映画『マスク』タイトル
スポンサーリンク

コメディ映画『マスク』では、主人公のスタンリー・イプキスが犬を飼ってます。

飼い主を助ける賢い犬なので、「何ていう犬種なの?」と気になった人も多いでしょう。

この記事では

・犬種と名前は?

・演じた犬の裏話(ギャラや年齢など)

・犬はまだ生きてる?

について、まとめました。

スポンサーリンク

『マスク』の犬の犬種と名前は?

名前はマイロ

映画『マスク』で、主人公のスタンリー・イプキスが飼っている犬の名前は、マイロです。

・フリスビーが好きでジャンプが得意

・飼い主思いの忠犬

・賢く飼い主を助ける

スタンリーを助けようと奮闘する姿が、かわいいですね!

犬種はジャック・ラッセル・テリア

マイロの犬種は、ジャック・ラッセル・テリアです。

ジャック・ラッセル・テリアの特徴をまとめました。

ジャックラッセルテリアの特徴

・イギリス生まれの猟犬

・体高は25~30cm


・頑固で負けず嫌い


・好奇心が強く賢い


・猟犬で吠えるので、しつけは難しい


・短毛、長毛、ミックスと毛の長さは3種類


・毛は白が多いほど良いとされる


・パワフルで体力があるので、運動がたくさん必要


・運動量が足りないと、ストレスで攻撃的になる

マイロは、短毛で白毛が多いテリアでしたね。

映画の脚本上、ジャンプが得意な小型犬ということで、ジャック・ラッセル・テリアが選ばれたのかもと思いました。

マイロを演じた犬のギャラがすごい!

マイロを演じたジャック・ラッセル・テリアの名前は、マックス

マックスの飼い主であるジョー・マッカーターさんは、動物の調教師です。

マックスがマイロ役のオーディションを受けたのは、5歳の時。

ラッセル監督は、

・マックス

・コーギー犬


・スコティッシュテリア

の3匹のうちどれにするかで、迷ったそう。

この時、マックスは他の映画に出演することが決まっていました。

競合映画とかぶってしまうと思い、いったんは候補から外されたようです。

しかし、「最も遊び心があり、活気に満ちていた」という理由で、最終的にマックスに決まります。

マックスは、週給2000ドルだったそう。

1994年は1ドル102円なので、約20万円ですね。

おやつにイチジクのクッキーをもらったりしていたそう。

そして、ハリウッドでの初演時は、リムジンで送迎されたのだとか。

さすがハリウッド、スターは犬でも扱いが違うようです。

マイロはまだ生きてる?

ジャック・ラッセル・テリアの寿命は、13~16年です。

1994年時点で、マックスは5歳でした。

2000年代には死んだと思われます。

『マスク』に出演していた頃、マックスには生後5か月の子供たちがいたそうなので、子孫はいそうですね。

スポンサーリンク

『マスク2』を無料視聴する方法は?

映画『マスク』には、続編の『マスク2』もあります!

2022年9月15日現在、無料視聴できる動画配信サービスは、以下がオススメです。

サービス名月額料金無料期間特徴
U-NEXT2189円31日間配信数が
業界最多
Hulu1026円2週間追加課金なし
日テレ系
おすすめポイント

・たくさん映画を観たいならU-NEXT

・料金が安い方がいいならHulu

\ポイントも付く/

\2週間無料/

※本記事の情報は、2022年9月15日現在です。
 最新情報は、公式ホームページをご覧ください。

スポンサーリンク

『マスク』の犬の犬種と名前まとめ

まとめ

・映画『マスク』で主人公が飼っていた犬の名前は、マイロ

・マイロの犬種は、ジャック・ラッセル・テリア


・マイロを演じた犬の名前は、マックス


・映画出演時、マックスは5歳だった


・マックスは、週給2000ドルだった

スポンサーリンク
スポンサーリンク