映画『スタンド・バイ・ミー』のポスター画像
スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』では、「あれって、本物?」と思う場面があります。

「ヒルは本物?」「子役なのにタバコ吸ってるけど、本物のタバコ?」と思う人も多いのではないでしょうか。

特にヒルは、生々しくて気持ち悪いですよね。

この記事では、

  • ヒルは本物?
  • タバコは本物?

について、解説します。



[quads id=4]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】ヒルは本物ではなく精巧な小道具!

ヒルは本物ではなかった!

映画『スタンド・バイ・ミー』の後半には、4人の少年がヒルに襲われるという印象的な場面があります。

近道しようと森に入ったところ、水たまりに見えた深いぬかるみがありました。

4人とも首まで浸かってしまい、はじめはふざけて沈め合っていましたね。

ゴーディがバーンの首にヒルがついていることに気づき、大騒ぎに。

4人とも体中ヒルに吸い付かれていて、ゴーディは下着の中まで入りこまれ、気絶してしまいます。

かなり生々しくて、リアリティがありましたね。

あのヒルは、本物だったのでしょうか?

メイキング裏話によると、

ヒルは本物ではなく、偽物の小道具

だったそうです。

特殊効果チームが作ったのだそう。

ウィル・ウィートンも、ヒルが本物かどうか確認したとのこと。

俳優としては、下着の中にまで入れるのだから、撮影前にちゃんと確認したいですよね。

ヒルに襲われたのは、原作者の実体験

ちなみに、「ヒルに襲われる」というのは、原作者スティーブン・キングの子ども時代の実体験だそう。

ウィル・ウィートンのようになったのかまでは不明ですが、一生忘れられない体験ですよね。

実はわたしも、山歩きしていた時にヒルに襲撃されたことがあります。

キャンプ場の裏山を、数人で歩いていて、「くるぶし辺りがモゾモゾするな」と見てみたら、ヒルでした!

湿地だと、『スタンド・バイ・ミー』のような、ナメクジみたいなヒルです。

わたしの場合は湿地ではなかったので、小さなシャクトリ虫みたいなヒルでした。

一緒にいた人たちも、全員ヒルに飛びかかられて、叫びまくりの大騒ぎ。

人の体温を感知するようで、木の上からも落ちてくるんですよね。

何とか血は吸われずに済みましたが、ショックで放心状態になった人もいました。

今となっては語り草の笑い種ですが、山などに行く時は気をつけてくださいね。

池もスタッフが掘った人工池だった

さて、4人がはまりこんだ池も、自然のものではなく、スタッフが掘った人工の池だそうです。

確かに、いきなり深くなっていたので不自然でしたよね。

撮影が始まったときに掘って、ヒルの場面になるまで、6週間シートはかけずに、外したままにしていたそう。

そのため、撮影時にはごく自然な池のようになっていたのだとか。

スポンサーリンク

【スタンド・バイ・ミー】タバコはキャベツの葉だった!

映画『スタンド・バイ・ミー』では、クリスが父親からくすねてきたタバコを、みんなで吸う場面があります。

リバー・フェニックスとか、くわえタバコがやけに似合ってますよね。

撮影当時は4人とも、11歳から14歳のローティーン

もちろんタバコを吸うのは、アメリカでも違法です。

電子タバコのキャンペーンで、コリー・フェルドマンが、撮影時のタバコについて明かしています。

コリーによると、ロブ・ライナー監督がスタッフに指示して、見た目そっくりの偽物をこしらえたそうです。

しかも使ったのは、キャベツの葉

意外ですし、よくできてましたよね。

ロブ・ライナー監督は非喫煙者だそうで、子役がタバコを吸うシーンには、しっかり対応したそうです。

ちなみに、『許された子どもたち』という邦画でも、未成年の子供たちが喫煙するシーンがあります。

『スタンド・バイ・ミー』みたいに、キャベツタバコを使ったそうですよ。

キャベツタバコは、火をつけると「焼きそば」のようないい匂いがするらしいそうです。

焼きそばというとソースの匂いだと思うのですが、ソースかけてないはずのキャベツが「焼きそば」の香りというは不思議ですね!

ラーメンやカレーと同じく、お腹が刺激されて「食べたい」欲求にかられそうです。








[quads id=1]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】ヒルやタバコまとめ

映画『スタンド・バイ・ミー』には、本物そっくりな小道具などが登場します。

  • ヒルは本物ではなく、特殊加工で造られた小道具だった
  • ヒルに襲われるのは、原作者スティーブン・キングの実体験だった
  • ヒルに襲われる池も、スタッフが掘った人工池
  • 4人の子役が吸ったタバコは、キャベツの葉で造られた偽物だった

というのが、この記事のまとめです。

U-NEXTでは、リバー・フェニックス出演映画7本を配信中です。

オススメは、リバーが主演男優賞を3つも受賞した『マイ・プライベート・アイダホ』
キアヌ・リーブスとのW主演で、リバーの俳優としてのピークとなった映画です。

  • 『マイ・プライベート・アイダホ』
  • 『旅立ちの時』
  • 『リトル・ニキータ』
  • 『殺したいほどアイラブユー』
  • 『恋のドッグファイト』
  • 『アメリカンレガシー』
  • 『スタンド・バイ・ミー』
>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は21年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

[quads id=2]
[quads id=3]

スポンサーリンク
スポンサーリンク