映画『スタンド・バイ・ミー』のポスター画像
スポンサーリンク

映画『スタンド・バイ・ミー』には、ブタケツと呼ばれる太った少年が、パイ食い大会で町の人たちに復讐する場面があります。

大量にブルーベリーパイを食べて、勢いよく嘔吐しましたね。

最後は、町の人たちもお互いに吐き合うという大惨事に。

この記事では、

  • ブタケツは、どうしてヒマシ油と生卵を飲んだの?
  • 原作小説との違いは?
  • どうやって吐くシーンを撮ったの?

について、解説します。



[quads id=4]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】ブタケツはなぜヒマシ油と生卵を食べた?

映画『スタンド・バイ・ミー』には、パイ食い大会のシーンがあります。

ブタケツと呼ばれるデビー・ホーガン少年が、パイ食い大会に出場。

いつも自分をいじめる町の人たちに復讐するのが、目的でした。

かなり衝撃的なインパクトのある場面なので、『スタンド・バイ・ミー』というと、この場面を思い出す人も多そうです。

ブタケツはなぜヒマシ油を飲んだ?

ブタケツは、パイ食い大会に出る直前、会場の裏で

  • ヒマシ油1本
  • 生卵1

を一気飲みします。

ブタケツは、なぜヒマシ油や生卵を飲んだのでしょうか?

日本では普段聞いたことのない人が多そうですが、ヒマシ油は、トウゴマから摂る縮物油です。

古代ギリシャ時代から、「万能薬」として知られていました。

基本的に「デトックス」「排出」の効能があり、飲む場合は「便秘薬」「下剤」として使われることが多いです。

また、食中毒などになったとき、胃腸の中の物を出す時に飲んだりするようです。

その他、イボやシミ取り、痛みの緩和、ヘアケアや美容液などコスメとしても使われています。

便秘薬として飲んだ場合、副作用として「嘔吐、腹痛、悪心、過敏症状」が出ることも。

ブタケツは大量にヒマシ油を飲んだので、副作用的に嘔吐したのですね。

確実に、思いっきり吐くために、ヒマシ油を飲んだのでしょう。

もし「下剤」として効いたら、みんながトイレに駆け込んで大騒動になったでしょうね。

どちらにしても大変ですが、「吐き合う」方が映画としては、視覚的にインパクトが残ると思います。

原作小説との違いは?生卵は飲んでない

スティーブン・キングの原作小説『スタンド・バイ・ミー』にも、ブタケツのパイ食い大会の場面があります。

映画よりも描写や説明が詳しく書かれています。

映画と違うのは、

原作との違い
  • ブタケツは、生卵は飲んでない
  • パイ食い大会の勝敗は、「引き分け」になった

というところ。

映画では、ブタケツはヒマシ油と生卵を飲んでましたね。

原作にない「生卵を飲む」という演出は、「気持ち悪さを印象づけるため」だったのではないかと思います。

油を1本飲むのを見ただけでも気持ち悪いですが、さらに生卵を飲んでるのを見ると、視覚的にインパクトがありますよね。

さらには「油と生卵」で、食べ合わせも悪そうです。

また、原作だと、ブタケツがパイ食い大会の勝敗を決めました

町中の人が吐くのを、満足して眺めた後「この勝敗は引き分けとします」とマイクで宣言したのです。

パイ食い大会の優勝賞金は5ドルと、かなり安い金額でした。

しかし、町の人たちがお金を賭けることが公に認められていて、1000ドル(約10万円)がかかっていたのです。

全員嘔吐しましたし、ブタケツも勝ち負けには興味がなかったので、「引き分け」と言ったのでしょう。

ブタケツのゲロシーンはどうやって撮影した?

メイキング裏話によると、ロブ・ライナー監督には「こういうふうにしたい」という明確なビジョンがあったそうです。

メイキング裏話
  • 町の人は、オレゴン州ブラウンズビル市のエキストラ
  • パイ食い大会のパイは、地元のパン屋さんに作ってもらった
  • 巨大なカッテージチーズとブルーベリーパイで、吐しゃ物を作った
  • 吐しゃ物は、5ガロン(19リットル)あった
  • 男性が45人がかりでポンプを押して、吐しゃ物を真空ホースに充填した

小道具のゲロを作るのも、なかなか大仕事だったようです。

映画では、

  • すごく勢いよく吐いてる
  • 吐く人は、全員横向き

であることが分かります。

役者さんの体で見えないようにホースを隠し、口から吐いてるように見せたのですね。

ちゃんと本物のブルーベリーパイで吐しゃ物を作ってるので、現場はかなり甘い匂いがただよったのではないでしょうか。

なお、「町の人たち」はエキストラも多くいたそうですが、全員というわけではないようです。

なので、「ゲロを吐いた町の人」は役者さんなのかなと思いました。

役者でもない一般市民に、ゲロ吐く演技は難易度高そうですし。

でも、こんなすごいシーンのエキストラに出たら、一生の思い出になるでしょうね。








[quads id=1]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】ブタケツのパイ食い大会まとめ

映画『スタンド・バイ・ミー』には、「ブタケツがパイ食い大会で、町の人たちに復讐する」という場面が出てきます。

最後は、町中の人たちが嘔吐し合うというすごい話でしたね。

  • ブタケツがヒマシ油を飲んだのは、確実に思いっきり吐くため
  • ブタケツは、自分をいじめる町の人たちに復讐するために、パイ食い大会に出場した
  • 原作小説では、生卵を飲んでいない
  • 映画で生卵を飲んだのは、視覚的な気持ち悪さを演出するためと思われる
  • 吐しゃ物は、本物のカッテージチーズとブルーベリーパイで作られた
  • 吐くシーンはホースを使い、役者を横向きにして、口から吐いているように見せている

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
[quads id=3]

スポンサーリンク
スポンサーリンク