映画「罪の声」で犯人が儲けた株価操作の仕手の仕組み
スポンサーリンク

映画『罪の声』は実際に起きた昭和の「グリコ森永事件」をモチーフにしています。

犯人たちは身代金ではなく、仕手と呼ばれる株式操作で稼いだという設定です。

映画では、元証券マンの立花が阿久津に説明していましたが、少し分かりにくいところもありましたね。

この記事では

  • 犯人グループが株価操作の仕手でどうやって儲けたのか

  • 劇中の「黒目の外人買い」とは何?

  • どうして身代金ではなく、株価操作の仕手で儲けようとしたのか

について、分かりやすく解説します。

「くら魔てんぐ」のメンバーなどについては、他の記事を参照してください。






スポンサーリンク

【罪の声】株価操作の仕手とは何?犯罪ではないの?

映画「罪の声」の犯人は仕手で儲けた

大日新聞記者の阿久津は、35年ぶりに「ギン萬事件」を取材しますね。

犯人たちは、株の仕手で儲けたのではないかと仮説を立てます。

元証券マンの立花が阿久津に仕手について説明しますが、株をしたことがないと分かりにくいですよね。

仕手とは何?

仕手とは、投資家が個人や集団で、意図的に株価を操縦して儲けることを言います。

特定の銘柄を、株価が安いうちに買い付けて、次第に目立つように一気に買い付けていくんですね。

そうすると、チャートを見た他の投資家たちが「これは有望株かもしれない」と思って買い付け、株価が上がっていきます。

株価が十分上がったところで売り、一気に株価が下がったところで、自分で安く買い戻します。

この株価の差額が儲けになるのです。

次章で「くら魔てんぐ」のケースについて、分かりやすく図解しますので、そちらを参照してください。

ちなみに、仕手の銘柄を仕手株、仕手を行う投資家を仕手筋と言います。

また、仕手という言葉は、能の「シテ(主役)」に由来しています。

仕手は犯罪?

仕手で株価を操作すること自体は、犯罪ではありません

しかし、株価操作のために「あの会社は経営悪化で倒産しそう」などの風説を流したり、粉飾決算に関わったりすると、違法となります。

スポンサーリンク

【罪の声・図解】株価操作(仕手)でどうやって儲けた?どういう仕組み?

映画「罪の声」の犯人グループが仲間割れした理由や経緯

ギン萬事件の犯人グループ「くら魔てんぐ」は、メンバーが9人います。

犯行計画の計画を立てたのは、曽根達雄

実際に株を操作する担当だったのは、吉高弘行です。

新聞記者の阿久津が元証券マンの立花に、仕手がどういうものが教えてもらう場面がありますね。

原作の小説から、立花の説明をそのまま引用してみましょう。

 

構図で言うと、まず全体の流れを指揮する仕手本尊がいて、子分みたいなのが四、五人ぐらいかな?

でもまぁ、その仕手筋によって、まちまちですけどね。

要は親分子分関係があって、彼らが金主を捕まえるわけですよ

引用元:塩田武士『罪の声』

 

金主というのは、株を買うためにお金を出してくれるスポンサーのことですね。

つまり

  • 仕手本尊=吉高弘行

  • 金主=上東忠彦

  • 子分=くら魔てんぐの他のメンバー

ということです。

劇中では、上東忠彦も「くら魔てんぐ」のメンバーの一人となっています。

メンバーの相関図や役割分担については、他の記事に書いていますので参照してください。

仕手本尊の吉高弘行は、金主から金を預かった後、どうしたのでしょうか?

仕手が買いまくって株価が上がるでしょ、まだまだ上がるよって情報を流す。

すると会員がどんどん買いに入るんですけど、仕手筋が売り抜けて株価がドーンと下がる。

損を出したまま、売るに売れない会員は塩漬けですよ

引用元:塩田武士『罪の声』

 

ここで「会員」と言われているのは、一般の個人投資家ですね。

図で分かりやすく解説しましょう。

映画「罪の声」で犯人が儲けた仕手の仕組み

(1)金主の金で、特定の銘柄を買い集めます。

この場合は「ギンガ」や「萬堂」ですね。

この段階では他の投資家に気づかれないよう、少しずつ買うイメージです。

(2)ある程度株を購入したら、次に一気に買い集めます。

そうすると、株のチャートがぐっと上がるんですね。

そうするとそれを見た一般の投資家は、「これから上がる有望株かも?」と期待します。

そこに「これからもっと上がるよ」と情報を流すと、投資家ががこぞって買うため、どんどん株価が上がります。

また、「300万円あずけてくれたら、倍にして返すよ」などと言ってお金を集め、株価を釣り上げたりします。

(3)仕手筋は、予定していた株価の8割くらいになったところで、自分の持ち株を売ります。

この段階で、金主から預かっている金額を回収すれば、決して損はしないわけです。

自分た売った株を他の投資家が買うため、大量に売っても株価は下がりません。

他の投資家はまだ株価が上がると期待して買い続け、しばらくは株価が上がります。

(4)仕手筋が設定していたピーク金額で、株を空売りします。

空売りというのは信用取引のこと。自分の手元にない株を、「借りて売る」ということができるんです。不思議ですよね。

空売りした直後に、「ギンガや萬堂の菓子に青酸ソーダを入れた」と脅迫状を出します。

すると、株価が下落します。

(5)株価が底値になったところで、再び安くギンガの株を安く買い戻します。

ピークで空売りした株価との差額が儲けとなります。

先に空売りしているので、ここで取引は終了し、手元に株は残りません。

単純といえば単純。鮮やかといえば鮮やか。

「くら魔てんぐ」はこうして儲けたんですね。

ちなみに、これはあくまでも『罪の声』の原作小説を元に解説しています。

仕手の方法は、必ずしも上記だけとは限りませんが、「株価が下がる」というのが分かってる場合に儲けられるのが仕手の基本です。

【罪の声】株の「黒目の外人買い」とは何?

阿久津は、元証券マンの立花から株や仕手について教わります。

その中で、ギンガの社長が誘拐される2カ月前に、ギンガの株が上がっているという記事について質問します。

「欧州筋の買いが続く」という見出しですね。

阿久津は、「どうしてヨーロッパの投資家がギンガの株を買うんだろう?」と思ったわけです。

それに対し立花は、「これは100パーセント、“黒目の外人買い”ですよ」と答えますね。

「黒目の外人買い」とはつまり、「海外の証券会社を通して株を購入する日本人」のことです。

今ではありえませんが、昭和の時代には、本人以外の名義で口座を開くことができました。

これを「仮名口座」と言います。

当時よくあったのは、仮名口座を使って、香港にある日系証券会社の支店経由で、スイスの日系証券会社で売買するという方法。

香港もスイスもタックス・ヘイブンのため、課税されません

さらに仮名口座なので、足がつきにくいわけですね。

昭和時代の香港は、イギリス統治でした。なので「欧州筋」になるのです。

課税されず足もつきにくいわけですから、『罪の声』の時代は株を使った経済犯罪も、やりやすかったのでしょう。

スポンサーリンク

【罪の声】犯人が身代金ではなく、株価操作(仕手)で稼いだ理由はなぜ? 

映画「罪の声」の犯人グループの相関図や役割

犯人たちは、ギンガや萬堂を脅迫したり、社長を誘拐したりします。

億単位の身代金を要求しますが、一度も受け渡しをしていません。

曽根達雄は、オランダのハイネケン誘拐事件を調べた時、身代金の受け渡しは成功しないと判断したんですね。

場所を指定すると、必ず誰かが金を取りに行かなければいけないので、高い確率で足がついてしまうからです。

曽根達雄は、株価を操作することで利益を得ようと考えました。

株の方が安全で、儲けが大きいからです。

現金10億円なんて、持って運ぶのは重いし大変ですしね。

「青酸ソーダ入りの菓子をばらまいた」と脅迫すれば、株価を暴落させられます。

そうやって犯人たちは金儲けしたんですね。

しかし、12億の報酬の予定が、青木たちが「思ったより儲からなかった」として300万円しか渡さなかったため、「くら魔てんぐ」は仲間割れすることになります。

犯人グループの相関図や役割、仲間割れの経緯などについては、こちらの記事を参照してください。









スポンサーリンク

【罪の声】株価操作(仕手)でどうやって儲けた?仕組みや方法の解説まとめ

誘拐や脅迫犯罪のように見せかけて、実は株の仕手で儲けていた『罪の声』の犯人グループたち。

この記事のまとめは

  • 仕手という株価操作を行い、差額で儲けた

  • 仕手(株価操作)自体は犯罪ではない

  • 株価を暴落させるために、青酸入り菓子をばらまくなど脅迫事件を起こした

  • 仕手という方法を選んだのは、身代金犯罪よりも安全で儲けが大きいから

です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク