映画『バケモノの子』の熊徹と九太
スポンサーリンク

映画『バケモノの子』では、後半で一郎彦が巨大なクジラに姿を変えます。

「どうして一郎彦はクジラになったの?」「クジラの意味は何?」と思った人も多いのではないでしょうか。

伏線は、映画に出てきた小説『白鯨』です。

けれど、映画の九太と一郎彦は、小説『白鯨』とは全く違う展開と結末を迎えました。

この記事では、

  • 一郎彦がクジラになった理由や意味は?
  • 小説『白鯨』は、どんな小説?
  • 監督が伝えたかったことは?
  • 漫画『ONE PIECE』も『白鯨』と関係してる

について、まとめています。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【バケモノの子】一郎彦がクジラになった理由や意味は?

映画『バケモノの子』では、後半で一郎彦が闇に飲まれてしまいます

父を想うあまり、猪王山に勝った熊徹を許せず、念力を使って刀で刺し殺そうとしましたね。

更には、九太を追いかけて渋谷で対決。

渋谷の街には、大きなクジラの影が現れます。

闇落ちした一郎彦=大きなクジラの影

と表現されているわけですね。

「一郎彦はなぜクジラになったの?」「クジラの意味は?」について、解説をまとめました。

クジラの意味は小説『白鯨』と関連してる

一郎彦がクジラになる前、伏線として以下の場面で「クジラ」が登場しました。

クジラの伏線
  • 母親が死んで引っ越しの荷物に、『白クジラ』の本があった
  • 楓と出会った図書館で、九太は『白鯨』を読んでいた

九太は子どもの頃に『白クジラ』を読んでた

引っ越しシーンで出てきた『白クジラ』という本は、『白鯨』の児童向けに編集された本ということなのだろうと思います。

わたしも少年少女文学全集で『白鯨』を読みましたが、そのまま『白鯨』でしたね。

Amazonで調べてみましたが、やはり『白いクジラ』という本はないので、映画での創作のようです。

九太のお母さんが、まだ生きてる時に買ってくれた本なのでしょう。

小説『白鯨』のあらすじと結末は?

映画では、小説『白鯨』についてが次のように語る場面があります。

  • 「主人公は自分の片足を奪った憎いクジラに復讐しようとしている」
  • 「でも実は、自分自身と戦っているんじゃないかな」
  • 「つまり、クジラは自分を映す鏡」

ということは、

一郎彦の闇=巨大なクジラ=「自分を映す鏡」=九太の闇

と言えそうです。

けれど正直、『白鯨』ってそういう話だったっけ?と思ったんですよね。

主人公の船長のすさまじい執念が、やたら印象的な小説なのです。

「クジラは自分を映す鏡」という感じは、もちませんでした。

あらすじを結末まで、簡単に解説します。

小説『白鯨』のあらすじと結末
  • エイハブ船長は、自分の片足を食いちぎった白鯨モビー・ディックへの復讐に燃えていた
  • エイハブ船長は、白鯨を追いかけるために台風を突っ切るなど、船員を危険にさらす
  • 日本の沖合で、エイハブ船長はモビー・ディックを発見
  • エイハブ船長は、モビー・ディックを3日間追跡
  • 船員たちが、モビー・ディックに何本もモリを打ち込む
  • モビー・ディックは怒り狂って大暴れし、船が大破しみんな海に投げ出される
  • エイハブ船長は、自分のモリの綱が首にからまり死亡

小説では、主人公の船長は白鯨に勝てずに、死んでしまうんですよね。

『白鯨』は、いかにも欧米の古典文学といった感じで、旧約聖書にちなんだ登場人物や話が、たくさん出てきます。

小説のクジラは、聖書の「リヴァイアサン」を連想させる生き物として登場します。

「リヴァイアサン」は、巨大な水棲の幻獣で、悪魔とされているのです。

では、そこに立ち向かうエイハブ船長が「善」の象徴かというと、そういう感じはありません。

復讐心でいっぱいで、正気を失ってしまった老人として描かれています。

一郎彦は、エイハブ船長とクジラの両方のイメージなんですよね。

一郎彦がクジラになったのはなぜ?

小説『白鯨』では、クジラは「悪の象徴・悪魔として描かれていると前述しました。

一郎彦は、ネガティブな感情に取りつかれたようになってしまい、自身の闇に飲み込まれてしまいます。

実際、悪魔に取りつかれたような顔になってましたね。

一郎彦の悪意が、『白鯨』のクジラと重なるイメージです。

そのため、一郎彦(の闇)は、クジラとして描かれたのでしょう。

ちなみに『白鯨』のクジラは、マッコウクジラです。

マッコウウジラは「歯のある動物」の中では、世界最大

標準的なサイズは、オスだと16~18m

映画で渋谷の街に現れたクジラの影も、それくらいありました。

船の下に入ったら、一発でひっくり返せそうですね。

日本では、和歌山県の紀伊半島沖や、高知県の室戸岬沖で見られることがあります。

小説『白鯨』でも、最後の戦いは日本の沖合でしたしね。

[quads id=1]

監督が伝えたかったことは?

映画『バケモノの子』のクジラのシーンで、細田守監督が伝えたかったことは何でしょうか?

個人的には、楓のセリフに現れているように思いました。

九太と楓は代々木に逃げますが、一郎彦のクジラが追いかけてきます。

楓は、一郎彦に向かってこう言いました。

「誰だって、みんな等しく闇をもってる。
  蓮くんだって抱えてる!私だって!
 私だって抱えたまま、今も一生懸命もがいてる。
 だから、簡単に闇にのみ込まれたあなたになんか、蓮くんが負けるわけがない。
 私たちが負けるわけないんだから!」

最後は、大太刀に転生した熊徹が、九太の胸の中に入ります。

九太は「胸の刀」の力で、一郎彦の闇を斬って勝つのです。

これらのことから、細田監督は

  • 誰しもが心に闇を抱えている
  • 飲まれないよう、もがくことが大切
  • 人とのつながりや絆で、闇に打ち勝て

というメッセージを、映画に込めたのではないかと思いました。

渋天街の自宅で意識が戻った一郎彦の腕には、赤いしおり紐が結ばれていました。

もともとは、楓がお守りとして九太にあげたものです。

楓は、自分が闇に飲まれそうになったときに、何度も助けられたようです。

九太も、闘技会の会場で闇にのまれて一郎彦を殺しそうになりました。

けれど、赤い紐のお守りを見て、寸でのところで思いとどまりましたね。

一郎彦の心の闇を、自分の心の闇と同じと思っている九太は、お守りを一郎彦に譲ります

赤い紐に込められた思いや絆が、一郎彦にもつながって、守ってくれそうですね。

小説『白鯨』は漫画『ONE PIECE』とも関係してる

さて、話は変わりますが、実は大人気漫画『ONE PIECE』も、小説『白鯨』と関係しています。

「白ひげ海賊団」が乗っている船が、「モビー・ディック号」なのです。

小説『白鯨』に登場するクジラの名前ですね!

古典文学『白鯨』は、1851年に発表された作品なので、170年も昔の小説です。

でも、21世紀になっても、いろんなところで影響を与えているんですね。


U-NEXTでは、細田守監督の以下の作品が視聴できます。

  1. 『時をかける少女』
  2. 『サマーウォーズ』
  3. 『おおかみこどもの雨と雪』
  4. 『バケモノの子』
  5. 『未来のミライ』
  6. 『デジモンアドベンチャー』
  7. 『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』
  8. 『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』
>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。






[quads id=1]
スポンサーリンク

【バケモノの子】クジラの意味まとめ

  • 『バケモノの子』のクジラは、小説『白鯨』の「悪の象徴」という内容が元ネタ
  • クジラは、一郎彦の闇を意味している
  • クジラは、「自分を映す鏡」という意味もあり、転じて九太の闇をも意味している
  • クジラのシーンで、細田監督が伝えたかったのは「誰の心にも闇がある」「もがいてのみ込まれないことが大切」「人とのつながりで打ち勝つ」ということ
  • 漫画『ONE PIECE』の海賊船「モビー・ディック号」は、『白鯨』のクジラの名前

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
スポンサーリンク
スポンサーリンク