ウエストサイズを測る女性
スポンサーリンク

50年代~60年代にかけて、数々の大ヒット作で主演したオードリー・ヘップバーン。

可憐な美しさで、世界中を魅了しました。

そしてとにかく華奢ですよね!

「オードリー・ヘップバーンのウエストは、何センチ?」

と気になる人は多そうです。

この記事では、オードリー・ヘップバーンの

  • ウエストは何センチ?
  • 身長や体重、スリーサイズは?
  • どうやって体型維持した?
  • ウエストの細いアメリカ女優ランキング

について、解説をまとめています。

スポンサーリンク

オードリー・ヘップバーンのウエストは?身長・体重も!

ウエストは51センチ!

『ローマの休日』や『麗しのサブリナ』を観ると、オードリー・ヘップバーンのウエストの細さに驚きますよね。

まるでバービー人形が、そのまま人間になったみたいです。

オードリー・ヘップバーンのウエストは、何と51センチ!

正確には、20インチ=50.8センチです。

驚異的な細さですよね!

しかし、実はヘップバーンの時代には、女優としてはスタンダードサイズだったのです。

そのことにも驚きますよね!

身長・体重とスリーサイズは?

オードリー・ヘップバーンの身長や体重なども確認してみましょう。

身長170cm

オードリー・ヘップバーンは、5歳からクラシック・バレエを習っていました。

彼女の姿勢の良さや立ち姿の美しさは、バレエで培われたものかもしれませんね。

ヘップバーンは、子どもの頃からプリマドンナになるのが夢でした。

とても才能のあるバレリーナだったそうです。

しかし身長が伸びてしまったんですね。

当時の男性ダンサーはそれほど背が高くなかったため、

比較した見た目の問題から、プリマドンナになるのは難しかったようです。

体重47kg50kg

オードリー・ヘップバーンの体重は、年齢によっても変動しますが、約47kg~50kgでした。

正確に言うと、103110ポンド未満なので、46.7~49.8キロ未満です。

妊娠中以外は、生涯このくらいの体重だったそうです。

身長が170cmなので、47キロだとかなりスレンダーですよね。

BMI16.217.3で肥満度は「低体重」

ヘップバーンは、自分が細すぎることに生涯悩み、コンプレックスを抱えていたそうです。

スリーサイズはB84W51H86

ウエストは前述しましたが、スリーサイズを見てみましょう。

B84
W51
H86

日本人からすると「ウエストが細いのに、胸はしっかりある」と思いますよね。

しかし当時は、マリリン・モンローのような官能的な体型が人気でした。

そのため、ヘップバーンは「胸が小さい」と言われていたそうです。

ところ変われば…ですね。 

どうやって体型を維持した?

妊娠中以外は、生涯にわたって体重が50キロ未満だったオードリー・ヘップバーン。

現代日本人女性からすると、うらやましい限りですよね。

しかし、オードリー・ヘップバーンは体型を維持したというより、「太れなかった」というのが正確なようです。

ヘップバーンは、少女時代を戦時下のオランダで過ごしました。

両親は離婚していたため、母親が女手一つで子供たちを育てています。

食べ物がなく、イラクサとチューリップの球根を食べて生き延びたのだそう。

その頃のヘップバーンは、身長167cm体重40キロしかありませんでした。

黄疸と浮腫を患った結果、亡くなるまで貧血で悩まされたそうです。

成長期に飢餓を体験した影響から、成人してからも体重が増えなくなったんですね。

オードリー・ヘップバーンが、あまりに華奢なので「摂食障害ではないか?」という噂もたったことがありました。

しかし、摂食障害ではなく、戦争時代の食糧難による影響が、一生涯続いていたのでした。

息子ルカ・ドッティ氏によると、ヘップバーンはダイエットをしたことはなかったそうです。

お肉はあまり食べず、パスタが大好きで穀類を多く食べていたと話しています。

  • 朝食は、ジャムを塗ったパン
  • 昼食は、パスタ、チキン、野菜多めのサラダ
  • 夕食は、チキン、野菜スープ
  • 夕食後に、チョコレート、スコッチ酒

お肉は鶏肉を食べることが多く、野菜もできるだけとるようにしていたよう。

適度な運動もしていて、健康的な生活をしていたことが分かります。

スポンサーリンク

ウエストの細いアメリカ女優は?

オードリー・ヘップバーンは、ウエスト51cmとかなり細いですよね。

けれど、戦前から60年代くらいまで、ウエスト50cm前後の女優さんが結構いました。

「ウエストが細い大女優」を3人紹介します。

エリザベス・テイラーのウエストは46cm!

エリザベス・テイラーは、16歳の時にウエストが45.7cmでした。

脅威的ですよね!

Twitterの写真は、斜めからのショットですが、かなり細いことが分かります。

変な話ですが、「お腹の中はどうなってるの?」と気になるくらい細いです。

しかしその後、スリーサイズも変わっています。

エリザベス・テイラーのサイズ
  • 身長:162.5cm

  • 体重:53kg

  • B89

  • W53

  • H91.5

背はそれほど高くなかったんですね。

ブリジット・バルドーのウエストは48cm

ブリジット・バルドーがウエストが最も細かったときは、48cmだったそう。

上の写真は合成ではないんですね。

遠目でもウエストの細さが目立ちそうです。

1956年の『素直な悪女』で主役を演じた22歳の時のサイズ

ブリジット・バルドーのサイズ
  • 身長:166cm

  • 体重:57kg

  • B91

  • W51

  • H89

かなりメリハリのある体型だったことがわかりますね。

ヴィヴィアン・リーはウエスト49cm

ヴィヴィアン・リーの代表作と言えば『風と共に去りぬ』です。

気の強いスカーレット・オハラを、見事に演じていました。

『風と共に去りぬ』では、スカーレットがばあやに、

コルセットをぎゅうぎゅうに締め上げてもらうシーンがあります。

「51cmを47cmにして!」と言うんですよね。

ちなみに原作小説でのスカーレットのウエストは、17インチ(43センチ)です。

ちょっと人間の領域を超えてる数値ですよね。

スカーレットの時代は、腰の細さが女らしさと言われていました。

かなり気が強くて、あまり女らしいとは言い難いスカーレットも、ウエストは気にしたようです。

この映画のシーンのインパクトが強いせいか、日本人の間では

「ヴィヴィアン・リーのウエストは、49cm」というのが通説のようです。

もしかすると中年以降のサイズなのかもしれませんが、アメリカの情報では63.5cmとなっていました。

意外と普通ですよね。

ヴィヴィアン・リーのサイズ
  • 身長:160cm
  • 重さ:51kg
  • B89
  • W63.5
  • H89

バストとヒップが同じサイズなんですね。

女優さんは、職業柄、美しくいられるよう努力が求められるのでしょうが、

「ウエスト50cmがスタンダード」とされると、大変だったのでは。

90年代頃から、特にフランスから、痩せすぎのモデルに警鐘が鳴らされ、

最近は「ボディポジティブ」という言葉も認知が広まっています。

美しさの在り方も、今後変わっていくかもしれませんね。

スポンサーリンク

オードリーヘップバーンのウエストまとめ

まとめ
  • オードリー・ヘップバーンのウエストは、51センチだった
  • オードリー・ヘップバーンは身長170センチ、体重47キロと華奢だった
  • オードリー・ヘップバーンが生涯痩せていたのは、少女時代に戦争で飢餓を体験した影響
  • ウエストが細くて有名な女優は、
    エリザベス・テイラーのウエストは46cm
    ブリジット・バルドーのウエストは48cm
    ヴィヴィアン・リーのウエストは49cm
スポンサーリンク
スポンサーリンク