大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のタイトル画像
スポンサーリンク

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公は、北条義時です。

姉の北条政子が、承久の乱の時に歴史的にも有名な演説をします。

この記事では

  • 北条政子は、いつどこで演説した?
  • 北条政子の演説の全文は?(原文と現代語訳)
  • なぜ演説した?
  • 『鎌倉殿の13人』での演説のセリフは?

などについて、徹底解説します!

スポンサーリンク

【承久の乱】北条政子の演説(吾妻鏡)を徹底解説!

北条政子はいつどこで演説した?(何年・場所)

歴史的にも有名な北条政子の演説は、いつ・どこでなされたのでしょう?

北条政子の演説日時と場所
  • 日時:承久3(1221)年5月19日

  • 場所:鎌倉御所(推測)

吾妻鏡には、日付は記録してありますが、場所は明確に書いてありません

しかし、御家人たちが続々と集まっている様子は書かれているので、恐らく鎌倉御所ではないかと思います。

北条政子の演説全文を原文と現代語訳で!

では、北条政子の演説の全文を原文と現代語訳で見てみましょう。

まずは『吾妻鏡』の原文がこちら。

二品、家人等を簾下(れんか)に招き、秋田城介景盛を以て示し含めて曰く、皆心を一にして奉るべし。

是れ最期の詞(ことば)なり。故右大将軍朝敵を征罰し、関東を草創してより以降、

官位と云ひ俸禄と云ひ、其の恩 既に山岳よりも高く、溟渤(めいぼつ)よりも深し。

報謝の志浅からんや。

而(しか)るに今逆臣の讒(ざん)に依りて、非義の綸旨(りんじ)を下さる。

名を惜しむの族(やから)は、早く秀康・胤義等を討ち取り、三代将軍の遺跡(ゆいせき)を全うすべし。

但し院中に参らんと欲する者は、只今申し切る可し者り。

群参の士悉(ことごと)く命に応じ、且つは涙に溺れ申す返報 委(つまびら)かならず。

只命を軽んじて恩に酬いんことを思ふ。

引用:『吾妻鏡』承久三年辛巳五月十九日壬寅条

 

原文のよみがなは、ブログ主によるものです。

原文の最初にある「二品」とは、北条政子のことです。

北条家の正史書である『吾妻鏡』では、政子が直接演説したのではなく、

家人の安達景盛に代読させたと書いてあるのです。

ちょっと意外ですね。

別の資料『承久記』では、政子が武士たちに大演説をふるったと書いてあります。

承久記はいわゆる大衆の「読み物」なので、吾妻鏡の記録の方が事実だと思われます。

『吾妻鏡』の現代語訳を読んでみましょう。

政子は御家人らを御簾の側に招き、秋田城介安達景盛を介してよくよく指示して言った。

「皆、心を一つにして承るように。これが最後の言葉である。

故右大将軍(源頼朝)が朝敵を征伐し、関東を草創して以後、官位といい、俸禄といい、

その恩は既に山よりも高く、海よりも深い。

その恩に報いる思いが浅いはずはなかろう。

そこに今、逆臣の讒言によって道理に背いた綸旨(りんじ)が下された。

名を惜しむ者は速やかに藤原秀康・三浦胤義らを討ち取り、三代にわたる将軍の遺跡(ゆいせき)を守るように。

ただし後鳥羽院に参りたければ、今すぐに申し出よ」。

群参していた武士は命に応じ、ただ涙にくれて十分に返答もできず、

ひたすら命を捨てて恩に報いようと思った。

引用:五味文彦・本郷和人『現代語訳 吾妻鏡8承久の乱』吉川弘文館

「尼将軍」と言われた政子だけあって、かなり勇ましい内容ですね。

「秀康と胤義を討ち取れ」ときっぱり言っています。

「後鳥羽上皇につきたければ、今すぐ申し出なさい」と言っていますが、

「そんな奴いるはずがない」という逆説的な鼓舞し方をしていますね。

\参考文献はこちら/


北条政子の演説内容を簡単に!

北条政子の演説を簡単にまとめると

  • 頼朝公のご恩は、山よりも高く、海よりも深い
  • 恩知らずの裏切り者の讒言により、後鳥羽院が義時追討の宣旨を出した
  • 名誉を重んじる者は、すぐに藤原秀康と三浦胤義らを討て
  • しかし後鳥羽院につきたければ、今すぐ申し出なさい

ということですね。

ちなみに、三浦胤義は三浦義村の弟です。

胤義は兄の義村に、仲間に加わるよう文を出します。

義村は読むと、文をもってそのまま義時に会いに行くのです。

そして「弟の謀反には加担せず、義時の味方として並びない忠節を尽くします」と約束したのでした。

武家では、親子・兄弟で考えが合わず袂を分かつことが、ままあります。

武家にとって、「誰に味方するか」は自分だけでなく一族の命運を左右します。

義村は、弟ではなく北条義時を選びますが、つらかったでしょうね。

【背景解説】北条政子はなぜ演説した?

北条政子が演説した理由は、後鳥羽上皇が「北条義時を追討せよ」と宣旨を出したからでした。

後鳥羽院は、北条義時という個人に対して追討の命を下しています。

しかし政子は「鎌倉全体の問題」として、御家人たちを鼓舞すことに成功したのです。

後鳥羽上皇と北条義時の関係が悪くなったのは、源実朝が死んだ後でした。

実朝が殺されて急死したため、次の将軍を立てなければならなくなりました。

義時は、後鳥羽上皇の皇子を将軍にたてたいと考えます。

すると上皇は、幕府の政治を揺るがすような条件をいろいろ出したのです。

条件をのめなかった義時は、弟の時房に千騎の兵をつけ、武力で交渉しようとします。

後鳥羽上皇も強く拒んで屈しませんでしたが、「皇子ではなく摂関家の子弟なら良い」と折衷案を出したのです。

そこで義時は、皇族将軍を諦めて、摂関家から将軍を迎えることにしたのでした。

この辺りから、後鳥羽上皇と義時の関係は険悪なものとなります。

そして、後鳥羽上皇は「鏑流馬(やぶさめ)の馬をそろえる」という名目で、兵を集め始めたのでした。

そしてついに「義時を追討せよ」と宣旨を出したので、政子が大演説を振るったのです。

スポンサーリンク

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』での演説セリフは?

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主人公は、北条義時です。

承久の乱は、ドラマ後半の大きなクライマックスですね。

小池栄子さん演じる北条政子は、初登場の時から「気の強い坂東女」です。

承久の乱の「政子の演説」のシーンも、大きな見どころとなるでしょう。

「頼朝公のご恩は、山よりも高く、海よりも深い」という文言は、セリフにも必ず入ってくると思います。

また、『吾妻鏡』では安達景盛が代読したとありますが、ドラマでは北条政子本人が演説するでしょう。

ドラマでのセリフは、分かり次第更新します!


当ブログでは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』のネタバレあらすじや、解説・独自考察記事を、毎週提供しています。

よろしければブックマークしてチェックしてみてくださいね!

『鎌倉殿の13人』のカテゴリー記事を読む

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】解説・考察記事の一覧

スポンサーリンク

【鎌倉殿の13人】の見逃し配信をお得に観るには?

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の見逃し配信しているのは、以下のサービスです。

サービス名月額料金無料期間
NHKプラスなし7日間
NHKオンデマンド990円なし
U-NEXT2,189円31日間

NHKオンデマンドには無料期間がなく、代わりに「NHKプラス」が開設された形になっています。

U-NEXTでは、

  • 無料トライアル期間は600ポイント
  • 有料期間は毎月1200ポイント

が自動チャージされます。

そのポイントを使って、NHKオンデマンド

U-NEXTでNHKオンデマンドをお得に観る方法
  • 1話ずつ購入(220円)
  • 「まるごと見放題パック」月額990円を購入

のいずれかで、お得に視聴することができます。

U-NEXTだと、洋画・邦画・アニメなどのコンテンツが業界最多24万本と充実しているので、オススメです。

\31日間無料!/

スポンサーリンク

北条政子の演説全文まとめ

まとめ
  • 後鳥羽上皇が義時追討の宣旨を出したので、政子が演説した

  • 『吾妻鏡』では、安達景盛が北条政子の演説を代読したと記されている

  • 北条政子の演説は、承久3(1221)年5月19日で、場所は鎌倉御所と思われる

スポンサーリンク
スポンサーリンク