【プラダを着た悪魔】アンディと彼氏の結末
スポンサーリンク

若い女性を中心に人気の映画『プラダを着た悪魔』。

ネットを見ると、アン・ハサウェイ演じるアンディには共感しつつも、恋人のネイトには疑問や違和感を持つ人も多いようです。

この記事では

  • 一生懸命働くアンディに、彼氏が「誠実に働いていない」と怒ったのは何故?

  • ラストで、結局アンディと彼氏はよりを戻したのか?分かれたのか?

  • 原作と映画で、二人の関係の結末は少し違う

ということについて、まとめました。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔】人によってネイトの評価は大きく違う


ネットを見ると、アン・ハサウェイ演じる主人公のアンディは、「かわいい」というのが一般的な評価のようです。

一方で、恋人のネイトは、人によって評価が大きく違います

賛否両論をTwitterで見てみましょう。

ネイトを「誠実」「良い人」と肯定的に評価する人もいますね。

逆に「仕事と自分」を天秤にかけさせる面倒くさい恋人、というふうにネイトをとらえる人もいるようです。

ネイトをどう評価するかで、映画の解釈は違ったものになるでしょう。

【プラダを着た悪魔】彼氏がアンディに怒った理由

アンディは一生懸命働いているのに、ネイトが「誠実に仕事をするなら、君がストリッパーでも構わない」と言った意味が分からないという声も、ネットでいくつか見かけました。

他にも、「ラストで、ネイトはボストンに引っ越すのに、アンディはニューヨークで面接を受けてて、結局あの二人はよりを戻したの?」という疑問をもってる人もいるようです。

ひとつずつ解説していきますね。

『プラダを着た悪魔』は、最後のほうが話の展開が速いので、ちょっと分かりにくいところがあります。

アンディとミランダの謎については、別の記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔・解説】彼氏がアンディに「誠実じゃない」と怒った理由はなぜ?

パリに行くのはエミリーではなくアンディになった時、アンディとネイトが口論になって、そのまま別れてしまうシーンがありますね。

【プラダを着た悪魔】彼氏がアンディに怒った理由

その時、ネイトは「誠実に仕事するなら、君がストリッパーでも構わないさ」と怒ります。

ミランダの無茶ぶりに振り回されながら、懸命に働くアンディに共感していると、「頑張って働いてるのに!」と言いたい気持ちになりますよね。

どうしてネイトは「誠実」という言葉を使ったのでしょうか?

ネイトはアンディと同棲している恋人なので、彼女のことをよく知っているはずです。

  • アンディは、ジャーナリスト志望

  • アンディは、ファッションに命を懸ける「ランウェイの女」たちを馬鹿にしていた

  • ミランダの傍若無人さを知っている

アンディの父親も言っていましたが、ネイトからすると「アンディはジャーナリスト志望なのだから、ファッション誌ではなく、ジャーナリズムの世界で働くべきだ」と思っているはずなんですね。

アンディは、「ランウェイで1年働けば、どこででも通用する人間になれるから」と思って働いていますが、ネイトはそう思っていないのでしょう。

実際、ミランダの双子の宿題を代わりにやるとか、ジャーナリスト志望者には何の意味もありません

しかも、自分がバカにしている人たちと働いて、その影響を受けて、アンディが同じようになっていく。

「仕方がなかった」と、いつも言い訳して働いている。

【プラダを着た悪魔】彼氏がアンディに怒った理由

そんなアンディは、自分に対して誠実じゃない、とネイトは思っているのだと思います。

ネイトは「仕事と俺と、どっちが大切なのか?」と暗に聞いてるような、面倒くさい女々しい恋人に見えるかもしれません。

でも、ネイトは「自分が本当にやりたいことを、やったらいいのに。寄り道せずに、真っ直ぐにやったらいいのに」と心配しているのではないでしょうか。

アンディが、「誕生日のことは謝るわ」と言った時、ネイトは「俺はガキか」と答えます。

自分の誕生日をすっぽかしたから怒ったというよりも、「仕方ない」と言い訳して、「夢ではない仕事」をやっていることに怒っているように思います。

アンディが本当にやりたい仕事なら、「急な仕事で仕方がない」とアンディが言っても、「君のやりたかった仕事だから」と応援すると思いますね。

ちなみに、セリフの言い回しからして、ネイトはストリッパーという職業を快く思っていませんよね。

なので「君の本当にやりたいことが、ファッションの仕事で、それを誠実にやるなら、俺は構わない。(でも君はジャーナリスト志望だろう?)」と言い換えることもできそうです。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔・解説】最後(ラスト)でアンディと彼氏はよりを戻したの?別れたの?

アンディがパリから帰国して、カフェでネイトと会います。

アンディは、ネイトに言います。

「あなたが言った通りだった。友人や家族に背を向けていたわ。信念にさえ背いていた。私を許して」

【プラダを着た悪魔】アンディと彼氏の結末

一方でネイトは、アンディがパリへ行っている間に、ボストンの仕事を見つけ、2週間後に引っ越すことを告げます。

二人はこの時点で、今後やっていく「方法を考えよう」という話になりましたね。

【プラダを着た悪魔】アンディと彼氏の結末

一応よりが戻ったということですね。

アンディは、ニューヨークの文芸雑誌「ミラー紙」の面接を受け、成り行きからして合格したものと思われます。

ボストンとニューヨークという遠距離恋愛になりそうです。

飛行機だと1時間半くらいの距離。

ネイトは飲食店で、平日休みの長時間労働。

アンディは編集部で、週末休みの長時間労働。

ということになりそうです。

遠距離恋愛だと、この条件で関係を続けていくのはちょっと大変そうですが、幸せになってほしいですね。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔・解説】原作はアンディと彼氏の最後(ラスト)が違う!

映画では、アンディとネイトは、一応はよりを戻した形で終わりました。

【プラダを着た悪魔】アンディと彼氏の結末

原作ではどうなのでしょう?

実は、原作だとネイトの設定が大きく違っています

原作では、アレックスという名前の小学校の教師です。

ラストも違います。

パリから帰ったアンディは、アレックスと話し合おうとしますが、アレックスは断ります

アンディは、「自分の人生からあなたがいなくなるなんて考えられない」というようなことを言います。

アレックスも「同じ気持ちだ」と答えつつ、よりを戻さない方向で終わっています。

原作のアレックスのセリフを引用します。

「恋人としてつきあう前から友人の間柄だったわけじゃない。

だから、いい友達の関係でいるっていうのは、無理なような気がする。

でも、そんなことはわからないよね。

時間をかけてお互い頭を冷やすしかない」

引用:早川書房「プラダを着た悪魔(下)」

放っておくと、自然消滅しそうな気配です。

「よりを戻したい」と思っているアンディが、必死になって頑張らないと終わってしまうという印象でした。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔・解説】最後(ラスト)でのアンディと彼氏の関係まとめ

『プラダを着た悪魔』では、人によって大きく評価が分かれるネイト。

この記事をまとめると

  • ネイトが怒った理由は、アンディが本当にやりたいことをせず、「仕方ない」と言い訳しながら働いているから

  • ラストで二人はよりを戻したが、遠距離恋愛をどこまで続けられるかは未知数

  • 原作では、よりを戻さないという結末

ということです。

でもアンディとネイトには、幸せになってほしいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク