映画『ハン・ソロ』
スポンサーリンク

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ』で、最後にキーラがダース・モールとホログラムで会話するシーンがありました。

「ダース・モールって、死んだよね?どうして出てくるの?」

「『ハン・ソロ』って、エピソード1より前の話?」

と思った人も多いでしょう。

この記事では

  • ダース・モールは、なぜ生きてるの?
  • エピソード1その後は、どんな人生だった?どうやって復活した?
  • オビ=ワンのスピンオフ映画に、ダース・モールは登場する?

について、解説します。


スポンサーリンク

【ハン・ソロ】ダース・モールは生きてた?

『ハン・ソロ』はエピソード1の約20年後の物語

『ハン・ソロ』にダース・モールが登場して、不思議に思った人は多いでしょう。

ダース・モールは、エピソード1『スター・ウォーズ ファントム・メナス』に登場するシスです。

「『ハン・ソロ』って、エピソード1より前の話なの?」

と、時代設定が分からなくなった人もいるかもしれません。

まず、『スター・ウォーズ』シリーズと『ハン・ソロ』の年表を見てみましょう。

人類史は、キリストの誕生年と境界として、「紀元前(BC)」と「紀元後(D)」に分かれます。

そんな感じで『スター・ウォーズ』は、デス・スターを破壊した「ヤヴィンの戦い」を境界線として、「BBY」「ABY」に分かれます。

32BBYEP1「ファントム・メナス」
22BBYEP2「クローンの攻撃」
19BBYEP3「シスの復讐」
13~10BBY『ハン・ソロ』
1ABYEP4「新たなる希望」
3ABYEP5「帝国の逆襲」
4ABYEP6「ジェダイの帰還」

エピソード132BBYで、『ハン・ソロ』は1310BBYの物語です。

つまり、『ハン・ソロ』はエピソード1の約20年後の話なのですね。

やはりダース・モールは、エピソード1でオビ=ワンに斬られた後に、復活していることになります。

ダース・モールはTVアニメシリーズで復活していた

エピソード1で、ダース・モールは、オビ=ワンに胴を真っ二つに斬られて、原子炉シャフトに落ちていきました

シスは2人組で行動しますよね。

エピソード2では、ドゥークー卿が登場したので、誰もが「ダース・モールは死んだ」と疑わなかったことでしょう。

しかしTVアニメの『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』のシーズン4で、実は生き延びていたことが判明するのです。

オビ=ワンに胴を斬られたので、下半身はサイボーグになっていました。

また、同じくTVアニメ『スター・ウォーズ 反乱者たち』にも、ダース・モールは登場しています。

スポンサーリンク

【エピソード1その後】ダース・モールの人生は?どうやって復活した?

エピソード1の公開は、1999年でした。

『ハン・ソロ』の公開は、2018年です。

ほぼ20年もたって、「ダース・モールが実は生きてた」となると、ファンはビックリですよね。

シスが犯罪組織のボスになるまでに、一体どういう経緯があったのでしょう。

『スター・ウォーズ』シリーズから姿を消したダース・モールは、その後大変な人生を生きていました。

EP1でオビ=ワンに負けた後

エピソード1でオビ=ワンに敗れて、原子炉シャフトに落ちたダース・モールは、フォースを使って何とか逃げ延びます

廃棄物処理用コンテナに入って、ゴミ処理場の惑星ロソ・マイナーに運ばれ、投棄されたのです。

ダース・モールは、廃棄物でクモのような脚をつくり、洞窟の中で10年以上生活します。

ダース・モールは、オビ=ワンへの復讐心でいっぱいで、ほとんど狂人状態でした。

魔女である母親タルジンは、ダース・モールが生きていると確信していました。

弟のサヴァージ・オプレスに魔法のネックレスを与え、探させます。

弟オプレスは兄を見つけ出し、故郷ダソミアへ連れ帰ったのです。

記憶をほとんどなくし、狂人のようになっているダース・モールを、母親が魔法で正気を取り戻させました。

そして、下半身をヒューマノイド型の脚に取り替えたのです。

オビ=ワンに復讐を試みる

ダース・モールは、オビ=ワンに復讐する計画を立てます。

惑星レイドニアの村人を虐殺し、ジェダイ最高評議会に「これ以上犠牲者を出したくなければ、オビ=ワンひとりで来い」と連絡します。

ダース・モールは、弟オプレスと組んで、オビ=ワンと戦い追い詰めますが、間一髪でオビ=ワンは逃げ切るんですね。

その後も、

  • 兄弟で強盗・略奪

  • オビ=ワンに恨みをもつマンダロリアンと組む

  • ジャバ・ザ・ハットを味方につける

などしながら、兄弟でオビ=ワンへの復讐の機会をうかがっていました。

ダース・シディアスと対決

ダース・モールが生きていることを知ったダース・シディアスは、弟オプレスを殺害します。

ダース・モールを生かして別の計画で使うことにしたシディアスは、ダース・モールを刑務所に収容しました。

しかし、マンダロリアンの仲間に助けられて、ダース・モールは脱獄に成功。

息子オプレスの死を知って、母親のタルジンは「ドゥークー卿とグリーヴァス将軍を捕まえる」という、大胆な作戦に打って出るのでした。

最終的に作戦は失敗し、タルジンはグリーヴァス将軍に殺されてしまいます

このことにより、ダース・モールは、オビ=ワンだけでなくシスにも復讐を誓うようになったのです。

スポンサーリンク

クリムゾン・ドーンの影の指導者になる

生き延びたダース・モールは、再び故郷ダミソアへ戻り、犯罪組織クリムゾン・ドーンの影の指導者となります。

この辺りが、映画『ハン・ソロ』の時代ですね。

映画のラストで、キーラにダミソアへ来るよう指示していました。

キーラがダミソアでその後どうなったかについては、TVアニメなどでも描かれていません。

オビ=ワンと再び対決

ダース・モールはその後

  • 古代シスの新兵器を探すため、惑星マラコアへ旅に出る
  • ジェダイ(ケイナン・ジャランスや、アソーカ・タノ)と戦う
  • オビ=ワンがオーダー66を生き延びていたことを知る
  • パダワンのエズラを、自分の弟子にする
  • タトゥイーンで、オビ=ワンと対決し敗ける

という人生をたどります。

オビ=ワンが見守っているルークが、いずれシスを倒すと予見したダース・モールは、「彼が我々の無念を晴らしてくれる」と言い残して、息を引き取ったのでした。

総括すると、エピソード1のその後は、ダース・モールは復讐のために生きたと言えるでしょう。

いかにもダークサイドな陰鬱な人生ですよね。

この記事では、かなり省略してざっくりと解説しましたが、TVアニメや漫画でダース・モールの人生は、深く激しく展開していきます。

メインの『スター・ウォーズ』シリーズとは別に、ダース・モールの人生がこんなふうに進んでいってたとは、結構驚きですよね。

スポンサーリンク

【ダース・モール】オビ=ワンのスピンオフ映画に登場する?

コロナ禍で延期になっていましたが、2021年3月から、オビ=ワンのスピンオフ映画の撮影が始まるそうです。

主演は、エピソード13のオビ=ワンと同じく、ユアン・マクレガー

終生オビ=ワンをつけ狙い続けたダース・モールは、スピンオフに登場するのでしょうか?

オビ=ワンのスピンオフ映画は、エピソード3『シスの復讐』から8年後が舞台だそうです。

11BBYとのことなので、『ハン・ソロ』の時代(1310BBY)とちょっとかぶってる感じですね。

10BBYに、キーラがドライデンを殺した翌年です。

オビ=ワンは、タトゥイーンで「ベン=ケノービ」と名乗り、ルークを見守っている時期。

ダース・モールは、犯罪組織クリムゾン・ドーンのボスをやってる時期ですね。

オビ=ワンとダース・モールが、タトゥイーンで戦うのは、2BBY

オビ=ワンのスピンオフで、ダース・モールとの戦いが描かれるかは、ちょっと微妙な感じはあります。

TVアニメシリーズで、ダース・モールとオビ=ワンの対決は描かれているので、実写版では取り上げられない可能性の方が高そうです。


スポンサーリンク

【ハンソロ】ダースモールはなぜ生きてたのか・まとめ

スピンオフ映画『ハン・ソロ』の最後に、犯罪組織の影のボスとして、ダース・モールが登場します。

エピソード1で死んだと思っていたファンは、驚き混乱した人もいるのではないでしょうか。

  • エピソード1で、オビ=ワンに斬られて原子炉に落ちた後、ダース・モールはフォースを使って逃げ延びた
  • ダース・モールの下半身は、サイボーグ化した
  • ダース・モールは、オビ=ワンとシスに復讐するために生きた
  • ダース・モールは、タトゥイーンでオビ=ワンと対決し、絶命
  • オビ=ワンのスピンオフ映画に、ダース・モールが登場する可能性は低い

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク