music1
スポンサーリンク

1986年に公開された映画『スタンド・バイ・ミー』には、たくさんのヒット曲が使われています。

中でも、一番印象的なのは主題歌『スタンド・バイ・ミー』ですね。

そのまま映画のタイトルにもなっているだけあって、曲と映画の物語のイメージがぴったりと重なっています。

この記事では、

  • 『スタンド・バイ・ミー』の主題歌は誰の歌?(動画)
  • 『スタンド・バイ・ミー』のカバー曲
  • 『スタンド・バイ・ミー』の言葉の意味は?

について、解説します。



[quads id=4]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】主題歌は誰の歌?カバー曲の動画も!

映画『スタンド・バイ・ミー』の切ない結末の後に、余韻を美しくふくらませるように流れるのが、主題歌『スタンド・バイ・ミー』です。

誰もが、一度は聞いたことある名曲ではないでしょうか。

そのため、多くのアーティストがカバーしています。

【動画】原曲はベン・E・キング!

映画の主題歌『スタンド・バイ・ミー』を歌っているのは、ベン・E・キング

黒人のリズム&ブルース、ソウル歌手でした。

アメリカで、1961年に大ヒットした曲です。

1986年に映画『スタンド・バイ・ミー』が公開されて、リバイバルヒット

時代が変わっても、名曲は名曲なんですね。

ベンは、『Lord,Stand by Me』(「神よ、わたしのそばに」の意)という黒人霊歌に、インスピレーションを得たのだそう。

黒人霊歌は、よくゴスペルと混同されますが、歴史的はもっとだいぶ古いです。

アフリカから奴隷としてアメリカに連れてこられた黒人たちが、暮らしの中から生み出したフォークソングの一種

歌詞が「神よ、そばにいてください」という祈りになっています。

ベン・E・キングの歌は、「愛する人よ、そばにいて」という歌詞になっていますね。

黒人霊歌の曲調はベン・E・キングの『スタンド・バイ・ミー』とだいぶ違います。

なので、ベン・E・キングは、『Lord,Stand by Me』の歌詞の方に、インスピレーションを受けたのでしょう。

【動画】一番有名なカバーはジョン・レノン!

ベン・E・キングの『スタンド・バイ・ミー』は名曲なので、カバーしているアーティストも多いです。

中でも一番有名なカバーは、ジョン・レノン

ジョン・レノンは、1975年に『スタンド・バイ・ミー』をカバー。

なので、完全にビートルズを解散した後に、歌っているんですね。

ビートルズは、60年代に世界を一世風靡したビッグ・バンドでした。

一般的に、ビートルズが解散した理由「オノ・ヨーコ」とか「音楽の方向性の違い」とか言われます。

しかし、内実はそれほど単純なものではありませんでした。

「解散したくない」と最後までねばったポール・マッカートニーが、結局一番の悪者にされてしまった感もあります。

『ザ・ビートルズ解散の真実』という、分厚い本を読みましたが、「むしろ、ずいぶんもった方なんだな」と思いました。

ビートルズの解散の理由や経緯を知りたい人は、こちらの記事をご参照ください。

【動画】レディ・ガガとスティングのカバーもシビれる

レディ・ガガとスティングも、『スタンド・バイ・ミー』をカバーしています。

しかもデュエットです!

こちらの動画は、アメリカのラジオ局が2011年に「アイ・ハート・ラジオ音楽祭」を開催した時のもの。

ラスベガスで2日間にわたって開かれた、ゴージャスなコンサートでした。

ガガとスティングの共演も、なかなか見られないですよね。

ガガのパワフルな声に、シビれてしまいます。

【動画】プリンス・ロイスのカバーはラテン調!

プリンス・ロイスは、日本ではあまり知られていないかもしれません。

1989年生まれのドミニカ系アメリカ人で、シンガーソングライターです。

ジェニファー・ロペス「Back It Up」をリリースして、ヒットしました。

ドミニカ系なので、『スタンド・バイ・ミー』もラテン調

切なさよりも、ハッピーな感じが際立ちますね。

【動画】山崎まさよしのカバーはアコギが素敵!

こちらは、シンガーソングライターの山崎まさよしさんのカバー。

山崎まさよしさんと言えば、やはりアコースティックギターですよね。

早弾きのテクニックなどは、ライブで見ると眼を見張るものがあります。

元々、山崎まさよしさんはブルースが好きで、自身の歌もブルースっぽいのが多いです。

だから『スタンド・バイ・ミー』は、山崎まさよしさんの従来の音楽性にぴったり。

山崎まさよしさんの申し分のないギターと、パンチのある声が素敵ですね。

スポンサーリンク

「スタンド・バイ・ミー」の意味は?「ステイ・ウィズ・ミー」とどう違う?

ベン・E・キングの動画紹介のところに、簡単に書きましたが、「スタンド・バイ・ミー」は「そばにいて」という意味です。

「スタンド=立つ」「バイ・ミー=わたしの側に」という意味ですね。

「側に立つ」だと直訳すぎるので、日本語らしい言い方にすると「そばにいて」となります。

「スタンド・バイ・ミー(stand by me)」と似た言葉に、「ステイ・ウィズ・ミー(stay with me)」があります。

どちらも、特に洋楽では、よく歌の歌詞で使われますよね。

「スタンド・バイ・ミー(stand by me)」と「ステイ・ウィズ・ミー(stay with me)」の違いは何でしょう?

日本語で言うと、同じように「そばにいて」なのですが、ニュアンスがちょっと違います

「スタンド・バイ・ミー」は、困ってるや精神的に弱ってる時などに、そばにいて支えるニュアンスす。

なので、「死んだお母さんが、いつも私を見守ってくれている」というような場合は、「スタンド・バイ・ミー」という感じですね。

精神的に側にいる感じです。

一方、「ステイ・ウィズ・ミー」は、「離れて行かないで、そばにいて」というニュアンスが強いかなと思います。

「ステイ」は物理的に「その場にとどまる」という言葉です。

例えば、恋人にフラれそうな人が「そばにいて(離れていかないで)」と言う感じでしょうか。

ベン・E・キングの『スタンド・バイ・ミー』は、黒人霊歌がベースにあります。

なので、「ステイ・ウィズ・ミー」ではなく、「精神的にそばにいて」というニュアンスを大事にしているのでしょう。

それは映画『スタンド・バイ・ミー』での、ゴーディとクリスの関係そのままですね。








[quads id=1]
スポンサーリンク

【スタンドバイミー】主題歌と曲名の意味まとめ

この記事は、映画『スタンド・バイ・ミー』の主題歌について、まとめました。

  • 主題歌は、ベン・E・キングの『スタンド・バイ・ミー』
  • 多くのアーティストがカバーしており、ジョン・レノンが一番有名なカバー
  • 「スタンド・バイ・ミー」は、「精神的にそばにいて支えて」というニュアンス
  • 「ステイ・ウィズ・ミー」は、「物理的に側にいて、ここにいて」のニュアンス

というのが、この記事のまとめです。

[quads id=2]
[quads id=3]
スポンサーリンク
スポンサーリンク