大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』16話は、一ノ谷の合戦で義経が天才ぶりを発揮するところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第17回のネタバレあらすじ
  • 見どころや「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

\裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第16話プチ振り返り
  • 隠居した北条時政が、政治に復帰
  • 木曽義仲が討たれる
  • 一ノ谷の合戦で義経が大活躍

第17話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 頼朝を討とうとした武田親子が自滅
  • 源義高が討たれる

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第17回「助命と宿命」ネタバレあらすじ(5/1)

頼朝が義高を討つよう命じる

源義経が一ノ谷の合戦で平家に大勝し、後白河法皇は大喜び

義経も、兄の頼朝が喜んでくれるだろうと思っていました。

数日後、義経は後白河法皇から京の治安を守る検非違使に任ぜられます。

義経は任官の前祝いに宴を開き、白拍子の静御前と出会ったのでした。

北条義時は鎌倉へ帰りますが、翌日には頼朝から新たな命が下されます。

三日間のうちに木曽義仲の嫡男・義高を討てというのです。

義時は気が重くなりますが、棟梁に逆らうわけにもいきません。

頼朝は、義時に義高を討たせることで胆力を試す心づもりでした。

「人の世を収めるには、鬼にならねばならぬ」というのです。

義高は、頼朝と政子の長女・大姫の許嫁という名目で鎌倉に来ていました。

政子は、頼朝に義高の命乞いをします。

頼朝は、父・義朝を平家に殺されたことを、二十年経っても恨んでいました。

義高もそうなるだろうと思ったのです。

「あやつの恨みは、必ず万寿に降りかかる。だからこそ、今のうちに根を断っておかねばならぬのだ」

しかし、義高を慕っている娘の気持ちを思うと、政子は諦めがつきません。

義時が止めるのを振り切って、政子は義高に会い、伊豆山権現にかくまってもらうと話します。

「私は、鎌倉殿を決して許しはしない」と言って、義高は頼朝の命を狙うことを告げます。

そして、義仲を救わなかった義時にも、怒りの矛先を向けたのでした。

武田信義の策略

甲斐源氏の武田信義と息子の一条忠頼が、鎌倉の御所を訪ねてきます。

表向きは戦勝祝いですが、「後白河法皇から恩賞が出ない」という不満や愚痴を言いに来たのでした。

頼朝は「法皇様の思し召しにござるゆえ」と困惑して見せつつも、いずれ誰が源氏の棟梁か知らしめる腹づもりでした。

また武田信義も同じように、頼朝の足元をすくいたいと考えています。

源義高が幽閉されているという話を聞き、利用できないかと思案するのです。

政子が義高を逃がす

その頃、木曽義仲の愛妾・が捕まって、鎌倉に送られてきました。

巴は、義時に義仲からの文を預けます。

義仲から義高へ宛てた文には「頼朝を敵と思うな」と書かれていました。

義時は、巴や政子と一緒に義高の監禁部屋に行きます。

巴は、涙ながらに義仲の想いを伝えました。

「自分が亡き後、平家討伐をなせるのは鎌倉殿しかいない。義高には生きて、源氏の悲願成就を見届けてほしい、と」

「父の思い、しかと受け止めた」と義高は生き延びる選択をします。

政子は、さっそく伊豆山権現へ逃がす手配をします。

その直後、武田信義と忠頼が義高に会いに来ます。

「ともに頼朝を倒そう」と誘われますが、義高は断ります。

ところが、信義らが義高と密談したことが頼朝に知られ、監禁部屋の見張りが強化されてしまうのです。

政子は作戦変更を余儀なくされ、妹の実衣に相談。

実衣は、夫の全成が頼朝に成りすますという奇策を思いつきます。

全成は、頼朝の声音をまねて見張りを騙し、義高を女装させます。

裏庭で待っていた八重が手引きして、義高は御所から出たのでした。

義高が討たれる

しかし、またもや忠頼が義高に会いに行き、監禁部屋にいないと発覚して大騒ぎに。

頼朝は御家人たちに「見つけ次第、首をはねてしまえ」と命じます。

娘の大姫は、頼朝に義高を殺さないでと懇願。

「義高殿がいなくなったら、私も死にます」と懐刀を自分に向けたのでした。

政子も必死に頭を下げて頼み、頼朝が根負けして「義高を殺すな」と命を出しますが、間に合いません。

「謀反人・源義高、この藤内光澄が討ち取りました!」と、御家人が首桶を持って現れます。

「断じて許しません!」と政子が言ったため、藤内光澄は死罪となってしまいます。

そして、藤内光澄の処刑を命じられたのは義時でした。

また、義高をそそのかして頼朝に謀反を企んだとして、一条忠頼も成敗されます。

武田信義は、今後は頼朝に盾突かないという起請文を書かされたのでした。

<第18回あらすじ第16回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第17話の見どころ解説

第17話の見どころ

第17話のみどころは

第17話の見どころ
  • 木曽義高と大姫の恋
  • 自滅してしまう甲斐源氏

ではないでしょうか。

木曽義仲の嫡男・義高は、いわゆる人質でしたが、名目としては「大姫の許嫁」となっていました。

粗野な父親と違い、礼儀正しい義高は鎌倉でも慕われ、大姫も義高が大好きだったのです。

しかし、父親・義仲が朝敵となり討ち死にしたことで、人質である義高も殺されてしまいます。

大姫と義高の悲恋は、『吾妻鏡』などにも書かれている有名な話です。

また、第17回は甲斐源氏の親子が、頼朝を陥れようとして、逆に自滅してしまいます。

しつこく義高を利用しようとするところが、ちょっとコミカルに演出されるのではないでしょうか。

また、17話では静御前も登場します。

3月1日時点で、まだキャストは発表されていませんが、注目の登場人物です。

あらすじでは、出会ったことしか分かりませんが、SNSでは話題になりそうです。

義経の妻子や子孫については、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

どこまで史実?

今回も史実を演出が、複雑に絡み合っています。

史実は

史実
  • 義高と大姫は、許嫁だった(11歳と6歳)

  • 義高が女装して逃亡した

  • 義高は殺害された

  • 義高を討った藤内光澄も死罪になった

  • 一条忠頼が殺害された

  • 武田信義が起請文を書かされた

ドラマの演出となっているのは、

  • 義高がそれなりに大人
  • 政子が義高を伊豆山権現へ逃がそうとした
  • 武田信義の親子が、義高を利用しようとした

というところです。

義時が藤内光澄を処刑したというのも、おそらくドラマの脚色ではないかと思います。

史実での義高と大姫は、まだ幼い夫婦でした。

そのため一層、周りの大人の同情を買ったのです。

またドラマでは、武田信義の父子が頼朝を陥れようとしますが、史実では頼朝が武田父子を陥れています

「後白河法皇が、武田信義に頼朝追討を命じた」という噂が立ったんですね。

そこで頼朝が信義を鎌倉に呼びつけて、「子々孫々まで弓引くこと有るまじ」と起請文を書かせています。

そして、翌年には息子の一条忠頼を鎌倉の酒宴に招き、暗殺しています。

なので、ドラマでは「武田信義の親子が自業自得で自滅した」みたいな演出になってるのが、気の毒ですね。

大姫のその後については、別の記事にまとめましたので、ご参照ください。

<第18回あらすじ第16回あらすじ>


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第17話の感想

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

関連記事を読む

【北条義時】

【八重】

【北条政子】

【三浦義村】

【比奈】

【源義経】

【大姫】

【静御前】

【善児】

【キャスト】

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】17話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 大姫や政子が懇願するも、源義高は殺害されてしまう
  • 源義高を討った藤内光澄も死罪に
  • ドラマでは、武田信義の父子が頼朝を陥れようとして失敗したと演出されているが、史実ではない
スポンサーリンク
スポンサーリンク