映画『プラダを着た悪魔』のタイトル

映画『プラダを着た悪魔』では、メリル・ストリープ演じるミランダが、部下に悪魔のようなパワハラ・無茶ぶりを発揮します。

最後はアンディを見てふっと笑いますね。

映画の中で、ミランダが唯一笑顔を見せるシーンです。

この記事では、「どうしては笑ったのか」について解説します。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔】最後(ラスト)のミランダが笑うシーンは見せ場!

映画『プラダを着た悪魔』で、ハイファッション雑誌「ランウェイ」の編集長ミランダは、めったに笑わない人物とされています。

コレクションのプレビューで最後に笑ったのは、「2001年のトム・フォードだ」という場面もありましたね。

ミランダが映画で唯一笑うのは、最後のシーンだけ。

ネットには、この場面が好きだという声が上がる一方、「ミランダはどうして笑ったのか、イマイチ分からない」という声も。

SNSでの感想を見てみましょう。


『プラダを着た悪魔』は、最後の方の展開が速いので、ちょっと分かりにくかったりしますよね。

この記事では、「どうしてミランダは最後に笑ったのか」についてまとめています。

「最後にアンディが突然仕事を辞めた理由は?」

「アンディとネイトは結局よりを戻したの?」という内容については、こちらの記事をご参考ください。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔】最後(ラスト)にミランダが笑うのはなぜ?

映画のラストで、アンディが道路の向かい側にミランダを見つけ、笑顔で手を振るシーンがあります。

ミランダは車の中からアンディを眺め、ふっと笑いますね。

映画の中で、ミランダが唯一笑う、とても印象的なシーンです。

ネットを見ると

「あんな辞め方して、どうしてアンディは笑って手を振るのか」

「どうしてミランダが笑ったのか、意味がわからない」

という声がありました。

まずは、アンディがミランダに笑顔で手を振った理由を考えてみましょう。

アンディは、ミランダを見かける直前に、ニューヨークのミラー紙の面接を受けています。

面接担当者が、「君について聞くためランウェイに電話した」と言いますね。

ミランダが「今までのアシスタントで最も期待を裏切ってくれた。君を雇わないなら私は大バカ者だ」

と直接FAXで返答してくれたことを聞かされます。

ミランダは、「パリで突然仕事を放り出されて、非常に迷惑だった」と言うこともできたはずです。

しかしそうは言わなかった。

さらには、「あの」ミランダが、自分でFAXの返事を書いてくれた。

ミラー紙のビルを出たアンディは、機嫌がよく笑顔でした。

映画では合否については触れていませんが、成り行きからして結果は良さそうです。

夢が叶うかどうかの時に、ミランダの一言が大きく助けてくれたわけですね。

アンディの性格からすると、「ありがたい」と感じたのではないでしょうか。

なので、アンディがミランダに笑顔で手を振ったのは、

「元気にやってます。ありがとう」というような気持ちを伝えたかったのだろうと思います。

次に、「ミランダはどうして笑ったのか」を考えてみましょう。い

ミランダの価値観では、「先へ進もうと、自分で決断すること」は、不可欠で大切なことです。

アンディは自分で決断して、ミランダの元を去りました。

また、ミランダはアンディを「私に似てる」と評価し、認めています。

アンディを否定すると、ミランダ自身を否定することになります。

ミランダの性格からして、自分を否定するような行動や発言はしないはずです。

それと、再び「ダサイ服のアンドレア」に戻ったのを見て、少なからず思うところがあったはず。

ミランダからすると、あれだけファッションについて学びセンスを磨いたのに、それを捨てるなんてありえないことでしょう。

まあ、ミランダならしない決断ですよね。

でも、ミランダに似てるところもある。

自分で「潔く捨てる」という決断をしたアンドレアを、小気味よく思ったのではないでしょうか。

ミランダにとってアンディは、「私に憧れず、あれだけのものをさっさと捨て、違う世界で生きていく、私に似た人」というポジションなのではないでしょうか。

「そんな人、これまでいたかしら?」という思いが、あの笑顔に表れたのではないかなと思いました。

ちなみに、原作の小説には、最後にミランダが笑うシーンはありません。

アンディの仕事の辞め方も、ネイトとの結末も違います。

こちらの記事もご参照ください。

スポンサーリンク

【プラダを着た悪魔】最後(ラスト)にミランダが笑う意味や理由の解説まとめ

今の時代からすると、パワハラ上司のミランダ。

アンディの立場で映画を観ると、いたたまれないですよね。

だから最後のミランダの笑顔に心温まる人が多いのでしょう。

ミランダが最後に笑ったのは、

ミランダが認めるほど仕事ができるようになり、ファッションセンスも身についたのに、それを潔く捨てるという決断をしたアンディを、小気味よく思ったから

ミランダは、自分で決断して生きていく人が好きです。

ダサイ服に戻るという、ミランダなら絶対にしない決断をしながらも、どこかミランダに似ているというアンディの存在を、面白く思ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク