。もしくはしがみついてる」と思っていました。

ヘルメス神は伝達の神様なので、情報をすぐ伝えられるように、翼のはえたサンダルを履いています。

つまりは飛べるのです。

橋本陽馬も、足のくるぶしの上に翼の形の筋肉がありましたね。

なので、8階から落ちても死なないのですね。

橋本陽馬の正体については、別の記事にまとめたのでご参照ください。

スポンサーリンク

【岸辺露伴は動かない・考察】橋本陽馬はなぜ窓を割った?

「ザ・ラン」で一番分かりにくいのは、「なぜ橋本陽馬は、窓を割ったの?」というところでしょう。

理由について考察しました。

窓を割ったのは曖昧さを回避するため

橋本陽馬が窓を割った理由は、「割った結果どうなったか」から考えると、理解できるように思います。

  • トレッドミルが止まらなかった陽馬は、窓から落ちた
  • トレッドミルが止まった露伴は、落ちなかった

ということから、ゲームに負けた方が窓から落ちるようにしたくて、窓を割ったのでしょう。

しかし、露伴がヘブンズドアーに書き込みをしたため、勝った陽馬が落ちてしまいました。

また、陽馬は、単に露伴を殺したくて窓を割ったわけではないでしょう。

橋本陽馬が窓を割ったのは、「あいまいさを回避するため」だと思います。

1回目のトライアルゲームの時は、タッチミスくらいの接戦でした。

2人はほぼ同時にリモコンに手を出しましたね。

岸辺露伴は、一度テーブルを叩いて、振動でリモコンが自分の方に倒れるようにしました

橋本陽馬は、微妙な状況だったと不満をもっていました。

「あいまいさは勝敗ではない。今回はそういうわけにはいかないからな」

「勝ち負けには公正さが必要だ」

あいまいさを排除し、公正なゲームにこだわりました。

橋本陽馬が窓を割った後、窓に吸い込まれるように、タオルが飛んでいきましたね。

タオルは、「窓から外に飛ばされる」という伏線です。

負けた方が窓から落ちる、というのは明確で分かりやすいです。

窓から落ちる・落ちないにあいまいさはありません。

「ほんとは僕がリモコン取れたはずなのに、運悪く指が当たっちゃって、取られちゃった」

みたいなあいまいさはありませんよね。

いやいや、トレッドミルが止まる・止まらないというのは明確で分かりやすいでしょ、と普通は思いますよね。

けれど、橋本陽馬はちょっとしたことで人を殺すようなヤバい人物です。

「負けた方が窓から落ちる」という激しい白黒のつけ方をしたかったのではないでしょうか。

あいまいな勝負ではなく、はっきりした勝負をつけたかったのでしょう。

それを「公正」と考えるぶっ飛び方は、いかにもジョジョっぽい気がします。

橋本陽馬がバック走したのはなぜ?

橋本陽馬が後ろ向きに走り出した時、露伴は「何で?」と驚いていました。

陽馬がバック走したのは、窓を割るためでしたね。

ここら辺から露伴が、橋本陽馬のヤバさに気づいて必死になるという展開でした。

あれだけ大きな音がしたのに、ジムの人が誰も来ないのが、さらに恐ろしいですよね。

リタイアしようとした露伴は、指を2本折られてしまいます。

『岸辺露伴は動かない』には、自力でなんとかしなければならない話が多いように思います。

そういう時に、ヘブンズドアーというスタンドは、便利で最強という感じがありますね。


スポンサーリンク

『岸辺露伴は動かない』をお得に観る方法は?

『岸辺露伴は動かない』をお得に観る方法を調べました。

お得に観る方法は3つあります。

  1. NHKプラス(7日間の見逃し配信)
  2. U-NEXTでNHKオンデマンドを観る(ポイント使用)
  3. TSUTAYA DISCASの定額8プラン

それぞれのサービス内容を紹介します。

本ページの情報は、2021年12月現在です。最新情報は、各公式サイトでご確認ください。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間
TSUTAYA DISCAS2,052円30日間

NHKプラス(7日間の見逃し配信)

NHKプラスでは、NHKの番組を放送開始後の7日間、無料で配信しています。

いわゆる「見逃し配信」ですね。

「うっかり見逃した!」という場合に、とても便利なサービスです。

しかし、放送日から7日間だけの期間限定です。

U-NEXTでポイントを使用する

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

2021年12月現在、U-NEXTでは『岸辺露伴は動かない』の

  • 実写ドラマを配信(有料・220本)
  • アニメ配信はなし
  • 漫画(有料・480円)

という状況です。

\31日間無料/

TSUTAYA DISCASの定額8プラン

TSUTAYA DISCASの定額8プランは、配信サービスではなく、DVDレンタルです。

  • 宅配レンタルで、入会金・送料・延滞金は無料
  • 返却はポスト投函
  • 30日間の無料期間あり
  • 月間レンタル枚数:最大8枚 
  • 「まだまだ話題作」「旧作」DVDとCDは月間8枚の制限なし

2021年12月現在、『岸辺露伴は動かない』の

  • 実写ドラマのDVD
  • アニメのDVD

がレンタル可能です。

\30日間無料/

スポンサーリンク

【岸辺露伴は動かない・考察】橋本陽馬の死亡と窓を割った理由まとめ

『岸辺露伴は動かない』の「ザ・ラン」は、ラストが少し分かりにくかったですね。

まとめ
  • 橋本陽馬は、神の化身なので8階から落ちても死なない
  • 橋本陽馬が窓を割った理由は、あいまいな勝負ではなく明確な勝負をつけたかったから
  • 橋本陽馬が後ろ向きに走ったのは、窓を割るため
スポンサーリンク
スポンサーリンク