TV
スポンサーリンク

『名探偵コナン』では、高校生の工藤新一が毒薬を飲まされて、体が幼児化してしまいます。

小学生の江戸川コナン君が、高校生の工藤新一に戻れるかどうかは、ストーリー展開上で重要なポイントですよね。

この記事では

  • 小さくなる薬の名前は?
  • 大きくなる薬(解毒薬)はある?
  • 小さくなる薬のコラボ商品(蒸しパン・グミ・キャンディ)

について、まとめています。




スポンサーリンク

【コナン】小さくなる薬の名前は?

大人気アニメ『名探偵コナン』と言えば、「たった一つの真実見抜く 見た目は子供、頭脳は大人、その名は、名探偵コナン」という名台詞がありますよね。

コナン君は、黒の組織に襲われて、毒薬を飲まされたことで体が小さくなってしまいます。

その薬の名前は「APTX4869」

「アポトキシン4869」と読みます。

4869「シャーロック」が由来になっています。

作者の青山剛昌さんは、語呂合わせが結構好きですよね。

APTX4869はどんな薬かというと

  • 黒の組織が開発(試作段階)
  • 組織の科学者である宮野厚史・エレーナが開発
  • 娘の宮野志保(灰原哀)が継承して開発
  • 飲むとほぼ死亡するため暗殺薬として活用
  • 検死しても体内から検出されない
  • ごくまれに体が幼児化する
  • もともと毒物として開発していなかった

開発のマウス実験では、1匹だけ死なずに幼児化しましたが、灰原哀は組織に報告しませんでした。

黒の組織は、コナン君を殺害するつもりでAPTX4869を飲ませたものの、コナン君は死なずに子どもになったのでした。

開発者の灰原哀も組織から逃亡したので、薬は試作段階で止まったままになっています。

黒の組織は、APTX4869を投与した人物一覧を作っていました。

工藤新一は「不明」となっていましたが、幼児化を知られないように、灰原哀が「死亡」に書き替えています。

【コナン】大きくなる薬(解毒薬)はある?

現時点で、APTX4869完全な解毒薬はありません

しかし、風邪をひいている状態で「白乾児(パイカル)」という中国酒を飲むと、体が一時的に戻るのです。

この方法で、一番最初にコナン君が工藤新一に戻ったのは「外交官殺人事件」でした。

漫画だと10巻、アニメだとシーズン2の第48・49話です。

体が元に戻ったのは2時間くらいでした。

灰原哀は白乾児(パイカル)の成分を元に、解毒薬の試作品を作ります。

この試薬には特に名前はつけられていません。

作中では「APTX4869の解毒薬」と呼ばれています。

白乾児(パイカル)と解毒薬の試作品で、コナン君はこれまでに10回、一時的に体が元に戻っています。

最初に体が戻ったとき、「大量に飲めば完全に戻るだろう」と考えたコナン君は、白乾児(パイカル)を飲みました。

しかし、体が熱くなっただけで、効果はありませんでした。

そのため「風邪をひいている状態」が重要なようです。

「最終回は、コナン君が完全に新一に戻る」ことを期待するファンは多いでしょうから、解毒薬が開発されるかどうかは、今後のストーリー展開上、重要なポイントです。

スポンサーリンク

【コナン】小さくなる薬・PTX4869のコラボ商品

APTX4869は、いくつかのメーカーからコラボ商品が出ています。

いくつかご紹介しますね。

バンダイのAPTX4869グミ

バンダイからは、APTX4869の形をしたグミのお菓子が販売されています。

シール1枚(16種)がおまけで付いています。

バンダイのグミは、現在第3段。

ゴールデンアップル味です。

定期的に新商品が出ています。


アポトキシンキャンディ

APTX4869を模したキャンディが、7cm×10cmくらいの缶に入っています。

個包装で6個入っています。

コナン好きな女の子へ、ホワイトデーのお返しにいいかもしれませんね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

名探偵コナン アポトキシン キャンディ缶(江戸川コナン)
価格:702円(税込、送料別) (2021/2/5時点)


第一パンの「アポトキシン蒸しパン」

『名探偵コナン』のコラボ商品で、第一パンから「アポトキシン蒸しパン」が販売されたことがあります。

ミルク味といちご味の蒸しパン。

遊び心があって楽しいですよね。

袋には「本製品を食べても体は縮みません」という注意書きもあったそうです。

201951日から、関東・中部・関西・四国で販売されました。

残念ながら、現在はもう販売終了しています。







スポンサーリンク

【コナン】小さくなる薬の名前まとめ

体が幼児化してしまった高校生の工藤新一は、小学生の江戸川コナンとして生きています。

コナン君が新一に戻れるかどうかは、ファンにとっては気になるところですよね。

  • 「コナン」の小さくなる薬の名前は、「APTX(アポトキシン)4869」
  • APTX4869は試作段階で、開発が止まっている
  • 飲むとほぼ死亡し、体内から検出されないため暗殺薬として活用
  • 完全な解毒薬はない
  • 風邪をひいている時に白乾児(パイカル)という中国酒を飲むと、数時間だけ体が元に戻る
  • 白乾児(パイカル)を元に、灰原哀が解毒薬の試薬を作った
  • コナンはこれまでに10回、一時的に体が元に戻っている

というのが、この記事のまとめです。

『名探偵コナン』をじっくり楽しむなら、見放題のhuluがオススメです!

※本ページの情報は21年2月時点のものです。最新の配信状況はhuluサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク