SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイトル画像

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』では、老人ビフがタイムマシンに気づき、未来を変えようとします。

デロリアンで再び2015年に帰ってきた時、ビフはとても苦しそうでした。

「なぜ、ビフは苦しそうだったの?」

と気になった人もいるでしょう。

映画ではカットされていましたが、実はビフはあの後消えるのです。

この記事では、

・ビフはなぜ苦しんでいた?

・ビフが消える未公開シーンの動画

について、まとめています。

スポンサーリンク

【バックトゥザフューチャー2】ビフはなぜ苦しむ?消える未公開シーンの動画も!

ビフが苦しむ理由は?

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』では、マーティが2015年の未来に行きます。

老人ビフは、過去から来たマーティを見て、デロリアンがタイムマシンだと気づきました。

そして、ビフはデロリアンに乗って過去の自分に会い、未来を変えようとします。

老人ビフは、2015年に戻ってきた時、とても苦しそうでした。

老人ビフが苦しんだのは、消えかけてたから

なぜなら、未来が変わったことによって、自分が消えかかっていたからです。

1作目では、1955年の過去に行ったマーティは、自分の母親に恋されます。

未来が変わらないようにするため、母親と父親をくっつけようと悪戦苦闘しましたね。

兄と姉がひとりずつ写真から消えていき、マーティも消えかかっていた時、とても苦しそうでした。

ステージで立っていられなくなり、バンドマンから「おい、大丈夫か?」と声を掛けられるシーンがありました。

1作目のマーティと同じように、2作目の老人ビフも消えかけていたのです。

ビフはなぜ死ぬ?

老人ビフは、自分の人生を変えるために1955年の自分に会いに行きました。

高校生のビフにスポーツ年鑑を渡し、勝つ試合に賭けるよう助言します。

大穴を当てて大成功したビフは、億万長者になりました。

しかも、ロレインと結婚するために、ジョージまで殺していましたね。

未来を大きく変えてしまったビフは、その後2015年まで生きられない人生になってしまったのです。

ネット情報によると、「金持ちになったビフは、ロレインに刺されて死んだ」などの噂があります。

【動画】ビフが消える未公開シーン

さて、ビフは、デロリアンに乗って1955年の過去へ行きます。

高校生の自分にスポーツ年鑑を渡して、また2015年に戻ってきました。

戻ってきた途端、苦しそうに車から降りましたね。

その後、どんなふうに消えたのかは下の動画で見られます。

老人ビフが消えるシーンは、DVDの未公開シーンとして収録されています。

老人ビフは、別の車の影に隠れて、マーティとドクがデロリアンで飛び去るのを見届けます。

そして、倒れるようにして消えてしまったのでした。

ビフは、「未来を変えてはいけない」という鉄則を知らず、破ってしまったため、思わぬ結果になってしまったのでした。

スポンサーリンク

【バックトゥザフューチャー2】ビフが苦しむ理由まとめ

まとめ

・老人ビフが苦しんでいたのは、未来を変えてしまったことにより、2015年まで生きられないという人生に変わったから

・老人ビフが消える場面は、未公開シーンとしてDVDに収録されている

スポンサーリンク
スポンサーリンク