映画『22年目の告白私が殺人犯です』のタイトル
スポンサーリンク

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』は、次々と意外な展開をします。

最後の病院のシーンでは、真犯人の仙堂俊雄が刺されました

刺した若い男性は、清掃員に偽装していたので

「最後に仙堂を刺した人は誰?」

と分かりにくかったですね。

けれど、映画を一時停止で確認すると、犯人の顔は見間違えようがありません。

また、小説版にもはっきりと犯人の名前が書かれています

この記事では、『22年目の告白』の

  • 最後に仙堂を刺した人は誰?
  • 小説版では、どう書いてある?

について、分かりやすく解説をまとめました。

スポンサーリンク

22年目の告白』の最後に刺した人は拓巳ではなく戸田丈!

映画のラストで刺したのは戸田丈で間違いない

結論から言うと、映画の最後の病院のシーンで、仙堂俊雄を刺したのは戸田丈です

戸田丈は、

戸田丈とは
  • 映画の冒頭シーンで、牧村が追いかけていた橘組のチンピラ

  • 曾根崎雅人のサイン会で発砲した

  • 戸田丈は、母親を仙堂俊雄に殺された

  • 戸田丈の母親はホステスで、橘組の組長・橘大祐の愛人だった

という人物です。

戸田丈は、被害者遺族でした。

仙堂俊雄を殺害する動機としては、誰もが納得できますよね。

1回目のサイン会での発砲は、組長の橘大祐が命じていました。

後に、橘大祐は、牧村航の妹が事件に巻き込まれて行方不明だと知ります。

「妹のことは知らなかった。犯人に死なれちゃ困るな」

と牧村に言っていましたね。

「牧村が曾根崎をかばうのは、妹の行方が分からない状態だから」

だと思ったため、曾根崎雅人を狙うのを一時的にやめたのでしょう。

橘大祐も縛り上げられ、目の前で愛人のホステス(戸田丈の母親)を殺されています。

事件の被害者として、牧村の気持ちがよく理解できたからですよね。

しかし、最後になって仙堂俊雄が真犯人だと分かったわけです。

橘大祐は、牧村に義理立てする理由がなくなった格好です。

小説版ではもっと詳しく書いてありますが、橘は警察を信用していませんでした。

ヤクザの独自のルートで犯人を捜し回り、血祭に上げようとしていたのです。

牧村は、「橘が、サイン会で戸田に襲撃させた」と言っていました。

橘は、戸田丈自身も母親を殺された恨みがあると、牧村に教えましたね。

病院の襲撃は、橘が戸田に命じたか(小説でも)明らかにされていません。

戸田自身の意思だったとしても、橘に黙って実行したはずはありません

組の構成員が、組長に断りもなく殺害という大きなことをやるはずがないからです。

ネットでは、一部「最後に仙堂を刺したのは拓巳ではないか?」と言われているようですが、違います

確かに顔がはっきり映っているシーンは短かったので、分かりにくかった感はあります。

ですが、一時停止して見ると、犯人は明らかに戸田丈(早乙女太一さん)です。

髪型やピアスなどの特徴も、戸田丈でした。

拓巳と見間違えようがありません

小説版でも戸田丈が刺したと明言

『22年目の告白』は、映画をノベライズ化しています。

念のため、小説では仙堂俊雄殺害シーンは、どのように描かれているのか読んでみました。

その場面を抜粋します。

未南子はなにげなく雑誌を手にとった。

東京連続絞殺事件という文字が目に入り、一瞬どきりとした。

それは精神科病院にいる仙堂が殺されたという記事だった。

一週間前、仙堂はナイフで刺し殺された

犯人は戸田丈

一年前の曾根崎のサイン会で、曾根崎を狙ったヤクザだ。

彼が殺された尼郷の愛人の息子だ、と未南子はそのときはじめて知った。

引用:浜口倫太郎『22年目の告白-私が殺人犯です-』(講談社)より

赤字は、ブログ主によるものです。また、読みやすいように句点ごとに改行しています。

はっきりと「犯人は戸田丈」と書かれています。

仙堂が殺されたのも、曾根崎のサイン会から1年後であることが分かりますね。

また、仙堂が死んだことも書かれています。

未南子は、曾根崎雅人の著書『私が殺人犯です』の編集者でマネージャーだった女性。

映画では、松本まりかさんが演じていました。

映画では端役ですが、小説では中心的登場人物のひとりです。

また、「尼郷」というのは、映画では岩城滉一さんが演じていた橘大祐のことですね。

小説でも、これだけ明確に分かりやすく「犯人は戸田丈」と書いてあるのです。

小野寺拓巳が、仙堂俊雄を刺したというのは大きな誤解であり、ありえないと結論できるでしょう。

ところで、小説のカバー表紙が映画の書籍と同じで、ちょっと驚きました。

小説も、読みだすと止まらないくらい面白いですよ!

  \小説版も面白い/


スポンサーリンク

【22年目の告白】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

22年目の告白』の動画配信を無料視聴するには?

『22年目の告白』は2022年1月27日に、金曜ロードショーで放送されます。

「展開が速かったから、もう1回観たい」

「録画するの忘れた!」

という人もいるでしょう。

話がちょっと複雑で、登場人物も多いので

「あれ?どういうこと?」

「何て言った?」

と見直したいシーンがあったりしますよね。

2022126日現在、『22年目の告白私が殺人犯です』の動画を配信しているところは6社です。

このうち「月額料金で見放題」で「無料視聴期間」があるのは、3社

  • U-NEXT
  • Hulu
  • プライムビデオ

ちなみに、U-NEXTは2022年1月31日23時59分で配信終了しますので、ご注意ください。

初回登録する人には、Huluがオススメです。

Huluの特徴
  • 無料視聴期間が2週間ある
  • 動画配信数が10万本と充実
  • 追加課金なし

という特徴があります。

※表は右にスクロールできます。

月額料金無料期間初回登録
ポイント
特徴
U-NEXT2189円31日間600pt 配信数が
業界最多
Hulu 1026円2週間 無し 追加課金なし
日テレ系
Netflix 990円
1490円
1980円
無し無し 独占配信多い
プライムビデオ500円30日間無し Amazon会員
music.jp1958円30日間1600ptポイント充実
ABEMAプレミアム 960円 2週間無し 独占配信多い
初回登録時に無料視聴できる動画配信サービス一覧
月額料金で
見放題
レンタル作品
ポイント無料視聴
レンタル作品
課金視聴
配信無し
U-NEXTのアイコンマーク

U-NEXT
music.jpのアイコンマーク
399円
music.jp
abemaプレミアムのアイコンマーク
450コイン
ABEMAプレミアム
paraviのアイコンマーク
Huluのアイコンマーク

Hulu
FODプレミアムのアイコンマーク
ネットフリックスのアイコンマーク

Netflix
dTVのアイコンマーク
プライムビデオのアイコンマーク

プライムビデオ

※本ページの情報は、2022年1月26日時点の内容です。
最新情報は、各社公式サイトでご確認ください。

>>Hulu公式サイト

\2週間無料/

スポンサーリンク

22年目の告白』最後に刺した人まとめ

まとめ
  • ラストの病院シーンで、仙堂俊雄を刺した人は戸田丈
  • 小説でも、「犯人は戸田丈」と明言されている
スポンサーリンク
スポンサーリンク