大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』

  • 第36回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、まとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第36回ネタバレあらすじ(9/18)

北条時政(坂東彌十郎)と畠山重忠(中川大志)との対立は、深まっていきます。

りく(宮沢りえ)を信じる時政は、源実朝(柿澤勇人)の下文を得て御家人を招集。

三浦義村(山本耕史)、和田義盛(横田栄司)、稲毛重成(村上誠基)らが集い、対応を協議します。

一方、手勢を率いて鎌倉を目指す重忠。

板挟みとなった義時(小栗旬)は、政子(小池栄子)、時房(瀬戸康史)らと事態の収拾を図るのでした。

そんな中、父・義時を心配する泰時(坂口健太郎)は…


36回は、1205年頃の内容になりそう。

畠山重忠の乱は、ドラマで2回に分けて丁寧に描かれるようです。

結果的に、時政も失脚します。諸行無常です。

三谷幸喜さんは『鎌倉殿の13人』を、「サザエとカツオが、波平を追い出す話」と表現しました。

中盤の一番大きな見どころなので、登場人物それぞれをしっかり描いて、視聴者を引き付けてくれるでしょう。

史実をふまえたドラマ予想については、次章で解説をまとめました。

<第37回あらすじ第35回あらすじ>

簡易版あらすじについて

『鎌倉殿の13人』の公式ガイドブック完結編は、10月7日発売予定です。

そのため、申し訳ありませんが、それまでのあらすじは簡易版で紹介します。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第36話の見どころ・史実解説

第36話の見どころ

第36話の見どころ
  • 畠山重忠と一族の最期

頼朝の時代からの忠臣で、平家討伐軍でも武功をたてた畠山重忠も、ついに滅ぼされます。

個人的に、畠山重忠を中川大志さんが演じるというのは、イメージ通りにピッタリの配役でした

なので、ついに畠山重忠も陥れられて死ぬことになり、かなりの重忠ロスになりそうです。

史実解説

第36回の時代設定は、1205年です。

  • 6月:畠山重忠の乱
  • 6月:伊賀の方が出産
  • 7月:稲毛重成も討たれる
  • 7月:牧氏事件

が大きな出来事。

なんと、伊賀の方の出産と、畠山重忠の乱は、同じ日(6/22)なのです!

そして1カ月後には、北条時政とりくが失脚し、伊豆へ追いやられます。

ずいぶんと激しくドラマチックな2ヵ月なんですね。

内容予想
  • パターンA:今回は畠山が滅ぼされ、次回で時政が失脚
  • パターンB:どちらも今回で一気に放送

たぶん、パターンAで放送するのではないかなと思います。

史実とドラマの違いは?

中川大志さん演じるイケメン畠山重忠も、この回で殺されることになりそうです。

畠山重忠と言えば、あまり権力争いにも加担しない、クリーンでホワイトなイメージですよね。

簡単に言えば、りく(牧の方)に恨まれたからです。

ドラマでは、「りくの息子・政載を殺したのは、畠山重保」という展開になると思います。

義時と政子は、「畠山のような忠臣はいない」と言って、時政を止めるものの、押し切られます。

けれど、『吾妻鏡』をよーーく読むと、「本当は義時も政子も、畠山を滅ぼすつもり満々だったのでは?」と思いました。

歴史的にどうだったか、詳しくは別の記事にまとめたので、ご参照ください。

畠山重忠の死因や最後は?北条時政に陥れられた!

<第37回あらすじ第35回あらすじ>

この記事は、『吾妻鏡』を参考にまとめました。

  \7巻を放送中/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第36話の感想


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【のえ】

    【北条政子】

    【三浦義村】

    【源実朝】

    【北条時政・りく】

    【畠山重忠】

    【比奈】

          【善児・トウ】

          【キャスト】

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

          大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

          サービス名月額料金無料期間
          NHKプラスなし7日間
          NHKオンデマンド990円なし
          U-NEXT2,189円31日間

          NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

          U-NEXTでは、

          • 無料トライアル期間は600ポイント
          • 有料期間は毎月1200ポイント

          が自動チャージされます。

          そのポイントを使って、NHKオンデマンド

          U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
          • 1話ずつ購入(220円)
          • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

          のいずれかで、お得に視聴することができます。

          U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

          \31日間無料!/

          スポンサーリンク

          【鎌倉殿の13人】36話ネタバレあらすじと感想まとめ

          まとめ
          • 畠山一族が滅ぶ
          スポンサーリンク
          スポンサーリンク