大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第1話は、伊東祐親が北条の館に押し掛けるところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第2回のネタバレあらすじ
  • 見どころ紹介
  • ドラマの感想

をまとめています。

この記事は、源平マニアのブログ主が書きました。

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを、まとめて読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

  \公式ガイドブック/


【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

1回「大いなる小競り合い」の内容を簡単におさらいします。

ひと言で言うと、「初回から、頼朝がやらかした」という回でしたね。

第1話振り返り
  • 源頼朝が、伊豆の有力豪族の伊東祐親の娘・八重とねんごろになり出産
  • 平家の家臣の娘が、敵である源氏の嫡男を生んだので、大問題に
  • 伊東祐親は、源頼朝を殺そうと企む
  • 北条宗時が頼朝をかくまったことに気づき、伊東の軍勢が北条館に押し掛けた

今回の要点

今回の内容のポイントだけ紹介します。

第2回の要点
  • 頼朝が北条の預かりとなる
  • 頼朝が八重から政子に鞍替え
  • 頼朝が大望を義時に明かす

詳しいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】ネタバレあらすじ第2(1/16)「佐殿の腹」

頼朝が北条の預かりに

北条時政(坂東彌十郎)伊東祐親(浅野和之)の軍勢が、一触即発状態のにらみ合い。

そこへ相模国の豪族・大庭景親(國村隼)の一党がやって来ます。

三浦義澄(佐藤B)が、伊東よりも勢力の大きな大庭に仲裁を頼んだのでした。

大庭は「頼朝を逃がした伊東も悪い」と指摘し、

  • 頼朝は、北条に預ける
  • 頼朝に、八重とは縁を切ると証文を書かせる

と仲裁したのでした。

頼朝が山内首藤経俊と出会う

その頃、追っ手を振り切って逃げた義時と頼朝は、富士山近くに身を隠していました。

鹿狩りに来ていた山内首藤経俊(山口馬木也)と、偶然出会います。

経俊の母親は、頼朝の乳母でした。

頼朝の窮状を知った経俊は、力を貸すと約束してくれたのでした。

義時が政子と頼朝を心配する

夜遅くなってから、義時と頼朝は闇にまぎれて、北条館に帰ります。

頼朝は客人として扱われることになり、政子が嬉々として世話を焼くのでした。

頼朝の女好きを心配した義時は、父親の時政に「頼朝に姉上を近づけてはいけません」と進言。

しかし、時政はもうすぐ嫁いでくるりくのことで頭がいっぱいです。

頼朝が八重に会うことを拒否

八重(新垣結衣)は、父親に言われるまま、江間次郎(芹澤興人)に嫁ぐことに。

「千鶴丸に会いたい」という八重に、祐親は「出家させた」と嘘をつくのでした。

八重から「佐殿に会いたい」と伝言を受け取った義時は、反対します。

しかし、北条宗時と伊東祐清(八重の兄)が手はずして、比企能員(佐藤二朗)の館で落ち合うことに。

ところが、頼朝は「今さら会ったところでどうなる。わしは行かぬ」と拒否。

また、「わしは、兵などあげん。戦は苦手じゃ」と宗時への伝言も頼まれてしまいます。

義時は伝書バト状態となり、板挟みになってしまうのでした。

頼朝と政子が急接近

ある日、政子は頼朝に誘われて、三島明神に出かけます。

頼朝は、これまでの人生について、政子に語るのでした。

  • 父親が戦に負けて死んだ
  • 14歳で伊豆に流罪となった
  • 読経に明け暮れる孤独な日々
  • 八重が支えてくれたが、苦しめてしまった

という話を聞き、政子は涙ぐんでしまいます。

そして「私なりに佐殿をお支えしとうございます」と、2人で手を握り合うのでした。

義時は、待ちわびている八重に、頼朝が来ないことを伝えます。

別室の宗時と祐清は、頼朝がいずれ挙兵すると期待しているのでした。

義時は、頼朝に挙兵の意思がないことを伝えます。

宗時は動揺するものの、「さすが棟梁となる方は、本心を明かすことに慎重だ」と何かと都合よく考えるのでした。

政子が八重を打ちのめす

義時と宗時が帰館すると、京都から時政の妻・りく(宮沢りえ)が到着していました。

しかし、政子がいません。

政子は、八重に会いに伊東へ出かけていたのでした。

政子は「頼朝が必要としているのは政子であり、八重ではない」と告げます。

まだ頼朝に気持ちのある八重は、打ちのめされてしまうのでした。

頼朝が義時に胸の内を明かす

義時は、土肥に出かけていた頼朝を訪ね、「変わり身が早すぎる」と諫めます。

頼朝は

  • 平家を倒すという大望がある
  • しかし支えてくれる身内も後ろ盾もいない
  • 伊東家は期待外れだった
  • 挙兵のために、政子と北条が必要

と胸の内を明かし、義時は頼朝の威厳に圧倒されるのでした。

<第3回あらすじ第1回あらすじ>

【鎌倉殿の13人】2話の見どころ解説

2話の見どころは、ズバリ

  • 頼朝の慎重でドライな性格
  • 政子の情熱的で気の強い性格

です。

この性格が対照的な2人が夫婦になって、鎌倉幕府をこれからつくっていくのです。

「性格が運命をつくる」と言いますね。

頼朝と政子の性格が推進力となって、「頼朝らしいな」「政子らしいな」という展開をしていくはずです。

頼朝は、政治にシビアで身内にさえ冷淡なところがあります。

「八重を苦しめた」と言いつつも、八重をダシにして政子のハートをギュッとつかみます。

頼朝は「自分の役には立たない」と判断すると、手のひら返しのように冷淡になります。

今後は、弟の義経(菅田将暉)が、八重のように切り捨てられていくのです。

また、「英雄色を好む」ではありませんが、今後も愛妾が登場します。

そのたびに政子が怒り狂い、相手の女性に激しいしっぺ返しをお見舞いするのです。

しかし恐妻家の頼朝は、政子に強く出られません

なので、「政子に味方した武士を処分する」という対応をとります。

正直、頼朝には「セコイな」と思う場面も、今後あるでしょう。

三谷幸喜さんなので、コミカルでチャーミングな頼朝に仕上がっていそうですね。

政子をもっと知りたい方には、永井路子さんの小説『北条政子』が面白いのでオススメです!

<第3回あらすじ第1回あらすじ>

\オススメ小説/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第2話の感想

ブログ主の感想

源平マニアのブログ主の中では、北条時政は無骨でまじめな人

けれど、ドラマではかなりお茶目なおじさんになってますね。

義時は、今回もあっちでもこっちでも振り回されて、かわいそう。

このまま年末までこの調子なのか、途中でキャラ変するのか、気になります。

史実的には14歳なので、明らかに脚色・演出ですね。

政子の気の強さも、さすがでした。

八重に釘をさしたという話は脚色ですが、政子は史実のイメージとあまり変わりません。

政子と八重は、いとこ同士です。

子供の頃から親戚づきあいをしてきて、お互いをよく知っている間柄。

八重もなかなか気の強い女性として描かれていますが、政子はさらにその上をいってます。

全体的に、外していけない史実のポイントは押さえてるけど、全体的に派手に脚色してる感じはしました。

SNSの反応は?

やはり、政子がSNSをにぎわせましたね!

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】第2話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 第2回は、頼朝が客人として北条家で暮らすことに
  • 頼朝が、少しずつ協力者を集めていく
  • 八重に対する対応に、頼朝のドライで冷淡な性格が垣間見える
  • 傷ついている八重に、わざわざ塩を塗りこみに行く政子の気の強さが、見どころ
スポンサーリンク
スポンサーリンク