映画『ボヘミアンラプソディ』のクイーンの4人
スポンサーリンク

世界的バンドQUEENとフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画『ボヘミアン・ラプソディ』

劇中では、20曲以上QUEENの曲が使われています。

フレディを演じるラミ・マレックが、本当に歌ってるかどうか、気になる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、

  • ラミ・マレックは、口パク(リップシンクロ)
  • 歌は、フレディ本人と、声がそっくりなマーク・マーテルの声の合成

について、解説します。



スポンサーリンク

【ボヘミアンラプソディ】本当に歌ってるのは誰?ラミ・マレックの歌声は口パク!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、QUEENの軌跡が描かれています。

フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックが、熱唱する姿が印象的ですよね。

ラミ・マレックは口パク

あまりに歌声とラミ・マレックの口の動きがぴったりなので、「ラミ・マレックが本当に歌ってるの?」と思った人も多いでしょう。

実は、ほとんど口パクです。

発声しているのかもしれませんが、ラミの声は基本的に使われていません。

完璧なリップシンクロで、全然違和感ないですよね!

フレディ役の話がくるまで、ラミはQUEENのファンだったわけでもなく、あまりよく知らなかったそう。

オーディションの段階で、ラミはプロデューサーたちには以下のことを伝えたそうです。

  • ピアノを弾けない
  • 歌手でもない
  • フレディについてできることはあるが、難しいだろう

これだけ聞くと、やる気のなさそうなニュアンスですね。

けれど「責任重大だけど、どうしても演じたい役だった」

「フレディを継ぐ気持ちでオーディションに挑んだ」と、インタビューで語っています。

確かに、演技を観れば、ラミ・マレックの情熱と渾身はしっかり伝わってきますよね。

歌ってるのはフレディ本人とマーク・マーテル

さて、ラミ・マレックがほとんど口パクだとすると、歌っているのは誰なのでしょう?

  • フレディ・マーキュリー(音源)
  • マーク・マーテル(フレディに声がそっくり)

メトロUS紙のインタビューで、ラミは「声をいくつか混ぜてる」と答えています。

「でも主に、フレディの声をできるだけ多く聞くことのが、わたしやみんなの希望です。

それが全員の目標だと思う」とも語っています。

ラミの声も少し入ってるそうですが、ほとんどはフレディと、そっくりさんのマークの2人だそう。

アメリカのニュース記事を読むと、たいていマークは「不気味なほどフレディに似てる」という紹介のされかたをしています。

確かに、驚くほどフレディに似てますよね。

マーク・マーテルは、1976年生まれのカナダ人

2021年現在は、44歳ですね。

「フレディの声に似てる」というのは、かなり昔から周りの人に指摘されていたそう。

大学時代にルームメイトとバンドを結成しています。

デビューしていくつも受賞し、10枚のアルバムを出しましたが、2013年に活動休止しています。

以後はソロで活動しており、QUEENのロジャー・テイラーの「公式クイーン・トリビュート・プロジェクト」のコンテストに参加。

マークは絶賛されて、コンテストで優勝し、QUEENと一緒にツアーで回っています。

『ボヘミアン・ラプソディ』の映画化の話が出ると、QUEENのマネージャーがマークに「歌ってもらうかもしれない」と打診。

マークは、シネマブレンド紙のインタビューで、「正直なところ、ギャラはとても良かった」と答えています。

けれど、「QUEENの映画ということだけでも、ゴールドの価値があった」とも。

マークもQUEENの大ファンなので、すごく光栄なことだったでしょうね。

マークとラミは、アビーロードのスタジオで、2ヶ月半レコーディングをしたとのこと。

必要な部分だけ、短編的に採録したそうです。

プロデューサーのグレアム・キングは「マークがいなかったら、この映画は実現できなかったと思う」と、インタビューで答えています。

ちなみに、『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンド・トラックは、すべてQUEENの録音です。

マークが歌ってるのは、どの曲?

さて、「複数の声が混じってる」というのは、どういう状態なのでしょう?

「映画のどの曲が本物のフレディ?」「マークは、どの曲を歌ってるの?」と思いますよね。

マーク・マーテルも、インタビューで訊かれているのですが、「どの曲を歌った」と明言していません

ライブシーンは、基本的にフレディ本人の声を使っているのだろうと、思いますよね。

けれど、そう単純なわけでもなかったのです。

20世紀FOXが公開している下の動画では、本当に「複数の声を混ぜてる」という作業が見られます

サウンドスーパーバイザーのジョン・ウォーハースさんによると、

フレディの歌声を合成
  • 個別の声を、何千何万と集める
  • 実際のフレディのトラックに、音を加える
  • 声をひとつに合わせてる

のだそうです。

要するに、つなぎ合わせたり、重ね合わせたりしているのですね。

かなり繊細・複雑で、気の遠くなるような作業です。

「これが正解」というのは、なかなか見つけられないというか、やればやるほど分からなくなりそう。

視聴者が違和感なく「フレディの声」と思っていたのは、合成だったのです。

ただ、次のシーンは、フレディの声は入っていないのではと思うんですね。

フレディの歌声が入ってないシーン?
  • 誕生パーティの「ハッピーバースデーソング」
  • レコーディング用の農家で、ピアノで弾いて歌う「Love of My Life」

というのも、フレディ本人が歌えない、映画の中だけのシーンだったからです。

「Love of My Life」は、ライブなどではギターも入るので、フレディ本人の音源に「声を重ねる」という作業はできたのかな?と疑問が残ります。

気になるのは、フレディがバンド「SMILE」に加わった初ステージで歌った「Keep Yourself Alive」

歌詞がめちゃくちゃで、ブライアン・メイが「ちゃんと歌え」と言ってました。

なので、歌詞が違う部分は、マーク・マーテルの声なのだろうと思います。

歌詞が間違っていない部分は、フレディとのミックスになっているかもしれません。

ラミ・マレックも歌の特訓をした

ラミ・マレックは、ほとんど口パク」と前述しました。

関係者のインタビューなど読むと、「完全にゼロ」というわけではないようです。

ローリングストーンズ誌によると、ラミ・マレックは

  • 入手できるすべてのビデオクリップを観た
  • ムーブメントコーチを付けて、フレディの動きを徹底研究
  • 歌とピアノの特訓

などしています。

歌に関しては、「あなたの歌は良くないから、歌わないで」など言われていたそうで、子どもの頃から苦手意識が強かったよう。

NYタイムズの取材で、ラミは「誰もわたしの歌を聞きたがらない」と答えています。

歌自体は、フレディとマーク・マーテルの声を使うことは、最初の段階から決まっていたそうです。

けれど、ラミは自信をもってフレディを演じ切るために、ボーカルコーチを付けて、1年半かけて歌を特訓

Isingmag誌には、ラミとコーチがどのように訓練したか、詳しく書かれています。

  • 最大の問題は、胸から声が出ること
  • 一番高い声でも、クイーンの声域より1オクターブ低い

劇中でも「過剰歯だから音域が広い」と言っていましたが、フレディの声域は4オクターブ

歌が苦手な俳優さんに、フレディと同じものを求めるのは酷ですよね。

ボーカルコーチのデイビット・コームは、まず「歌うことは忘れましょう」と、お互い泣き言を言うことから始めたそう。

デイビッドの指導も変わっていて、「子犬の注意を弾こうとしているような音を出してほしい」と言っていたのだとか。

2人で試行錯誤しながらトレーニングした結果、ラミ・マレックは『Crazy Little Thing Called Love』をマスター。

れが転機となって、ラミも楽しんで歌えるようになったそうです。

こんなに特訓して、ラミの声がほとんど使われていないのは気の毒ですが、映画では本当に歌っているように見えますよね。

フレディは、全身全霊で歌っていますし、ステージでのパフォーマンスも派手です。

ただの口パクでは、フレディの情熱を伝えることは難しいでしょう。

喉や顔の筋肉を、しっかり動かすにはラミ・マレック自身も、しっかりと歌えるようになる必要があったようです。

アカデミー賞をはじめ、多くの映画祭で主演男優賞を獲ったのだから、ラミも満足なのではないでしょうか。

ちなみに、本物のライブエイドでは、クイーンは6曲演奏しましたが、劇場版『ボヘミアン・ラプソディ』では2曲カットされました。

劇場未公開の2曲も入った完全版が、Huluで配信されています。

6/4の金曜ロードショー放送直後から、2週間限定の配信

完全版の配信は、Huluが世界初だそう。無料で見られるこの機会をお見逃しなく!

>>Huluの無料登録はこちら(公式サイト)

登録して2週間は無料体験できます。
※本ページの情報は21年6月時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。







スポンサーリンク

【ボヘミアンラプソディ】本当に歌ってるのは誰かまとめ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』では、ラミ・マレックがフレディ・マーキュリーを熱演しています。

劇中では20曲以上QUEENの曲が使われていて、ラミ・マレックが歌うシーンが多いですよね。

  • 歌は、フレディ・マーキュリー本人と、声がそっくりなマーク・マーテルの合成
  • ラミ・マレックは、基本的にリップシンクロ(口パク)
  • しかし、フレディを演じ切るために、ボーカルトレーニングした
  • マーク・マーテルは、「公式クイーン・トリビュート・プロジェクト」の優勝者
  • フレディの歌声が入ってないのは、「ハッピーバースデーソング」と「Love of My Life」と思われる
  • 歌声は、フレディとマーク・マーテルの合成

というのが、この記事のまとめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク