実写映画『アラジン』のポスター画像
スポンサーリンク

大人気ディズニー映画『アラジン』は、『美女と野獣』などとは違って、オリエンタルな雰囲気ですよね。

お城などの建物や、衣装も欧米とは異なっています。

この記事では、

  • 『アラジン』はどこの国の話?
  • 『アラジン』のモデルになった国はどこ
  • 『アラジン』の原作は、実は中国だった

について、解説します。

この記事は、
『100分で名著 アラビアンナイト』
・wikipedia(アラビアンナイト)
を参照しています。



スポンサーリンク

『アラジン』の舞台は?どこの国の話?

映画『アラジン』では、砂漠にある魔法の洞窟や、ターバンを巻いた男性などが登場します。

同じディズニー映画でも、ヨーロッパが舞台の『美女と野獣』などと違い、だいぶ雰囲気が違いますよね。

『アラジン』の舞台はイスラムの国

主人公アラジンが住んでいるのは、アグラバーという国です。

映画では、アラジンがアバブワ国の場所を教える時に、アグラバーの場所も出てきましたね。

しかしアグラバーは、現在はもちろん過去にも存在したことのない国

つまりは、架空の国なのですね。

では、モデルになっている国はあるのでしょうか?

アグラバーの特徴としては

アグラバーの特徴
  • 砂漠がある
  • 王様は「スルタン(サルタン)」と呼ばれている
  • 映画冒頭で「アラビアン・ナイト」を歌う

ことから、アラビア(中東)辺りだろうと見当がつきます。

  • 北アフリカ(エジプト~モロッコ)
  • アラビア半島周辺(サウジアラビア、イラン、イラクなど)

の地域ですね。

また、「スルタン」とは、イスラム教国における君主の称号。

これらのことから、アグラバーはイスラム圏にある国を、モデルにしている言えるでしょう。

『アラジン』のモデル国は、ヨルダン川の近くにある?

中東が舞台といっても広いですよね。

アグラバーは、中東でもどの辺りを想定した国なのでしょう?

海外のSNSなど見ていると、イスラム圏の中でも特に「ヨルダン川の近く」というコメントがたくさんでてきます。

というのも、実写映画の方の『アラジン』は、ロケ地がヨルダンだったからのようです。

アラジンが洞窟でジーニーと出会って、脱出した後に砂漠で会話しますよね。

あの場面などはヨルダンがロケ地なのだそう。

『アラジン』の舞台は、ヨルダンがモデルというのは、海外では通説のようです。

ヨルダンは、イスラエルのお隣の国

パレスチナは「ヨルダン川西岸」と言われることがあるので、ニュースでよく聞くと思います。

ヨルダンは、「ヨルダン川の東側」にあります。

ヨルダンの最南端のエリアは、アカバ湾に面しています。

映画を観ると、アグラバーは港町でしたね。

  • ヨルダンは、9割がイスラム教徒の国
  • 海に面している地域がある
  • 実写映画『アラジン』のロケ地

であることから、「ヨルダンは、アグラバーのモデル」と考えても、おかしくはないと思います。

『アラジン』のお城のモデル=インドのタージ・マハル

映画『アラジン』で、ジャスミンが暮らしているお城には、モデルがあるようです。

それは、インドのタージ・マハル

上の画像の左側は、アニメ版『アラジン』の王宮。

ジャスミンの王宮が、タージ・マハルに似てることがよく分かりますね!

「インドがモデルなの?イスラム教の国じゃないよね?」と思った人もいるかもしれません。

タージ・マハルは、16世紀のムガール帝国時代に築かれた建物です。

ムガール帝国は、インド北部にあったイスラム教徒の国でした。

だから、建物の屋根がモスク(イスラム教徒の礼拝所)のように丸いのですね。

スポンサーリンク

『アラジン』の原作は、実は中国だった!

アラジンは、実は中国人だった!

前の章で、映画『アラジン』のアグラバーは、

  • 中東のイスラム圏でも、ヨルダン辺りがモデル
  • ジャスミンのお城のモデルは、インドのタージ・マハル

ということが分かりました。

映画冒頭でも、『アラビアン・ナイト』という曲が歌われています。

『アラビアンナイト』とは、つまり『千夜一夜物語』のこと。

ペルシャの王妃が、夫である国王に、毎晩物語を話して聞かせるという内容です。

なので、映画も『千夜一夜物語』を題材にしていると思いますよね。

しかし、どんでん返しのようですが、実は『アラジン』の原作は、中国の民話だったのです。

映画『アラジン』には、中国っぽいところが全くないので、驚きですよね。

一体、どういうことなのでしょう?

『アラジン』の原作は中国民話
  • 18世紀に、フランス人のアントワープ・ガランが、『千夜一夜物語』を翻訳した
  • ガランの翻訳した『千夜一夜物語』には、282夜しかなかった
  • 1001夜あるはず」と思った人たちが、話をどんどん付け足した
  • 付け足された中に、中国の「アラジンと魔法のランプ」の話もあった

つまり、「もともと、『千夜一夜物語』にはなかった中国の話が、つけ足されて広まった」のですね。

と言うわけで、なんと、アラジンは中国人だったのです。

こちらが、本の挿絵の「中国人のアラジン」の姿。

思いっきり東洋人ですね。

ヨルダンとか、サウジアラビア辺りのアラブ人には見えません。

ちなみに、

  • 「アリババと40人の盗賊」
  • 「シンドバッドの冒険」

本当の『千夜一夜物語』には、入っていなかったそう。

後から付け足されたお話なのだとか。

『アラビアンナイト』で一番有名な物語が、実は本当の『アラビアンナイト』ではなかった、というのは驚きですね!

中国の『アラジン』はどんな話?

アラジンが実は中国人だったとなると、「話は同じ?違うの?」と気になりますね。

そうなのです、映画の『アラジン』とは少し違っています

簡単に紹介しますね。

中国原作の『アラジン』の話
  • 貧しい少年アラジンのところに、叔父が訪ねてくる
  • 叔父の手引きで、アラジンは町はずれの地下で、魔法のランプを見つける
  • ランプをこすると、魔人が現れた
  • 叔父は、実は悪い魔法使いだった
  • ランプを取ってこれるのはアラジンだけなので、叔父がだました
  • しかしランプは、アラジンの物に
  • 裕福な商人になったアラジンは、街で王女を見て一目惚れ
  • 魔人の力を借りて、王女と結婚
  • 悪い魔法使いが逆襲し、ランプを奪い取り、宮殿ごと運び去る
  • アラジンは魔法使いを追いかけ、ランプを取り戻す
  • アラジンは、魔人に宮殿をまた元の場所に戻させ、幸せに暮らした

途中までは映画と似てますが、後半はだいぶ違いますね

「お願いごとは3つまで」という制約も、特にないです。

ちなみに、悪い魔法使いは中国人ではないそう。

北アフリカのモロッコ辺りからやって来た魔法使いなんだとか。

確かに前掲の挿絵だと、悪い魔法使いは肌の色や服装が、中国人ではありません。

それにしても、ずいぶん遠いところから来たもんですね!






スポンサーリンク

【まとめ】アラジンはどこの国の話?

ディズニー映画は欧米が舞台となっていることが多いですが、『アラジン』はオリエンタルな雰囲気ですよね。

  • 『アラジン』の舞台アグラバーは、架空の国
  • アグラバーのモデルとなっているのは、中東でもヨルダン周辺が有力
  • ヨルダンは、実写映画『アラジン』のロケ地だった
  • 『アラジン』の王宮は、インドのタージ・マハルがモデル
  • 『アラジン』の原作は、もともとは中国の民話で『千夜一夜物語』ではなかった

というのが、この記事のまとめです。

U-NEXTでは『アラジン』の実写版・アニメ版を配信中です。
実写版『アラジン』
アニメ版『アラジン』三部作
 『アラジン』
 『アラジン ジャファーの逆襲』
 『アラジン完結編 盗賊王の伝説』
※本ページの情報は21年5月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク