映画『竜とそばかすの姫』のベルと竜
スポンサーリンク

映画『竜とそばかすの姫』には、クリオネのような姿をした「天使」と呼ばれるAs(アバター)が登場します。

すずが仮想世界Uに初めてログインした時、「君はきれい。君は素敵」と話しかけてきたAsですね。

Asには必ずオリジンが存在します。

この記事では、

  • 天使のAsの正体(オリジン)は誰?
  • 天使が、強い竜に格闘試合で勝てたのはなぜ?
  • なぜ天使の姿をしているの?

について、解説と考察をまとめました。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】クリオネ(天使)の正体は?試合で竜に勝てたのはなぜ?

映画『竜とそばかすの姫』には、仮想世界U天使のAs(アバター)が登場します。

クリオネみたいな姿をしていましたね。

映画『竜とそばかすの姫』の天使のAZ

  • ベルに「君はきれい。君はすてき」と話しかける
  • 乱暴者の竜に、格闘技の試合で勝った
  • 竜の城でバラを育てている
  • 竜しか知らないはずのベルの歌を知っていた

というキャラクターでした。

天使の正体は、竜のオリジン恵の弟・トモ君です。

映画の最初で、天使がベルに「君はきれい。君は素敵」と話しかけました。

映画の最後で、トモ君がすずに同じセリフを言ったことから、天使のオリジンがトモ君であると分かります。

恵の弟なので、竜といつも一緒にいたんですね。

また天使は、36932引き分けという竜に勝った、数少ない3人の勝者の一人でした。

ヒロが「どうして勝てたの?」と質問した時、天使は「……」と無言でした。

竜の弟ということは、秘密だったのですね。

おそらく竜が負けてあげたので、格闘技の試合で勝てたのでしょう。

スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】トモ君のAsはなぜクリオネ(天使)なの?《考察》

アカウントを取得すると、仮想世界UではAsというアバターで活動します。

イヤホンタイプのデバイスを装着すると、生体情報が読み取られ特殊な変換がなされて、Asがつくられます。

映画では、「こういうアバターでいいですか?」とAsが提案されて、OKするかキャンセルするか選べました。

キャンセルすると、違うアバターが提案されるのでしょう。

自分でパーツを選んでアバターをつくる方式ではありませんでした。

さて、トモ君のAs「冠をつけたクリオネ」みたいな姿で、天使と呼ばれていました。

クリオネが、その可愛らしい姿から「流氷の天使」と呼ばれていることに、ちなんでいるのでしょう。

トモ君のAsは、なぜ天使の姿だったのでしょうか。

トモ君の生体情報から、次の特徴が読み取られたのではないかと思います。

  • 素直であどけない
  • 純粋無垢
  • 大切に守られる存在

これらの特徴から、「冠をつけたクリオネ」という姿になったのでしょう。

「君はきれい」と話しかけた時の様子などからも、トモ君が素直で優しい少年であることがわかります。

また、兄の恵が「竜」のAsであることから、

守る側と守られる側

という対照的な点も強調されているように思います。


U-NEXTでは、細田守監督の以下の作品が視聴できます。

竜とそばかすの姫』の仮想世界Uのベースとなっているのが、『サマーウォーズ』のOZ

2つの作品を比較すると、より深く細田守監督作品の世界を楽しめます!

12年前に比べると「くじら」も、ちょっと変わりましたね!

  • 『サマーウォーズ』
  • 『時をかける少女』
  • 『おおかみこどもの雨と雪』
  • 『バケモノの子』
  • 『未来のミライ』
  • 『デジモンアドベンチャー』
  • 『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』
  • 『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』
>>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して31日間は無料体験できます。
※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。



[quads id=1]
スポンサーリンク

【竜とそばかすの姫】クリオネ(天使)の正体まとめ

映画『竜とそばかすの姫』には、「天使」と呼ばれるAs(アバター)が登場します。

  • 天使の正体(オリジン)は、恵の弟のトモ君
  • 天使が、竜との格闘試合に勝てたのは、おそらく竜が負けてあげたから
  • 素直であどけなく、純粋無垢というトモ君の特徴から、天使のAsになったと考えられる
  • 兄の「竜」のAsとの対比で、対照的な兄弟であることが協調されている

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]

スポンサーリンク
スポンサーリンク