大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第2話は、

源頼朝が北条義時に「挙兵して平家を倒す」という大望を語るところで終わりました。。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第3回のネタバレあらすじ
  • 見どころ紹介
  • ドラマの感想

をまとめています。

この記事は、源平マニアのブログ主が書きました。

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを、まとめて読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

  \公式ガイドブック/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

2回の内容を簡単に振り返ってみましょう。

第2話振り返り
  • 大庭景親の仲裁で、源頼朝は北条家の預かりとなった
  • 八重は会いたがったが、頼朝は会おうとしなかった
  • 政子は、頼朝に完全に惚れ込んでしまう
  • 政子は八重に会いに行き、「頼朝が必要しているのは私」と宣言
  • 頼朝は、義時に「挙兵して平家打倒したい」と胸を明かした

傷心の八重に、わざわざ塩を塗りこみに行く政子がすごかったですね。

今回の要点

今回のあらすじ内容の要点を紹介します。

第3話の要点
  • 似仁王と源頼政の決起に、頼朝は参陣せず
  • 頼朝が文覚と会う
  • 義時が決起の計画を立てる

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】ネタバレあらすじ第3回「挙兵は慎重に」(1/23)

都の情勢は

1180年、平清盛(松平健)が後白河法皇を幽閉し、孫の安徳天皇を即位させます。

法皇の第三皇子の以仁王(木村昴)は、源頼政と平家打倒を企てます。

壇ノ浦の戦いまで、あと5年という時期ですね。

頼朝、似仁王に参陣せず

  • 頼朝と政子に娘・大姫が誕生
  • 時政の妻りくが妊娠

などおめでた続きでした。

ある日、北条宗時が頼朝の叔父・源行家(杉本哲太)を連れてきます。

行家は、頼朝に以仁王の挙兵を知らせに来たのでした。

諸国の源氏も応じるよう、以仁王が行家に使者を頼んだからです。

翌日、頼朝は

  • 北条時政と宗時
  • 安達盛長

を集めて「以仁王の挙兵には加わらない。頼政公では人が集まらない」と告げます。

宗時は、すっかり落胆してしまいます。

その頃、義時は土蔵で領内の田植えの状況を調べていました。

頼朝も土蔵に入ってきて、「挙兵するからには、この手で清盛を討つ。わしが源氏の棟梁として采配を振るう」と語ります。

そんな頼朝に、義時は「私は戦も政にも関心ありません」とそっけなく言います。

後日、頼朝は京の三善康信から書状を受け取りました。

  • 以仁王の挙兵の知らせ
  • 数日で平家に鎮圧されたという知らせ

が同時に届きます。

頼朝は、加担しなくて良かったと胸をなでおろします。

法皇の密旨

以仁王の企てが失敗により、伊豆に逃げた源頼政の縁者を捕らえるよう通達がきます。

加担しなかったものの、頼朝も三島の役所に参上することに。

平家方の山木兼隆が目代に、後見に堤信遠(吉見一豊)が就任していました。

その夜、頼朝は後白河法皇(西田敏行)が「一日も早くわしを救い出せ。平家を都から追い出すのじゃ」と頼む夢を見ます。

翌朝、京の大番役を終えた三浦義澄(佐藤B作)が、法皇の密旨をたずさえて、北条時政に会いに来たのでした。

頼朝が文覚と出会う

そんな折、宗時は町の中で平家をののしる僧侶・文覚(市川猿之助)を見かけます。

文覚が頼朝の父親と親しかったというので、宗時は文覚を頼朝に会わせます。

しかし、頼朝は「文覚をかたる不埒者だ」と追い返してしまったのでした。

宗時や政子は、挙兵して平家の横暴に苦しむ世を変えるよう、頼朝に迫ります。

義時の妙案

勝算が見込めないという頼朝に、義時が妙案を披露します。

三島に行った折、義時は、裏庭に木簡が大量に捨てられていたのを見ていました。

味方になりそうな豪族の年貢米の量から、領民の数を割り出せば、兵力を見積もれるというのです。

  • 伊豆の豪族300兵で、目代を倒す
  • 目代を倒すと、相模・武蔵国の豪族が味方につく
  • 当面の敵である大庭・伊東は二千が限度

と、義時は考えていました。

しかし頼朝は「大義名分がなければ、人はついてこぬ」と慎重です。

安達盛長が、法皇の密旨を預かったままになっていることを思い出します4.

法皇の密旨は、まさに助けを求める院宣でした。

頼朝は、義時と政子に「戦の支度じゃ!」と告げます。

<第4回あらすじ第2回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】3話の見どころ解説

3話の見どころは

第3話の見どころ
  • 頼朝の慎重さ
  • 義時の参謀ぶり
  • ギラギラした文覚上人

ではないでしょうか。

平清盛と後白河法皇の蜜月が終わり、ますます平家に不満の募る世となっていました。

しかし、孫を天皇の座に据えた平家の勢いは、まだまだ衰えていません。

十分な根回しと勝算がなければ、あっという間につぶされてしまいます。

チャンスは1回だけなのです。

頼朝が慎重になるのも無理はありませんね。

宗時や政子が、何かとけしかけるのと対照的です。

そんな中、義時は冷静に数字で戦を見積もっていました

感情に身を任せがちな宗時や政子とは、違う視点で物事を見ていますね。

  • 慎重な頼朝
  • 勢いで押そうとする政子と宗時
  • 数字に強い義時

というは、良いバランスなのかもしれません。

また、「戦や政には興味ありません」と言っていた義時は、挙兵を機に変わっていったのかもしれませんね。

また、気になるのは文覚

文覚は、以前は遠藤盛遠という武士で、波乱万丈の人生を送った人物です。

市川猿之助さんが演じているのですが…

「文覚上人って、こんなにギラギラしてたっけ?」

というくらい、アクの強いキャラクターになってますね!

ブログ主のこれまでの文覚上人のイメージが、吹っ飛んでしまいました。

<第4回あらすじ第2回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第3話の感想まとめ

ブログ主の感想

3話も、『鎌倉殿の13人』はツッコミどころ満載でしたね。

全体的に、コミカルとシリアスの塩梅が絶妙で、職人芸を感じます。

北条家の館が見下ろせる江間家に嫁がされた八重。

じーっと見てる八重と、笑顔で手を振る政子が怖かったですね…。

後白河法皇の「こーんなに小さかった」のセリフと仕草に、「そんなわけないやろ」と思わず言ってしまいました。

しゃれこうべ投げつけて、「他にあるからいいもん」と言った文覚上人と、

誰のか分からないしゃれこうべを差し出して「誓え」という政子の無茶ぶりも凄かったです。

そしてSNS見て気づきましたが、以仁王はジャイアンの木村昴さんだったんですね!

ちなみに、金曜ロードショーで『新解釈三国志』を観たばかりだったので、デジャブ感が半端なかったです。

  • 大泉洋=劉備玄徳
  • 小栗旬=曹操
  • 西田敏行=解説の大学教授

SNSの反応は?

やはり、後白河法皇と文覚上人に対する反応がすごかったですね!

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿13人】第3話ネタバレあらすじと感想まとめ

  • 第3回では、平清盛が法皇を幽閉し、孫を天皇に即位させるなど勝手をしていた
  • 以仁王の打倒平家の企てが失敗するも、頼朝が挙兵を決意する
  • 政治や戦に興味のない義時が、数字に強い参謀ぶりを発揮する
スポンサーリンク
スポンサーリンク