映画『ミッションインポッシブル』のタイトル
スポンサーリンク

大人気シリーズ5作目の『ミッションインポッシブル ローグネイション』では、「シンジケート」と呼ばれる組織が登場します。

ストーリーが複雑で展開が速いため、ちょっと分かりにくく

「シンジケートとは、どんな組織?」

「シンジケートの目的は何?」

と思う人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • シンジケートはどんな組織?
  • ローグネイションの意味は?
  • 目的やボスは?
  • アトリー長官と、レーンやイルサの関係は?

などについて、分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル・ローグネイション】シンジケートとは?

シンジケートとはどんな組織?

シリーズ5作目の『ローグネイション』で、イーサン・ハントはシンジケートを追っています。

これは4作目の『ゴースト・プロトコル』の最後で、イーサンが受けた任務でした。

話が続いてるんですね。 

シンジケートはテロリスト集団です。

イーサンは、

シンジケートとは
  • 兵士を訓練し洗脳する、ならず者の組織
  • 手段を選ばず体制を破壊する連中
  • IMFの敵

と劇中で言っていました。

「ローグネイション」の意味は?

イーサンはこのシンジケートを「ローグネイション」と呼んでいます。

ローグネイションとは「ならず者の組織」という意味ですね。

「ネイション」は、一般的に「国」「民族」という意味で使われます。

シンジケートは、世界中から人を集めている大きな組織なので、「ネイション」を使ったのでしょう。

 シンジケートのメンバーは?

シンジケートのメンバーは、

  • 死亡したとされる諜報員
  • 生死不明の諜報員

で、国籍や所属を問わず、世界中から集まっていました。

イーサンは、ヤニク・ヴィンターを見て、シンジケートの異様さに気づきました。

「ボーン・ドクター」という異名をもつヤニクは、3年前に死んでいたはずだからです。

イルサはなぜイーサンを助けた?出し抜いた理由も!

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル・ローグネイション】シンジケートのボスや目的は?

シンジケートのボスは?

シンジケートを創設したのは、イギリスの諜報機関MI6のアトリー長官です。

シンジケートのボスは、ソロモン・レーンです。

ソロモン・レーンは、MI6の元諜報員で、アトリー長官の部下でした。

 シンジケートの目的は?

アトリー長官は、創設目的や計画を、次のように首相に話していました。

シンジケートの目的や資金計画
  • 他国の元諜報員をスカウトして、新しいIDを与え、イギリスの敵を排除する
  • 活動資金は、海外の「レッド・ボックス」に保管する
  • 活動資金を動かせるのは、首相だけ

「レッド・ボックス」というのは、開くのに3段階認証が必要な機密情報のことです。

首相は即座に却下し、実行しないよう約束させます。

しかし、アトリー長官は、ソロモン・レーンをリーダーとしてシンジケートを秘密裡に創設していたのでした。

シンジケートは、イギリスの敵を排除するための組織のはずでした。

しかし、レーンはやがて目的を外れ、次のような犯行も決行します。

  • ベラルーシから、軍用機でVXガスをシリアへ運ぶ
  • マラウィの首相を暗殺
  • ジャカルタの飛行機606便が消息不明
  • フィリピンの化学兵器工場の火災

映画の冒頭シーンにあった、軍用機でVXガスを運ぶ計画は、イーサンが阻止しましたね。

しかし、他の事件では、大統領の死で内戦が勃発したり、世界銀行の総裁が消息不明になったりしています。

 レーンは、イギリスを守る組織のリーダーではなく、テロリストに変容してしまったのです。

アトリー長官からすれば、裏切られたわけですね。

オーストリア首相はなぜ殺された?狙撃手が3人いた理由も解説!

レーンはなぜアトリー長官を裏切った?

イギリスの敵を排除する組織だったはずのシンジケート。

しかし、レーンはイギリスの国益とは関係ない犯行を重ねました。

レーンが、上司のアトリー長官を裏切ったのはなぜでしょうか?

映画のラストで、イーサンが説明していましたね。

 人命を尊ぶ気持ちがいつか薄れて、大勢を殺し過ぎて、自分に問わなくなった。

誰の命令で、なぜ殺すのか?

悪いのは自分ではなく、社会のシステムだ。

復讐を求めたが、ひとりではできない。

人手と莫大な資金が必要だ。手段は選ばない。

引用元:映画『ミッション:インポッシブル ローグネイション』

 レーンは、社会に復讐しようとしてテロリストになったのですね。

アトリー長官は、46億ポンドの資金を調達し、レッドボックスに銀行データを保存していました。

レーンは、その金を手に入れようとします。

しかし、イーサンはレッドボックスのデータを暗記し、ハードディスクは破壊してしまったのでした。

アトリー長官は隠蔽工作にイルサを利用

アトリー長官は、自分がシンジケートをつくったことを隠蔽しようと企みます。

そこで、部下のイルサ・ファウストに、シンジケートの潜入調査をさせたのです。

イルサに、レッド・ボックスを取って来させるように仕向けたのですね。

イルサは、イーサンとベンジーと手をくんで、モロッコの水中金庫からデータを盗みだします。

そして、アトリー長官にUSBメモリを見せました。

アトリー長官は、新聞に隠した機器でUSBメモリのデータを消去します。

そして「これは本物のデータか確かめて来い」と言って、イルサを厄介払いしたのでした。

スポンサーリンク

『ミッションインポッシブル』シリーズを無料視聴するには?

『ローグネイション』以外のシリーズ作品も観たい人もいるでしょう。

『ミッションインポッシブル』シリーズは、6作あります。

  1. 『ミッション:インポッシブル』1996年
  2. 『ミッション:インポッシブル22000
  3. 『ミッション:インポッシブル32006
  4. 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』2011
  5. 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』2015
  6. 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』2018

202256日現在、『ミッションインポッシブル』シリーズを

無料視聴できる動画配信サービスは以下です。

  1. U-NEXT(6作目はポイント使用で無料視聴OK)
  2. Hulu(5/14から6作目も見放題配信)
  3. dTV(5/14から6作目も見放題配信)

※プライムビデオは、6作すべて見放題ですが、月額料金500円がかかります。

月額料金無料期間初回登録
ポイント
U-NEXT2189円31日間600pt
Hulu1026円2週間無し
dTV 550円最大31日無し
プライムビデオ 500円無し無し
動画配信サービス一覧
  • 月額料金が最安値は、dTV
    ⇒料金の安さを重視する人にオススメ!
  • 動画配信数が一番多いのはU-NEXT
    ⇒映画をたくさん観たい人にオススメ!

\最安/

見放題ならdTV

\配信数が最多/

>>U-NEXT公式サイト

※本ページの情報は、2022年5月6日現在です。
最新情報は、公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル・ローグネイション】シンジケートまとめ

まとめ
  • シンジケートを創設したのは、イギリスのMI6のアトリー長官
  • 部下のソロモン・レーンをシンジケートのボスにしたが、テロリスト集団と化した
  • レーンは、社会に復讐しようとして、人と資金を集めていた
  • アトリー長官は、自分が関わったという証拠隠滅のために、イルサに潜入調査させた
  • ローグネイションは「ならず者の組織」という意味
スポンサーリンク
スポンサーリンク