映画タイタニック
スポンサーリンク

世紀の海難事故となったタイタニック号が沈没したのは、19124月です。

映画『タイタニック』でも、一流ホテルのような豪華客船だったことが分かりますね。

この記事では、

  • タイタニック号の現在の姿は?
  • 映画冒頭の海底シーンは、本物のタイタニック号
  • タイタニック号が引き揚げられない理由はなぜ?

について、解説します。

なおこの記事は、

  • BBCの動画映像
  • ナショナルジオグラフィック日本版20124月号
  • 映画『タイタニック』公式サイト

の内容を参照・転載しています。


スポンサーリンク

【動画】タイタニック号の現在の姿は?

映画『タイタニック』で有名な豪華客船タイタニック号

1912410日にイギリスを出航し、ニューヨークへ向かう途中に氷山と衝突

4月15日の深夜2時20分に沈没してしまいます。

タイタニック号は、どんな船だったのでしょう?

タイタニック号とは?
  • 全長:269.1m
  • 全幅:28.2
  • 高さ:53
  • 速度:23ノット
  • 総トン数:46,328トン

というかなり大きな船です。

事故当時、実際に乗っていたのは、乗客1320人、乗組員892人の合計2212人でした。

このうち助かったのは、たった705人だけ。

約3分の2の1502人が亡くなったのです。

タイタニックが沈没したのは、大西洋のど真ん中。

水温はマイナス2度という冷たさ。

映画『タイタニック』では、海に落ちたジャックとローズの髪が凍っていました。

冗談抜きで、リアルにあのような状況だったのでしょう。

水温マイナス2度では、低体温症を起こして15分~30分で死んでしまうそうです。

1912年に沈没したタイタニック号ですが、2019年にイギリスのBBCが、現在のタイタニック号の映像を公開しています。

深海探検家の国際チームが、14年ぶりにタイタニック号を調査したそうです。

動画は、船の船尾か船首の映像で始まります。

ローズが飛び降りようとしたのは船尾で、ローズが両手を広げジャックが後ろから支えていたのは船首。

それを思うと、ちょっと胸に迫るものがありますね。

船はかなり腐敗が進んでおり、どんどん破損しているそうです。

タイタニック号が沈没した場所については、別の記事にまとめていますので、ご参照ください。

映画『タイタニック』の海底探査シーンは本物

映画『タイタニック』でも、冒頭でトレジャー・ハンターのブロック・ロペットが、海底のタイタニック号を探索するシーンがあります。

あれは本物のタイタニック号の映像なのです。

また、一部はミニチュア模型を使って撮影したそうです。

  • 1995年9月に、映画の製作チームが撮影
  • ロシアの深海探査船ケルディッシュ号をチャーターした
  • 深海探査機ミール1号と2号でタイタニック号を探査
  • 深海探査は12回行った
  • 水圧に耐えられる特注カメラで撮影
  • 機材開発は、監督の弟マイク・キャメロンが行った
  • 潜水での撮影監督は、水中カメラマンのアル・ギディングス
  • 海底へ降りていく時間は、片道2時間半かかった

ジェームズ・キャメロン監督のタイタニック号探査のドキュメンタリー映画『タイタニックの秘密』(原題は「GHOSTS OF THE ABYSS」)は、DVD化されています。

映画が公開された後の2001年と2005年にも、ジェームズ・キャメロン監督は、タイタニック号の潜水調査を33回行っています。

前掲のBBCの動画では、「14年ぶりの調査」とありましたが、前回調査というのはキャメロン監督だったのですね。

キャメロン監督は、船内スぺースの65%を撮影できたそうです。]

2005年の調査当時は

  • 一等客のダイニングサロンやレセプション室のガラス窓は、無傷だった
  • 手彫りのマホガニーの壁板や柱も、白いペンキが残っていた
  • 一等船室のしんちゅうのベッドが、ほぼ完全な形で残っていた
  • スイートルームの暖炉上の金の置時計も無傷状態

しかし現在では、船内の微生物などにより、腐食や破損が進んでいるようです。

タイタニックが引き揚げられない理由は?海底3800mに沈んでるから!

沈没したタイタニック号は、現在も引き揚げられていません。

理由としては、

タイタニック号が引き揚げられない理由
  • 海底3800mに沈んでいるから
  • 総トン数46,328トンに及ぶから
  • 大西洋のど真ん中に沈んでいるから
  • 金属の腐食が進んでいるから

が挙げられます。

ジェームズ・キャメロン監督がタイタニック号の調査をした時は、潜水探査機がタイタニック号にたどりつくまで、片道2時間半かかっています。

映画でトレジャー・ハンターのブロックが、金庫を回収していましたね。

あんな感じで、一部の遺品の回収などはできるかもしれません。

しかし、船全体をというのは、ほぼ不可能といえるでしょう。








スポンサーリンク

タイタニック号の現在の姿まとめ

「絶対に沈まない船」と謳われながら、処女航海の5日目に沈没してしまったタイタニック号。

現在の姿は、どのようになっているかというと、

  • 2019年の調査では、かなり腐食が進んでいた
  • 映画『タイタニック』冒頭の海底シーンは、本物のタイタニック号の映像
  • ジェームズ・キャメロン監督は、1995年、2001年、2005年にタイタニック号の潜水調査を行った
  • タイタニック号が引き揚げられない理由は、大西洋の真ん中の海底3800mに沈んでいるから

というのが、この記事のまとめです。

映画『タイタニック』は、U-NEXTで配信されています。

また、BBCが2011年に制作した『タイタニック 水との闘い』という再現ドラマも配信されていますよ。

タイタニック号の映画・ドラマはU-NEXTでどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク