大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』24話は、範頼が善児に殺されるところで終わりました。

この記事では、『鎌倉殿の13人』の

  • 第25回のネタバレあらすじ
  • 見どころと「どこまで史実?」解説
  • ドラマの感想

を、源平マニアのブログ主がまとめました。

ドラマを予習したい方、他の人の感想を知りたい方はぜひご覧ください

1話~最終話まで、以下のリンクで全放送回のネタバレあらすじを読めます。

【鎌倉殿の13人】来週のネタバレあらすじを最終回まで!考察や解説まとめも!

この記事は、主に公式ガイドブックを資料にまとめました。

\裏話が満載/


スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】前回の振り返り・今回の要点

前回のプチ振り返り

前回の内容を簡単に振り返ってみましょう

第24話プチ振り返り
  • 範頼が謹慎の末、善児に暗殺される
  • 義時と比奈が結婚する
  • 頼朝が、大姫を入内させようとするも夭逝

第25話の要点

今回の要点をまとめました。

要点
  • 頼家が源氏の娘つつじを正室に迎える
  • 頼朝が落馬して瀕死状態になる

くわしいあらすじは、次章をご覧ください。

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第25回ネタバレあらすじ(6/26)

頼家がつつじと結婚

頼朝は、毎晩のように自分が死ぬ夢を見て怯えていました。

阿野全成は、陰陽五行により、平家が好んだ赤を避けたほうがいいなど、いろいろ助言します。

建久9(1198)年12月27日は、相模川で供養が行われる予定でした。

北条時政の四女・あきが3年前に病死したので、夫の稲毛重成が追善の橋をかけたのでした。

頼朝は、義時の異母弟・時連が真っ赤なほおずきを飾り付けているのを見て、血の気が引きます。

頼朝は慌てて片付けさせますが、その時に頼朝だけが、リンと仏壇の鉦(かね)の音を聞いたのでした。

義時と時連が、赤いほおずきを片付けていると、時政がやってきて「比企のやつ、うまくやりやがったなあ」と言います。

頼朝の長男・頼家と、比企能員の娘・せつの間に、一幡という男児が生まれたのです。

義時が、「鎌倉殿は比企を警戒されてます。範頼の一件に、比企が絡んでるという噂が流れているからです」と言います。

すると、時政が「わしが流した」と告白。

噂により比企を疑っている頼朝は、せつを頼家の正室にしたくないのでした。

そこへ、頼家が義時に会いに来ます。

頼家は、つつじという女性を妻にしたいと言います。

つつじの母親は、頼朝の叔父・鎮西八郎為朝の娘でした。

義時が頼朝に仲介すると、頼家は喜び、つつじを頼家の正室に迎え、せつは側女と決めます。

安達盛長は、比企と軋轢が生まれるのではと心配するのでした。

頼朝が餅を喉につまらせる

相模川の橋のたもとの寺で、稲毛重成の亡妻の追善供養の準備が進められていました。

同じころ、頼朝は梶原景時に瑠氏を託し、御所を出ようとしていました。

縁起をかついで、吉の方向である和田義盛の別邸に立ち寄ることに。

和田の別邸には義仲の愛妾・巴が住んでいました。

巴は、義仲とは敵同士だった頼朝に会うのは気が重かったものの、義盛に頼まれて渋々会うことに。

頼朝は、「義仲殿もわしも、平家を討ってこの世を正したいという思いは一緒であった、すまぬ」とい謝ります。

橋の追善供養は滞りなく終わり、北条家は総出で餅を作り始めました。

仏事で一門が集まると、みなで丸餅を作るのが習わしだったのです。

そして餅をつまみに酒を酌み交わしたのですが、頼朝が餅を喉につまらせてしまいます

義時が思い切り頼朝の背中を叩いて、頼朝は命拾いします。

頼朝は、政子と義時に「話したいことがある」と、頼家について語りだします。

「源氏は、この先百年も二百年も続いて行かねばならん。その足掛かりを頼家がつくる。小四郎、おまえは常に頼家のそばにいて、守ってやってくれ」

頼朝は、頼家に鎌倉殿を継がせて、自分は大御所になるつもりでした。

大御所になってどうするのかと尋ねる義時に、頼朝は「人の命は定められたもの。あらがってどうする。甘んじて受けようではないか」と答えます。

自分にだけ大切なことを明かしてくれることを、頼朝から信頼されていると感じた義時は、誇らしく思うのでした。

頼朝が落馬して重体に

北條一門の酒宴が始まる前に、頼朝は先に御所に帰ることにしました。

頼朝が馬に乗り、安達盛長が手綱を引いてゆっくり歩いていた時、突然頼朝は右手にしびれを感じました。

頼朝のしびれは、右手から右半身に広がり、意識が遠のいて馬から落ちてしまいます

盛長が動転し、頼朝を抱え起こします。

その頃、虫の知らせを感じたのか、政子の笑みがふっと消え、義時も顔を曇らせたのでした。

<第26回あらすじ第24回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第25話の見どころ・史実解説

第25話の見どころ

第25話のみどころは

第25話の見どころ
  • 「死に抗ってどうする」と言いながら、占いに頼って抗う頼朝
  • 比企と北条の対抗意識
  • 頼朝が落馬して瀕死状態

ではないでしょうか。

死ぬのが怖い頼朝は、陰陽五行のいわゆる占いに頼って、必死に抗います。

全成もテキトーに言ってるため、頼朝は占いに振り回されることになります。

その一方で、義時には「人の命は定められたもの。あらがってどうする。甘んじて受けようではないか」と言うのです。

心裏腹ですね。

平家を滅ぼして天下を治めた征夷大将軍ですが、やはり一人の人間。

弱さも恐れもあるというのが、三谷幸喜さんの脚本の面白さ・魅力のように思います。

比企と北条は、源氏を挟んで勢力争いをしますが、噂を流すという姑息な手段も、時政がすると笑えます。

しかし、いずれ比企と北条の抗争は、まさに仁義なき戦いとなって、かなり悲惨なことになっていくんですよね。

また、25回の最大の見どころは、何と言っても頼朝が瀕死状態になることでしょう。

頼朝の死にも諸説ありますが、やはり最も可能性の高い落馬説をアレンジした形になっています。

諸説ある死因や死亡年齢、なぜ急に体の具合が悪くなったかなどは、別の記事をご参照ください。

源頼朝の死因と死亡年齢は?最後は落馬前に脳卒中を起こした?

【解説】史実との違い

史実との違いで気になるのは、頼家の正室・つつじ。

つつじは、父親が三河武士の賀茂重長で、母親が鎮西八郎為朝の娘です。

ちなみに、「つつじ」というのはドラマでの呼称で、歴史的には「辻殿」と呼ばれています。

ドラマでは、源氏に縁があるということで、頼朝が頼家の正室に決めています。

これは『吾妻鏡』に、つつじが正室で、せつが愛妾と書かれていることに沿った内容になってます。

しかし、比企の娘せつが産んだ一幡は、ずっと嫡男と同等の扱いを受けていました。

なので、「誰が正室で、誰が愛妾か、いまいちあいまい」という状態だったのです。

頼朝の死後、つつじが頼家の家族をとりまとめる働きをしているため、つつじを後妻と位置付ける歴史家もいるようです。

頼家の妻については、別の記事をご参照ください。

源頼家は妻4人!子供5人やつつじとせつの本名も解説!

頼朝が餅をつまらせたというのは、史料が特に見当たらないので、ドラマの演出でしょう。

陰陽五行を生活に取り入れたり、ゲンを担いだりするのは、当時はよく行われていました。

頼朝がどの程度、死を恐れていたか分かりませんが、方角などを気にすることはあっただろうなあと思います。

征夷大将軍が、占いをいちいち気にするという演出は、ユーモラスでもあるし、人間臭さを感じますね。

<第26回あらすじ第24回あらすじ>

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】第25話の感想


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多18万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

【鎌倉殿の13人】25話ネタバレあらすじと感想まとめ

まとめ
  • 頼家が源氏の娘つつじを正室に迎える
  • 頼朝が落馬して瀕死状態に
スポンサーリンク
スポンサーリンク