映画『ミッションインポッシブル』のタイトル
スポンサーリンク

大人気シリーズ『ミッションインポッシブル』では、主演のトム・クルーズ本人がアクションスタントすることで有名です。

5作目の『ローグネイション』でも、空や水中で本人がスタントしています。

この記事では、

  • 飛行機スタントは、どんな感じだった?
  • 命綱はあったの?CGは使った?
  • 水中スタントは、どんな感じだった?

について、盛りだくさんの裏話と動画でまとめています。

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル/ローグネイション】飛行機スタントでCGなし!

時速420km1500m飛行をテイク8

『ミッションインポッシブル』シリーズと言えば、

主演のトム・クルーズが本人がアクションスタントすることで、いつも話題になりますね。

『ローグネイション』は、冒頭から飛行機にしがみついて侵入するという、命知らずのアクションをしています。

一体、どんな撮影だったのでしょうか。

飛行機スタントの概要
  • 軍用機エアバスA400Mを使用

  • 飛行機は高度1500mまで飛んだ

  • 飛行機の速度は時速420km

  • 数本のワイヤーが命綱だった

  • 撮影は8テイク撮った

  • 着陸するまで6~8分間飛んだ

  • 高度が300m上がるごとに気温が3度下がり、極寒だった

  • 風圧などから眼球を守るための特殊コンタクトレンズを装着

  • ロンドンで撮影した

  • CG加工なし

この時、トム・クルーズは53歳

新幹線より2倍速い飛行機のドアにしがみつく撮影を、

8回もやるとか空前絶後のすごさですよね。

寒いし疲れるしで、ドアをつかむのは大変だったと思います。

映画史に残るすごい名場面です。

緊張で前夜は眠れず撮影に

そもそも、誰が飛行機にしがみつくプランを考えたかというと、マッカリー監督です。

ジョークのつもりで言ったら、トムはやると言ったそうです。

 下は監督とトム・クルーズ、そして共演者とのトーク動画。

ベンジー役を演じたサイモン・ペッグによると

「CGでもできるのに実際にやるって言うんだ」とのこと。

発案したのは自分なのに、監督は「トムはただ飛行機にぶらさがりたいだけだ」と言ってます。

ひとつ間違えば、即死するような危険なスタント。

当然ですが、撮影当日の現場は緊張感でピリピリしていたそうです。

トム・クルーズ自身も、かつてないくらい緊張したそうで、眠れなかったとか。

そんな状態で8テイクも撮ったというから驚きです。

しかも2テイク目に、小石が肋骨に当たったそう。

小石がもうちょっと上を飛んでたら、「頭を貫通してた」と言っていて、ゾッとします。

すごく面白かったのが、監督が話したエピソード。

滑走路の僕に向かって、トムが叫んだ。

「パニック状態に見えても、それは演技だ!カットするな!」

引用元:前掲のYouTube動画

 役者魂がすごいですよね。

衣装がスーツなのはヒッチコック映画のオマージュ

こちらは飛行機スタントのメイキング動画です。

スーツで撮影したのは、ヒッチコック映画『北北西に進路を取れ』のオマージュだからだそう。

トム・クルーズが「絶対衣装はスーツがいい」と言ったのだとか。

けれど実際に飛行機が飛び始めると、「これはまずかったかも」と少し不安になったそう。

全然防寒できませんよね。

袖口から風が入ると膨らむし、寒いしで、想像以上に大変だったのでは。

さらには、しがみついていた場所がエンジンの真後ろなので、排気ガスをもろに吸ったそう。

バードストライクという、エンジンに鳥が吸い込まれる事故も恐れていたとのこと。

エンジンの真後ろにいるから、バードストライクが起きたら大変ですよね。

バードストライクは珍しくないので、起きなくて良かったです。

トム・クルーズは「マジで怖かった」と言ってますが、「そうですよね」としか言いようがありません。

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル/ローグネイション】水中スタントで6分潜水!

水深6mで6分間息を止めて演技

トム・クルーズは、『ローグネイション』で水中金庫を開けるというスタントもしています。

映画では、プラントの上から飛び込んで、洗濯機のようにぐるぐる回転してましたよね。

一体、どんな撮影だったのでしょうか。

水中スタントの概要
  • 水深6mで息を止めて演技をした
  • あらゆる角度にカメラを設置
  • 不測の事態に備えて救出体制を整えた
  • 潜水の世界記録保持者から2ヵ月トレーニングを受けた
  • 6分間息を止めて潜水し演技した
  • 撮影は2週間かかった
  • 23回テイクを繰り返して、止めにはいることも

飛行機のスタントもすごいですけど、水中スタントも過酷ですね。

普通はやろうと思いませんし、やろうとしてもできないでしょう。

それをやってのけるのが、トム・クルーズのすごいところです。 

何度もブラックアウトした過酷な撮影

泳いだり潜ったりするのが好きな人は知ってると思いますが、水深6mだと耳抜きをしなければなりません。

耳抜きしないと鼓膜が破れます

映画を見てると、プラントの上の階から飛び込んで、結構なスピードで沈んでますよね。

耳抜きする仕草もなかったし、どうやって撮影したのだろうと思いました。

また、ブログ主は静かにプールに顔を浸ける状態で、1分半くらい息を止められます。

しかし、泳いだり考えたりすると、あっという間に脳が酸素を使うので、1分も止められません。

なので、演技しながら6分息を止めているということは、

ただ顔を水につけるだけなら10分くらい息を止めていられるのではないでしょうか。

監督のインタビューによると、トム・クルーズは

  • 撮影終了後は、心身ともにとても疲弊していた
  • 全身に痛みを感じていた

そうです。

トムは、何度かブラックアウトもしていたそうなので、とても危険だったと思います。

ブラックアウトとは、血中の二酸化炭素濃度が上がって酸欠になり、失神することです。

下手すると死亡します。

映画でも、イーサンはブラックアウトして、イルサに助けられてましたね。

1本の映画にアクションが山盛りで、トム・クルーズも神経すり減らしたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

『ミッションインポッシブル』シリーズを無料視聴するには?

『ローグネイション』以外のシリーズ作品も観たい人もいるでしょう。

『ミッションインポッシブル』シリーズは、6作あります。

  1. 『ミッション:インポッシブル』1996年
  2. 『ミッション:インポッシブル22000
  3. 『ミッション:インポッシブル32006
  4. 『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』2011
  5. 『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』2015
  6. 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』2018

202256日現在、『ミッションインポッシブル』シリーズを

無料視聴できる動画配信サービスは以下です。

  1. U-NEXT(6作目はポイント使用で無料視聴OK)
  2. Hulu(5/14から6作目も見放題配信)
  3. dTV(5/14から6作目も見放題配信)

※プライムビデオは、6作すべて見放題ですが、月額料金500円がかかります。

月額料金無料期間初回登録
ポイント
U-NEXT2189円31日間600pt
Hulu1026円2週間無し
dTV 550円最大31日無し
プライムビデオ 500円無し無し
動画配信サービス一覧
  • 月額料金が最安値は、dTV
    ⇒料金の安さを重視する人にオススメ!
  • 動画配信数が一番多いのはU-NEXT
    ⇒映画をたくさん観たい人にオススメ!

\最安/

見放題ならdTV

\配信数が最多/

>>U-NEXT公式サイト

※本ページの情報は、2022年5月6日現在です。
最新情報は、公式サイトでご確認ください。

スポンサーリンク

【ミッションインポッシブル/ローグネイション】飛行機・水中スタントまとめ

まとめ
  • 時速420kmの軍用機にしがみつき、高度1500mを飛行する撮影を、8回行った

  • 命綱は数本のワイヤーで、CG編集なし

  • 衣装がスーツなのは、ヒッチコック映画へのオマージュ

  • 水中スタントは、水深6mで6分間息を止めて演技もした

  • 撮影中にブラックアウトすることもあった

  • 撮影は2週間かかり、過酷だった

スポンサーリンク
スポンサーリンク