映画『アダムスファミリー』タイトル

ホラーコメディ映画『アダムスファミリー』では、手首だけのお化けが登場します。

「誰の手首?」

「これはCG撮影なの?」

とちょっと不思議ですよね。

1991年の映画なので、実はCGでもグリーンバッククロマキー撮影でもありません

アニメの技法ですごく苦労して撮影・編集してますよ!

・ハンドは誰の手首?

・手首シーンはどうやって撮影した?(動画解説)

・手首の名前は日米で違う

・ハンドは家族の一員ではなくペット

・ハンド役の俳優の手品動画とプロフィール

について、まとめています。

スポンサーリンク

【アダムスファミリー】ハンドは誰の手首?どうやって撮影した?

ハンドは有名マジシャンの手首!

映画『アダムスファミリー』では、手首だけのキャラクターが登場します。

「一体、誰の手首?」と気になりますよね。

手首を演じていたのは、

マジシャンのクリストファー・ハート

名前だけだと、日本人に帰化した黒人歌手のクリス・ハートと間違えそう。

クリストファー・ハートは、世界的マジシャンであるデビッド・カッパ―フィールドの弟子でした。

映画の企画の話が出た時、第一候補はパントマイムのドン・マクロードでした。

「複雑な手の動きができる人」という条件に合っていたからです。

けれど、カメラテストをした時に、「ドンの手は、ずんぐりしすぎてる」とイメージが合わなかったのです。

そこで選ばれたのが、やはり手指をしなやかに動かせるマジシャンのクリストファー・ハートだったというわけです。

ちなみに、クリストファー・ハートは、『アイドル・ハンド』という作品にも、手だけ出演しています。

【動画解説】義手をつけてCGなしで撮影!アニメの技法で合成した!

『アダムスファミリー』が公開されたのは、1991年。

まだ、windows95も発売されておらず、CGの手法が一般的ではなかった時代です。

一体、どうやって手首だけの撮影をしたのでしょうか?

調べてみたら、とても涙ぐましい努力がありました。

撮影は2回に分けて行われています。

1回目の撮影

・クリストファー・ハートは、義手をつける

・クリストファーが、自動車整備士が使う台車にうつぶせになって撮影

・クリストファーの体は、カメラより高い位置になるように設定(手首だけ撮影)

・クリストファーは、黒い服を着用

2回目の撮影

・クリストファーが映っていない背景だけを撮影

そして、この2つの映像を、アニメの技法を使って合成したのです。

  • 各カットごとに、アニメ技法のロトスコーピングで、クリストファーの手首をトレースしカット
  • 残った手首と背景を、光学プリンターで合成する。

要するに、手首だけ切り取って、背景映像と光学プリンターでくっつけたわけです。

気の遠くなる「1枚ずつ作業」をしてるんですね!

Yahoo知恵袋では「クロマキー合成で撮影した」という回答がありますが、間違いのようです。

クロマキー合成は、現代のドラマでよく使われる「グリーンバックで撮影して合成」という手法。

しかし、1991年当時は、クロマキー合成はまだ開発されていなかったようです。

私が調べた「アダムスファミリー」の映画製作の資料では

・アニメのロトスコーピング手法を使ったと明記されている

・クリストファーは黒い服を着て撮影しており、グリーンバックも使用していない

ことが分かります。

ロトスコーピングがどういう技法かは、下の動画が分かりやすいかもしれません。

使用ソフトは、21世紀の現代のものなので、映画編集はもっと苦労したでしょうね。

「こんなふうに、1カットずつトレースするんだ!」というのが分かります。

スポンサーリンク

【アダムスファミリー】手首の名前は?家族の一員?

ハンドの名前は実は日米で違う

『アダムスファミリー』に登場する手首は、日本語訳だと、「ハンド」と呼ばれています。

「ハンド」という言葉が名前として使われていますね。

しかし、英語だと「thing(シング)」と呼ばれているのです。

単純に「物」と呼ばれてるんですね。

ちなみに、スペイン語訳では「コサ(物)」や「デドス(指)」と呼ばれています。

ちなみに、原作漫画では手首ではなく、肩から上だけの登場人物なのです。

1964年にTVドラマになったときに、手首だけのキャラクターに変わったんですね。

ハンドは家族の一員?ペットや使用人?

さて、『アダムスファミリー』で、ハンドはどういった位置づけなのでしょうか?

バリー監督によると、脚本では

・ペット

・ゴメズの幼なじみ

という位置づけになっているそう。

解説サイトによっては、「使用人」と書かれているようですが、使用人なのはラーチですね。

ハンドはかなり賢いので「すごく有能なワンコ」みたいな感じなのかもしれません。

スポンサーリンク

【アダムスファミリー】ハンド役のクリストファー・ハートのマジック動画

クリストファー・ハートのマジック動画

ハンドを演じたクリストファー・ハートは、マジシャンでした。

どんなマジックをしてるのか、気になりますね!

手品動画を2本ピックアップしてみました。

まずはこちら。

ピンクのマネキンの腕を使って、コミカルなマジックを披露しています。

映画でハンドを演じたクリストファーが、腕を使ったマジックをしてるって面白いですね!

2本目は、古典的なマジックと言えそう。

見慣れた感はありますが、やはり最後は「おぉ~!」となりますね。

クリストファー・ハートのプロフィール

最後に、ハンドを演じたクリストファー・ハートのプロフィールを紹介します。

プロフィール

氏名:クリストファー・ハート

生年月日:1961年2月22日


年齢:61歳(2022年9月現在)


出身地:アメリカ、コロンビア州

クリストファー・ハートは、カナダ人の父親とイギリス人の母親の間に生まれました。

コロンビア州で生まれ、ロサンゼルスのカトリックの学校で教育を受けています。

8歳の時に魔法の本を読んで興味を持ち、16歳の時にマジシャン養成学校の試験を受けています。

学生時代のクリストファーのアルバイトは、何と墓地の墓掘り!

背が高くて痩せていたため「ラーチ」とあだ名されていたそう。

『アダムスファミリー』の執事ラーチの名前は、実はクリストファー・ハートにちなんでいたんですね!

クリストファー・ハートは、ハリウッドでマジックの仕事を引き受けるようになります。

そして、マイケル・ジャクソンや、モハメド・アリなどの前で、パフォーマンスもしたそうですよ。

デビッド・カッパ―フィールドが、クリストファー・ハートの才能を認めて、一緒に仕事をするようになります。

クリストファー・ハートは、

・ハリウッドの「マジシャン・オブ・ザ・イヤー」を2回受賞

・モナコのステファニー王女から、最高賞を授与

されるなどしています。

現在も、TVなどでマジシャンとして活躍しているそうです。

スポンサーリンク

【アダムスファミリー】関連記事一覧

スポンサーリンク

【アダムスファミリー】手首(ハンド)まとめ

まとめ

・手首を演じてるのは、マジシャンのクリストファー・ハート

・クリストファー・ハートは、デビッド・カッパ―フィールドの弟子

・手首のシーンは、アニメの技法でトレースして合成している
(CGやクロマキー合成ではない)

・手首の名前は、日本語訳では「ハンド」、英語では「シング」、スペイン語では「コサ」「デドス」と国によって違う

・手首は、脚本では「ペット」の位置づけになってる

スポンサーリンク
スポンサーリンク