SF映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイトル画像
スポンサーリンク

人気シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、1985年に公開されました。

37年前の映画ですが、令和時代でも人気作品ですよね。

タイムマシンを発明するドクは、結構歳をとっていました。

「ドクは、現在どうしてるの?」

「ドクの死亡説を聞いたんだけど?」

と気になった人もいるのではないでしょうか。

この記事では、

  • ドク役の死亡ニュースはデマだった
  • ドク役の現在は?
  • ドク役の俳優プロフィール

について、解説をまとめています。

スポンサーリンク

【バックトゥザフューチャー】ドク役の現在は?死亡ニュースはデマだった!

ドク役が死亡のフェイクニュースが流れた

2022年現在、ドク役を演じたクリストファー・ロイドはどうしているのでしょうか?

結論をいうと、83歳のクリストファー・ロイドは、ご健在です。

実は、2022年3月19日に「死亡した」というフェイクニュースが流れたのです。

事の発端は、とあるFacebookページでした。

「クリストファー・ロイドが亡くなったので、

このページにコメントして、いいね!をして、お見舞いとお悔やみを示してください」

という投稿がされたのです。

アメリカでは「クリストファー・ロイド」がトレンド入りする事態になりました。

当日のアメリカのSNSを見ると、「死んだ」「死んでない」という情報が、錯そうしているのが分かります。

ちなみに、2022年の死亡のデマニュースは、日本まで伝わっていないようです。

しかし、SNSを見ると、日本でも以前からたまに死亡説が流れるようです。

現在は83歳という高齢なので、フェイクニュースを信じる人も多そうです。

しかし、20年くらい前から日本でも、時々デマが流れてる模様。

なぜこんなにたびたび死亡説が流れるのか、ちょっと謎ですね。

ドク役の現在は?2022年に主演映画公開

ドク役を演じたクリストファー・ロイドは、現役俳優として活躍しています。

2021年は、4本の映画に出演しています。

また、2022年3月には、Disney+で配信される『マンダロリアン』のシーズン3にゲスト出演が決まりました。

クリストファー・ロイドが、『スター・ウォーズ』シリーズに出演するって、ワクワクしますね!

ユアン・マクレガーと共演するシーンがあるのか、気になります。

また、2022年10月には、主演映画『スピリット・ハロウィーン』がアメリカで公開される予定です。

ということで、83歳と高齢ではあるものの、クリストファー・ロイドは現在も俳優としてご活躍されています。

お元気そうで、良かったです。

スポンサーリンク

【バックトゥザフューチャー】ドク役のプロフィール

クリストファー・ロイドのプロフィール
  • 氏名:クリストファー・アレン・ロイド
  • 生年月日:19381022
  • 年齢:83(20227月現在)
  • 出身地:アメリカ・コネチカット州

7人兄弟の末っ子として生まれたロイドは、19歳の時にニューヨークで演劇を学びます。

そして23歳で劇場デビュー。

その後ブロードウェイやオフブロードウェイで活躍しました。

当時は、シェイクスピアなどの演劇などやっていたようです。

その後、1975年に『カッコーの巣の上で』で映画デビューも果たします。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、1985年の公開ですね。

ロイドは、多数の映画やテレビドラマに出演し、プライムタイムエミー賞も2度受賞しています。

日本人にお馴染みの作品としては、『アダムスファミリー』のフェスタ―おじさんを演じています。

メイクしてると、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクと同一人物とは、分からないですよね。

ちなみに、クリストファー・ロイドは5回結婚しています。

現在の妻は、リサ・ロイアコノという一般人。

2016年に結婚しています。

ロイドが自分の家を売却した時に、不動産代理人だった女性だそうです。

クリストファー・ロイドの結婚歴を見ると、だいたい12~14年くらいの周期で離婚を繰り返しています。

現在の奥様とは添い遂げてほしいですね。

スポンサーリンク

【バックトゥザフューチャー】ドク役の現在と死亡まとめ

まとめ
  • ドク役を演じたのは、クリストファー・ロイド
  • 20227月現在は、83
  • 20223月に、クリストファー・ロイドが死亡したというフェイクニュースが流れた
  • クリストファー・ロイドは、2021年には4本の映画に出演
  • 2022年は『マンダロリアン』にゲスト出演し、10月に主演映画が公開される
スポンサーリンク
スポンサーリンク