映画『バケモノの子』の熊徹と九太
スポンサーリンク

映画『バケモノの子』は、蓮の母親が交通事故で亡くなり、親戚に引き取られそうになるところから始まります。

親戚を嫌う蓮は、家を飛び出して渋谷をうろつくストリートチルドレンに。

両親は離婚しているということでしたが、家族3人の写真は仲良さそうでしたよね。

「蓮の両親はなぜ離婚したの?」と気になる人も多いでしょう。

映画や漫画では離婚理由に触れられていませんが、小説には経緯が少し詳しく書かれています

また、戸籍から父親の現住所が判明するというシーンがありました。

戸籍のしくみをいろいろ調べてみたところ、両親が離婚して母親が親権をとったのに、蓮は父親の苗字のままのようなのです。

「家系唯一の男子で、大事な跡取り息子」なのに、不自然ですよね?

この記事では、

  • 蓮の両親が離婚した理由は何?
  • なぜ戸籍から父親の現住所が分かった?
  • 離婚したのに、蓮が父親の苗字なのはなぜ?

について、解説します。

[quads id=4]
スポンサーリンク

【バケモノの子】両親の離婚理由は?

映画や漫画では、蓮の両親が離婚した理由は、明らかにされていません

けれど小説には、少し詳しく経緯が書かれています。

蓮の両親が離婚したのは、母親の親戚が無理やり別れさせたからです。

小説には、次のことが書かれています。

蓮の両親の離婚の経緯
  • ある日突然、本家の親戚たちが弁護士を連れて、アパートにやって来た
  • 叔父が大声で怒鳴りつけ、無理やり両親を、別れさせた
  • 理由は、蓮が「家系唯一の男子で、大事な跡取り」であるため
  • 母親は、いつものようにずっと泣いていた
  • 父親は、母親が泣いているのに何もせず、離婚を受け入れた

両親の離婚の話し合いの場には、蓮もいて一部始終を見ていました

本家の親戚たちよりも、ふがいない父親に腹が立ったと言っています。

だから、引っ越しの日に「あんたたちも、父さんも、大嫌いだ!」言っていたのですね。

細かいところまで記憶していることから、そんなに幼い頃だったというわけではないようです。

小学校に上がるタイミングでの離婚だったのかもしれませんね。

引っ越しの時の部屋は、離婚後に移り住んだマンションか何かのようです。

親子3人で住んでいたアパートとは違います。

映画では、父親が母親の交通事故死を知ったのは、ずっと後になってからと言っていました。

親戚は、父親が蓮を引き取ると言い出すのを恐れて、知らせなかったのでしょう。

お葬式にも呼ばなかったようですから、ひどい話です。

引っ越しのシーンは、映画も漫画も小説も同じ内容でした。

親戚が何と言っていたか、確認してみましょう。

  • 裁判所で母親に親権が認められた(調停か裁判を行ったもよう)
  • 母親は、交通事故で死亡
  • 本家が蓮の後見人となる
  • 蓮を、何不自由なく育てるつもり

話からして、本家は裕福な家のようです。

映画では言及されていませんでしたが、小説では「都心に不動産をいくつも持つ裕福な家」と説明してありました。

都心にいくつも不動産を持ってるのなら、おそらくビルのオーナーなのでしょう。

要するに、資産家なのですね。

スポンサーリンク

【バケモノの子】離婚させるなら、なぜ結婚させた?

すこし怪訝に思うのは、本家の親戚たちは力ずくで離婚させるくらいなら、そもそもなぜ結婚を許したのでしょう?

考えてみて、3つの可能性があると思いました。

  1. 蓮の両親は、親戚に内緒で入籍した
  2. 反対されると思ったので、計画的におめでた婚
  3. 両親が結婚した時には、とくに跡継ぎ問題がなかった
    (結婚してから、跡継ぎ予定の男子が急死)

蓮の両親は、どちらも気の弱い人たちのようです。

1よりは22よりは3の方が可能性が高いような気がします。

また、「家系唯一の男子」と言っていたことから、娘はいそうです。

「娘婿でも取ればいいのでは?」とも思いましたが、そうすると『バケモノの子』の話が進まなくなるのでしょうね。

[quads id=1]
スポンサーリンク

【バケモノの子】戸籍から父親の現住所&蓮の苗字の謎が浮上

映画では、17歳になって人間界へ行った蓮が、図書館で女子高生の楓と出会います。

楓は蓮に勉強を教えるようになり、大学を受験しないかと勧めました。

「高認」という試験(昔の大検)を受けるために、住民票が必要だと役所へ行った2人。

戸籍係が教えてくれたのは、

  • 元の住民票は、職権で消除されている
  • 戸籍の附票に記録があるので、新しく住民票登録できる
  • 父親の現住所

でした。

ちなみに、役所の戸籍係の職員の声は、小栗旬さんでしたね!

住民票の職権消除とは?

蓮の住民登録が、「職権で消除されている」というのは、どういうことでしょうか?

次のような場合は、自治体の職権で住民票から登録を消除することができます。

  • 登録の住所に住んでいない
  • 親族や同居人、近隣住民、家屋の所有者や管理人から申し出
  • 郵便物が「宛先不明」で差し戻され、登録住所に住んでいない

蓮の場合は、おそらく親戚が役所に申し出たのでしょうね。

ちなみに、「失踪宣言」が出ている場合は、戸籍では「死亡者」として扱われることになります。

行方不明になって7年たつと、家庭裁判所に申し出れば「失踪宣言」が出るんですね。

そうすると、戸籍上は「認定死亡」となり、戸籍から抹消されます。

蓮が渋天街へ行ったのは9歳で、人間界へ戻ってきたのが17歳。

明らかに7年以上たっています。

しかし、さすがに親戚も、戸籍抹消まではしなかったようです。

戸籍の附票で父親の住所が分かった

映画では、戸籍を調べて蓮の父親の現住所が判明しました。

「戸籍の附票」という、聞きなれないお役所用語が出てきましたね。

「戸籍の附票」とは、

  • 本籍地の自治体で、戸籍の原本と共に保存されている書類
  • 戸籍がつくられてから現在までの住所が記録されている

    書類なのです。

    このことから逆算すると、

    父親は、離婚後も本籍地を変えなかった

    ことが、分かります。

    母親が親権を持ってたのに、なぜ父親の住所が戸籍に載ってた?

    戸籍の附票から、蓮の父親の現住所が分かりました。

    「でも親権をとったのは母親だから、母親の戸籍のはずよね?」と思いますよね。

    夫婦が離婚した場合、子どもの戸籍がどうなるのでしょう?

    夫婦が離婚をした場合、手続きをしなければ子どもの戸籍は離婚前の戸籍に残り、親権者の戸籍に移動することはありません。

    引用:離婚弁護士 https://www.riconhiroba.com/children/divorce-custody-adult.html

    この「手続きをしなければ」というのが、ポイントですね。

    一般的に夫婦は

    • 結婚したら「夫の姓」にする
    • 離婚して母親が親権をとったら、母子は「妻の姓」に変更する

    というケースが多いでしょう。

    つまり、母親が「子の氏の変更許可申立書」という書類を、家庭裁判所に出すんですね。

    そうすると、離婚後に子どもの苗字を変えることができます。

    逆に言えば、蓮の母親は離婚後に「蓮の苗字を変える」という手続きをしていないことになります。

    蓮は、母親の戸籍に入籍していないんですね。

    • 離婚後も、母親と蓮は「夫の姓」のままだった
    • 離婚後、母親は旧姓に戻ったが、蓮は「夫の姓」のままだった

    のどちらかのはずです。

    いずれにしても、蓮は父親の苗字のままのはずです。

    離婚しても、妻は苗字は旧姓にするか、結婚後の姓のままにするか選べるんですよね。

    映画では、登場人物の苗字は一切出てこず、下の名前だけです。

    なので、蓮の氏名のいきさつがよく分かりません。

    けれど、「離婚して連絡がつかなくなった父親の住所が、戸籍で分かった」というトリック(?)は、一応成り立ちます。

    むしろ、戸籍の件で名前が面倒なことにならないように、登場人物は下の名前だけなのかもしれません。

    本家の都合で離婚したのに、蓮はなぜ父親の姓のまま?

    戸籍のことから分かるのは、少なくとも蓮は父親の姓のままということ。

    そうすると、「本家の親戚」たちが、蓮を父親の苗字のままにしておいたというのは、不自然ですよね。

    夫婦を離婚させる人たちが、「家系唯一の男子で、大事な跡取り」を、「赤の他人」の苗字のままにするでしょうか?

    弁護士まで入れていたのだし、流れからして、母親の姓に変えさせるのが自然です。

    考えられるのは、

    • 母親としては、離婚は本意ではないので、苗字を変えなかった
    • 制作側の都合

    のいずれかのように思います。

    気が弱く、いつも泣いてばかりいる母親が、苗字を死守できたとは考えにくいですよね。

    苗字を変えないという意思を貫けるくらいなら、離婚も拒否できそうです。

    細田監督は、『おおかみこどもの雨と雪』でも、おおかみおとこの死因について、「制作側の都合」で不自然な展開をさせています。

    なので、おそらく「こんなに細かく戸籍のことを、調べる人はいないだろう」と、整合性をつけなかったかもしれません。

    「親戚の都合で、両親は離婚することになった」

    「離婚して長年会っていない父親と会わせるために、戸籍のしくみを使った」

    という2点が、「視聴者にざっくりと伝わっていたらいい」という感じではないかと思います。

    『おおかみこどもの雨と雪』での「制作側の都合」による不自然な死因については、別の記事をご参照ください。



    U-NEXTでは、細田守監督の以下の作品が視聴できます。

    1. 『時をかける少女』
    2. 『サマーウォーズ』
    3. 『おおかみこどもの雨と雪』
    4. 『バケモノの子』
    5. 『未来のミライ』
    6. 『デジモンアドベンチャー』
    7. 『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』
    8. 『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』
    >>U-NEXTの無料登録はこちら(公式サイト)

    登録して31日間は無料体験できます。
    ※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。






    [quads id=1]
    スポンサーリンク

    【バケモノの子】両親の離婚理由まとめ

    映画『バケモノの子』では、蓮の両親が離婚していますが、理由については明かされていません。

    • 小説では、「本家の親戚が、両親を無理やり離婚させた」経緯が書かれている
    • 離婚させた理由は、蓮が『家系唯一の男子で、大事な跡取り』だから
    • 蓮の戸籍から父親の現住所が分かったのは、「父親が本籍地を変えなかったから」と「離婚したのに蓮は父親の苗字のままだったから」
    • 両親が離婚して母親が親権をとったのに、蓮が父親の苗字のままだったのは、「制作側の都合」の可能性が高い

    というのが、この記事のまとめです。

    [quads id=2]
    スポンサーリンク
    スポンサーリンク