映画『22年目の告白私が殺人犯です』のタイトル
スポンサーリンク

映画『22年目の告白』で、牧村刑事の妹・里香が絞殺されます。

死ぬ前に里香は、何か言いましたが、音声がほとんど聞こえませんでした。

「里香は、なぜ殺されたの?」

「里香は、最後に口パクで何と言ってた?」

と、多くの人が思ったのではないでしょうか。

先に結論を言うと、犯人が里香を殺したのは、「自分自身と似てる、同じだ」と思ったからです。

里香の最後の言葉を聞いて、犯人は「自分と同じだ」と思い、殺したのでした。

犯人は多くの人を殺しましたが、自分自身も死にたいと思ってたのです。

この記事では、

  • 牧村里香は、最後に口パクで何と言った?
  • 牧村里香は、なぜ殺された?

について、考察をまとめています。

映画の重大なネタバレも含まれますので、ご注意ください。

スポンサーリンク

22年目の告白】里香が口パクで言った最後の言葉は?

里香が殺された理由は、里香が最後に言った言葉がきっかけになっています。

まず、里香が何と言ったか、映画と小説と両方を確認しましょう。

映画版では、犯人がラストでこう明かしています。

君の婚約者は最低だった。

あの女が殺される前最後に何を言ったか教えてやろう。

「震災で亡くなった人たちと一緒に死ぬべきだった。

わたしひとり幸せになる資格はない」

そう言って死を望んだんだ。

冷めるよな、いやー冷めたよ。

はじめから生きる気力のない人間を殺しても、何も救われない。

まあでも、そのおかげで今の君いるんだとしたら、

あれも無駄でもなかったってことか。

引用:映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』

映画版では、

「震災で亡くなった人たちと一緒に死ぬべきだった。

わたしひとり幸せになる資格はない」

と言っています。

小説版では、「震災で亡くなった人たちと一緒に死ぬべきだった」とだけ言っています。

映画の方が、ちょっと長いんですね。

なので、映画の方が里香がいかに生きる気力を失い、死にたがっていたかが分かりやすいと思います。

スポンサーリンク

22年目の告白・考察】里香はなぜ殺された?犯人も同じ気持ちだったから!

ブログの序文で述べましたが、

牧村の妹・里香が殺されたのは、真犯人の仙堂俊雄が自分自身と重ね合わせたからです。

里香の「震災で亡くなった人たちと一緒に死ぬべきだった」という言葉を聞き、

「自分と同じ気持ちなのだ」と仙堂は思ったはずなのです。

看護師だった里香は、震災の時に机の下に隠れて無事でした。

しかし、担当していた老人たちは死んでしまいました。

「他の先輩たちみたいに、しっかりしてたら」

「自分は逃げて、生き残ってしまった」

という自責の念から、生きる気力を失い、死ぬことを望んでいました。

真犯人の仙堂俊雄も、同じく「あの時、自分は死ぬべきだった」とラストで言っています。

中東の戦場で、友人が目の前で殺されて、自分だけが助かったことに、苦しんでいたのです。

自分も友人と一緒に死ぬべきだったのに、という思いがあったのですね。

ラストで仙堂は曾根崎にこう言います。

本当なら、あの日死んでいたはずなんだよ。

待っていたんだよ、死ぬことを。

お前のあの無気力な恋人と同じようにな。

引用:映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』

 そして、仙堂を絞め殺そうとする曾根崎を

「そうだ、絞めろ!俺があいつにやったように」

とそそのかすのです。

仙堂は何人もの人を殺しましたが、「死にたい」という思いも強くもっていたのです。

 仙堂は、曾根崎に「君は鏡像だ。鏡に映ったもう一人の私だ」と言いました。

仙堂は、里香のことも「もう一人の私だ」と思ったはずなのです。

仙堂は、自分を殺すように、里香を殺したのではないでしょうか。

また仙堂は、里香を「君の婚約者は最低だった」と言っていることから、

「生き残った人間は、懸命に生きなければならない」

と思っていたことも伺えます。

頑張っていない里香を罰する思いあったかもしれませんね。

 仙堂は、「目の前で大切な人が殺される」という体験を、他人にも強いました。

東京連続絞殺事件では、1件目~4件目は家族などの目の前で、絞殺しています。

5件目だけ手法が違うのは、仙堂が牧村航に復讐するために襲ったからです。

わざわざ爆発するように仕掛けたのは、

  • 遠くのアジトからも見えるようにするため
  • より確実に殺すため

だったのでしょう。

4件目までの状況からすると、里香は殺される予定はなかったのではないかと思います。

けれど、里香が「あの時、自分は死ぬべきだった」と言ったので、

仙堂は自分のトラウマと痛みを刺激されたのではないでしょうか。

「自分を殺して楽になりたい」という思いが、自分そっくりな里香に向けられたのでしょう。

だからこそ、里香を殺すことは

「冷めるよな、いやー冷めたよ。

はじめから生きる気力のない人間を殺しても、何も救われない」

とも言ったのです。

仙堂が連続殺人事件を起こした動機と、表裏一体になっている思いですよね。

22年目の告白私が殺人犯です』は、本当によく練られた、深いストーリーだと思います。

真犯人の動機については、別の記事にまとめたのでご参照ください。

真犯人・仙堂の動機は?映画と小説での違いも解説!

スポンサーリンク

【22年目の告白】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

22年目の告白】里香が殺された理由と口パクの言葉まとめ

まとめ
  • 里香は、死ぬ直前に「震災で亡くなった人たちと一緒に死ぬべきだった。わたしひとり幸せになる資格はない」と言った
  • 里香が殺されたのは、真犯人の仙堂俊雄が「自分自身とそっくり同じ」と思ったから
  • 生き残ったのに頑張って生きてない里香を罰する思いもあった
  • 仙堂俊雄は、友人が目の前で殺された時に「自分も死ぬべきだった」と思い、重いトラウマを抱えていた
  • 仙堂俊雄には、死にたいという気持ちがあり、自分を殺すように里香を殺したと考えられる
スポンサーリンク
スポンサーリンク